みたーんだけど夏目

April 06 [Wed], 2016, 20:59
葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを下げる効果が認められています。厚生労働省が推奨するように、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。そのような場合は葉酸サプリで摂取するのも大丈夫です。
妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は共に不足しやすいという共通点があります。一般的な食事では、摂取量が足りていないという方が殆どですから、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも販売されています。こうしたものを利用することで、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。
葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、厚生労働省が正式に妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、尿や汗と一緒に体外に出ていくので、体内に蓄積するということはありません。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。
妊娠を望む方や妊活中の女性にとって重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。妊活を行っているということは、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、実際に妊娠したと分かるより先に、健康的な食事で適切な栄養を摂取するようにしましょう。中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から赤ちゃんを授かっているのです。早い段階で胎児に十分な葉酸を与えることが出来るよう、食事やサプリ等に気を配ってみてください。
お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的に参ってしまう人も少なくありません。自治体から助成金が支給されますが、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつくことが一般的に行われているようです。その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。かくいう自分もアラフォーですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。
葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。ですが、それでかえって良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、注意するようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。そうした場合、葉酸サプリを活用すれば、摂取量もすぐに分かりますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから良いですよね。
葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはり食事の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。葉酸の含有量が多い食材は、代表的なものに、モロヘイヤ、菜の花、小松菜などがありますね。他にも納豆、枝豆、魚介類ではホタテといった貝類も多く含まれています。とはいえ、毎日の食事でこれらを欠かさず摂取するのが難しいということもあるでしょう。特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、食事自体がつらいという時もありますね。そうした時にはサプリメント等を活用するのがおススメですね。サプリによる葉酸の吸収率と体内利用率は、食事で得るものよりも効率が良いと言われていますし、サプリであれば毎日の摂取が負担にならずに済ませられますね。
皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不十分です。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が複数入ったサプリがお勧めです。具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。ですから「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方もサプリの利用を考えてみてくださいね。
「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性が行うものだと考える方も居ますよね。ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。それが葉酸の摂取です。流産や不妊の原因因子として、女性にあるとは限らず、男性に原因がある事もあります。特に注意すべきは精子の染色体異常です。受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。ですから、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。
不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。ストレスは生殖ホルモンの分泌を撹乱し、妊娠を妨げる種々の症状を引き起こすことがあります。また、周囲の期待感や気遣い、当事者ゆえの焦りなどが不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが妊活の最初の一歩とも言えるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Honoka
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sueaelbfb6uas3/index1_0.rdf