治らないとされているアスペルガーや発達障害の症状を須藤裕司さんのマニュアルで改善することができる

September 14 [Wed], 2011, 16:15


医学では治らないとされている発達障害ですが、その治らないとされる現代医学の常識には影響されず臨床結果と臨床経験を基にしてアスペルガー改善の最前線の改善方法です。

病気ではないから治らないとか、脳機能の障害だからしかたないなどの考えは一切ありません。

それに治すことを目的としていない療育や行動分析のような対処法のマニュアルです。
このマニュアルでは多くのアスペルガーや発達障害の症状でお悩みだった方の、その症状を引き起こしている原因とその理由が説明されています。
このマニュアルは、その一般的な現在の医学や常識では説明できません。

あなたこうした悩みを持っているかもしれませんが、

■お子さんが発達障害と診断された
■発達障害の対処法だけではなく、改善する方法が知りたい
■子どものパニック、かんしゃくに戸惑っている
■言葉や行動でうまく切り返せないため、爆発してしまった
■友達とよくトラブルを起こして、つい衝動的に相手に手が出てしまった
■子どもがよく不注意で怪我やミスが多い
■忘れ物がかなり酷い
■親密なお友達がほしいと思われる方
■いつも人の輪に入るのができない方


発達障害の症状の理由からその改善法、それに対人コミュニケーションの効果的なコーチングまでが記載されていますので、しかっりマニュアルの内容を実践していただければまったく効果がないことはないと思っております。発達障害が関係ない方でもより健康になれます。そしてコミュニケーション能力も格段に上がります。

このマニュアルを使って改善されたこと
■集中力、記憶力、やる気が上がってくる
■教室などでも、以前より落ち着いて取り組めるようになりました
■子どものパニックやかんしゃく、情緒不安定が予防できる
■共感能力が上がる。対人コミュニケーションが円滑になる
■子どもの存在を認められ、怒鳴ったり叩いたりすることが減る
■親子で仲良く、穏やかに過ごすことができるようになります
■自分の気持ちをスムーズに穏やかに人に伝えることができるようになった
■衝動性が減り、落ち着いて考えたり行動できるようになりました
■人間関係のトラブルが激減する
■お手伝いや課題など、自分から頑張ってみることも多くなりました
■不登校やニート、ひきこもりなどの原因を特定し改善解消できます

こんな声もあります。

こうして現代の医学では治らないとされていることに影響されない。
薬で改善する対症療法ではない。発達障害の症状を根本から改善していく方法です。
子供だけでなく、親の心もリラックスして子供と接することができるようになったと感じます。
もっと早く実践していれば良かったと思いました。本当にありがとうございました。

このマニュアルは、多くのアスペルガーや発達障害の方の困った症状の相談を改善してきた。
このマニュアルがADHDに限らず発達障害など全般に効果があります。

日本で唯一のアスペルガー改善マニュアルをおすすめいたします。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:発達障害
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる