若ハゲ対策 

June 17 [Thu], 2010, 10:39
若ハゲの原因とは何でしょうか。
若ハゲの原因としては、遺伝や体質の要素の他に、食生活・睡眠・酒・タバコ・洗髪など生活習慣にも様々な原因があると考えられています。
若ハゲの原因は、複数の要素が重なり合っている場合がほとんどで、自分はどの原因があてはまるかを知ることはとても大切です。
若ハゲの原因は、生まれつきではなく、生まれてから作られるものがほとんどで、生活習慣を改善することで予防・進行の阻止・回復の可能性が十分にあります。
現代の生活習慣は昔と比べ、若ハゲになりやすい生活習慣になっており、不規則な日常生活を続けていると若ハゲになる可能性が十分にあります。
それでは、若ハゲの原因と若ハゲ対策を挙げていきます。
原因を知り、取り除くことは若ハゲ対策になります。
《過度の洗髪・洗髪不足・シャンプー 》
1日2回以上の過度の洗髪は頭皮をいためたり、頭皮の皮脂を落とし過ぎは返って脱毛症の原因になります。
また、洗髪不足も頭皮の皮脂が溜まるため、皮脂の過剰により脱毛の原因になります。
他にも、頭皮の皮脂が過剰ではないのに洗浄力の強い育毛シャンプーを使ったり、頭皮の弱い方がシャンプーの影響にで炎症を起こしたりするなどの原因もあります。
また、市販のシャンプー主成分の界面活性剤は、皮膚細胞内へ入り込み細胞を殺したり弱らせる作用があるので、十分にすすがないと、
抜け毛の原因につながることもあります。
《頭皮の血行不良》
血流の流れが滞ると、毛根は細胞分裂のための栄養が補給できなくなるため毛根は細くなってしまいます。
頭皮の血行不良は、目の酷使や肩こり、頭皮の冷え性、過度のストレス、日常的に体を冷やす食物を摂取、過度の喫煙などで起こります。
頭皮の血行不良は、脱毛の大きな原因の一つです。
若ハゲ対策には、毛根を痛めない程度に、優しくマッサージをしたり頭皮をほぐす習慣を持ちケアして行きましょう。
《食生活の偏りによる頭皮の皮脂過剰・毛根への栄養素欠乏》
成長を活性化するビタミンやミネラルを十分に摂取することも大切です。
ビタミン類・ミネラル類・亜鉛・鉄分・ケイ素なども成長を促す栄養素です。
肉類や油物の摂り過ぎで血中コレステロールが増加すると、血がドロドロになると末端の頭皮まで血が流れにくくなったり、頭皮の皮脂分泌量が増加し抜け毛につながります。
無理なダイエットも抜け毛が急速に進むことがあります。
若ハゲ対策には、野菜などを多く取り、サラサラ血にすることで頭皮も健康になります。
《男性ホルモンによる脱毛作用 》
《過度のお酒 》
アルコール類は育毛に必要なタンパク質を作るのを妨げる作用がある為、お酒の飲みすぎは毛髪の成長を妨げてしまいます。
《睡眠不足による頭皮のダメージの蓄積》
睡眠不足や夜ふかしは髪や頭皮の回復、成長を妨げてしまいます。
若ハゲ対策には、十分な睡眠(1日8時間以上が理想) を取ることや早寝を心がけましょう。(夜の12時までが理想)
《紫外線の浴びすぎによる頭皮のダメージの蓄積 》
紫外線の浴びすぎは脱毛を促進しますが、髪が薄くなるほど紫外線の悪影響を受けやすくなります。
長い間日射を受けるときは帽子をかぶるようにするのが良いでしょう。
上記が若ハゲの原因と若ハゲ対策です。
特に頭皮の血行不良・食生活の偏り・洗髪・男性ホルモンの4つの要素が大きな原因となります。
若ハゲ対策に必要なことは、若ハゲの進行が始まる前また進行の初期段階で若ハゲ対策をすることがとても重要です。

ドッグフード 危ない
M−1育毛ミスト
野菜不足 解消
P R
最新記事