【 更新情報 】

スポンサードリンク

シボレー サバーバンの魅力とは

アメリカの自動車メーカー、シボレーから1935年に登場したサバーバンは、 今もなお作られ続けている人気の車種であり、サバーバン連盟をはじめ 多くのファンに愛されている大型SUVです。また同系統のアメリカ車、 シボレータホや、GMCユーコンと比較されることも多くバンパーやマフラー など色んなパーツを変更するカスタム仕様のサバーバンも多く見られます。 そんなシボレーサバーバンの特徴は、最近のものだと9人乗りで、4WD、 20インチホイールとかなり存在感があります。1/2t、そして3/4tの 2つのグレードがあり、1/2tのモデルは6.0リッターが標準仕様である など、パワーも申し分ないですね。気になるサバーバンの燃費というと、 かなり悪いという話がありますが、現在はそれほどでもなくリッター 6.0〜7.0kmといったところでしょうか。しかしそんなことはお構いなしに このサバーバンの風貌は魅力です。年配になっても乗れるサバーバンは ちょい悪おやじ達のシンボルとでもいえる車ではないでしょうか。

シボレー サバーバンのカスタム特集

シボレーサバーバンをかっこよく乗りこなすなら、やっぱりカスタム抜き では語れませんね。シボレーサバーバンを買ったなら、かっこいいおやじ、 つまりちょい悪おやじを目指して、サバーバンをカスタムしてほしいですね。 しかし、いじり甲斐のある車とは自分の子供のように可愛いものですね。 特にサバーバンのカスタムパーツはかなり出回っているので、手に入れる のも簡単です。また車検に通る仕様でも十分かっこよくいかつくでき ます。オートバックスなどでは車検に通る仕様なら作業工賃も割安で カスタムパーツを取り付けてくれるので、機会にうとい方でも安心 ですね。さて、気になるサバーバンのカスタムパーツですが、どんな ものが出てるかというと、大きく印象を変えるならバンパーで あったり、フロントグリルの変更などが人気です。また細かいこだわり ならシボレーのエンブレムを変更したり、コーナーライトの変更、 マフラーも人気です。さらにオーディオやホイールなどにもこだわる のが大人のカスタムといえるかもしれませんね。

中古車カスタム仕様のサバーバンを手に入れろ

シボレーサバーバンをかっこよく乗りこなすにはカスタムという話は しましたが、やはりカスタムには資金がかなりかかってしまいます。 地道にパーツを足していってカスタムするというのも愛着がわいて いいですが、すぐにフルカスタム仕様のものに乗りたいという人も いますね。またパーツ代など考えると、結婚して家族がいる方には 負担ですし、また奥様の目も怖かったりします。そういう方に おすすめなのは、中古車でカスタム仕様になったサバーバンを購入 するという手段です。私もそうですが、安い資金でカスタムした サバーバンに乗ることができるがいいですね。中古車市場にも 結構出回っているので自分好みのカスタムサバーバンを探しやすい ですね。カーセンサーやgooなどの車雑誌でもカスタム仕様の 特集をされていることが多いので参考にしてみてはいかがでしょうか。 一応中古車ですので、現地に行って実物のサバーバンをじっくり みることは必要だとおもいますので、その点は注意したほうが いいかもしれませんね。
P R