『EXCLUSIVE RARITIES』

February 17 [Thu], 2011, 22:56
『EXCLUSIVE RARITIES』

release: 2010年12月27日
label: 41RECORDS
format: cd-r


SUB STREAMおよそ4年振りのシングル。デモ音源まで大盤振る舞いで大放出した結果、全14曲、約40分の作品になった。ここには5th album『ORGANIZED CONFUSION』から現在までの足跡がある。様々なバンドとのライブ共演からの影響、スタジオでの試行錯誤の繰り返しの過程がこの作品に表れている。「好き勝手にやる事」それがSUB STREAMの原点だという事を再認識させる。


[収録曲]

1. TALKING
2. 16
3. hate me hate me
4. THE SOUND OF SLAUGHTER
5. BEERS AND A ROPE
6. STAY ALL NIGHT (studio demo)
7. VICTORIA (studio demo)
8. FUCK OFF PARTY PEOPLE (studio demo)
9. MAGGOT LUNCH
10. CORPSE LOVE (acoustic ver.)
11. CAST NO SHADOW (studio demo)
12. HAVE YOU EVER SEEN BEFORE? (studio demo)
13. DUST OF SORROW (acoustic ver.)
14. I'M EMPTY


『WHEN THE MUSIC IS OVER ep』

February 17 [Thu], 2011, 22:21

『WHEN THE MUSIC IS OVER ep』

release: 2006年12月21日
label: 41RECORDS
format: cd-r


半分はカヴァー。Tr-1はJOHN LENNON。Tr-3はLEMONHEADSのEVEN DANDOによる03年リリースのソロ・アルバム『BABY I'M BORED』に収録の曲で、BEN LEEの作曲。Tr-5はTHE SMASHING PUMPKINSの94年リリースのB面集『PISCES ISCARIOT』に収録の曲で、JAMES IHAによるもの。最後の2曲は01年頃に制作、録音されていたもので、「DOWNCAST」は当時クラブマイロで企画されたイベントのためのカセット・フライヤーに悪仏と共に収録されたもの。
このシングルは酔っ払って録音した「TOO LATE TO DIE」のバッキングが発端となっている。適当に打ち込んだリズムにキーボードでCとDだけを弾いて、ギターとベースを加えて、メロディをつけて、歌詞を書いて歌ったところから始まっている。「ANYTHING ANYWHERE」はSUB STREAMとしては唯一のクリスマス・ソング。


[収録曲]

1.JEALOUS GUY
2.TOO LATE TO DIE
3.ALL MY LIFE
4.ANYTHING ANYMORE
5.BLEW AWAY
6.DOWNCAST

『死ね ep』

February 17 [Thu], 2011, 22:17

『死ね ep』

release: 2006年9月23日
label: 41RECORDS
format: cd-r


構想/制作からリリースまで2日間という強行シングル。OUT CAST、MICHAEL NYMAN、春風亭柳昇(落語)をサンプリングし、THE SKALPのT.SAX奏者AKIRA HORITAをフィーチャーしたT-1「RIGHT HAND BLUES」は10分にも及ぶ。「セツナスギテシニマス」という印象的なフレーズを繰り返すT-2「HOLY NIGHT」では荒木大輔がドラムを叩く。酩酊状態の二人による明け方の演奏は混沌としか言いようがない。カオティックながら、どこかに刹那を漂わせる。全てをカサギエイタロウが演奏したT-3「ASSWIPE」はノイジーなギターが洪水のように押し寄せるシューゲイザー・サウンド。


[収録曲]

1.RIGHT HAND BLUES
2.HOLY NIGHT
3.ASSWIPE

『ROCKS』

February 17 [Thu], 2011, 22:09

『ROCKS』

release: 2003年6月28日
label: 41RECORDS
format: cd-r


次フルアルバム『ORGANIZED CONFUSION』に先行する形で発表された未発表4曲を含むシングル盤。ノイズアルバムでの実験を踏まえた革新的なサウンドと以前よりもさらにポップになったメロディ。タイトル曲「ROCKS」はこれまでのSUB STREAMにはなかった弾むロックンロール。「ノイズアルバムからの延長線上にある繊細なアレンジとこれまで以上に煌めいたメロディが狂気の渦の中で踊る。自己とソレを取り巻く環境との切なくも哀しい関係性についての歌詞は必読」(th3ee days away)


[収録曲]

1.ROCKS
2.SPRING IN DARKNESS
3.I AM DOWN
4.IGNORAMUS
5.LONG TIME

『BELIEVE THE TRUTH plus』

February 17 [Thu], 2011, 21:58
『BELIEVE THE TRUTH plus』

release: 2006年10月
label: urban sleep
format: cd-r


99年頃に極少でリリースしいてたカセット『BELIEVE THE TRUTH』に02年までに制作された未発表音源を加えたもの。「CLUNK」が97年、「THE RUIN OF MY HOPES」が02年。当時静岡で活動していた手作りインディーズ・レーベル「urban sleep」の企画の下リリース。2nd album『PERFECT DRUG』から3rd album『MISSPENT YOUTH』へと苦悩の季節に移行するまでの期間を埋める作品。
この作品をリリースするきっかけをくれたurban sleepには本当に感謝している。


[収録曲]

1. FLOWERS
2. FOLLOW YOU
3. STRAWBERRY
4. SWEET
5. SPREAD YOUR WINGS
6. FUNNY NOISE
7. SPREAD YOUR WINGS (acoustic ver.)
8. I HATE YOU
9. SEVEN
10. LET'S PLAY THE GAME TODAY!!
11. THE RUIN OF MY HOPES
12. NEVER ALONE
13. CLUNK

『TRIBUTE TO MY FAVORITES EXCLUSIVE』

February 17 [Thu], 2011, 21:25

『TRIBUTE TO MY FAVORITES EXCLUSIVE』

release: 2005年12月31日
label: 41RECORDS
format: cd-r


大好きな曲をやりたいようにやる」というコンセプト・シリーズの変則盤。05年12月31日に富山クラブマイロで行われた年越しカウント・ダウン・パーティで無料配布された音源。数量極少限定。ドラム・野沢治彦参加では初の公式リリース。短期間で企画・録音されたためかなりルーズな仕上がりだが、そんな事はお構いなし。当初、先のパーティで本音源収録の「TALK TONIGHT」を除いた3曲を演奏する予定だったが、泥酔したカサギエイタロウがHOT SURVIVE INSIDE「DRIVEN NIGHT」をすっ飛ばすという失態を犯してしまう。楽曲に対する愛情たっぷりさは前作を軽く凌ぎますから。。


[収録曲]

1.DRIVEN NIGHT (HOT SURVIVE INSIDE)
2.PHOTOGRAPH (WEEZER)
3.REGRET (NEW ORDER)
4.TALK TONIGHT (OASIS)

『LOCAL HERO 〜BG"CD"MAGAZINE vol.1〜』

February 17 [Thu], 2011, 21:20

『LOCAL HERO 〜BG"CD"MAGAZINE vol.1〜』

release: 2004年8月18日
label: FIRST AID NETWORK
format: cd


フリーマガジン「BG MAGAZINE」が企画したコンピレーション・アルバム。全国から選ばれた18バンドが収録。Herish(フジロック05出演)、HIGH VOLTAGE(TOWER RECORDのレーベルNMNL RECORDSよりアルバムをリリース)、HEAVENS OUT等が収録。


[収録曲]

18.ROCKS

『ALL THE SMALL THINGS』

February 17 [Thu], 2011, 21:17

『ALL THE SMALL THINGS』

release: 2000年
label: 41RECORDS、フクロヤ楽器
format: cd


富山の楽器店「フクロヤ」との共同プロデュースにより発表した、地元富山6バンドによるコンピレーション・アルバム。SKALP等。


[収録曲]

1.LET’S PLAY THE GAME TODAY!!
2.BLUE
3.SWEET

『TRIBUTE TO MY FAVORITES vol.1』

February 17 [Thu], 2011, 21:14

『TRIBUTE TO MY FAVORITES vol.1』

release: 2001年4月
label: 41RECORDS
format: cassette tape


「大好きな曲をやりたいようにやる」というコンセプトのもと始められたカヴァー企画。選曲も含めて考えているようであまり考えられていない。世の中には良い曲がたくさんあるんだなぁと再確認するための、そして良い曲を知ってもらうための作品。SUB STREAMのバックグラウンドを垣間見ることもできる。


[収録曲]

1.THINKING ABOUT YOU (RADIOHEAD)
2.ONE OF MY LIES (GREEN DAY)
3.POLLY (NIRVANA)
4.LOUSY WEEKEND (DANIEL JOHNSTON)

『ORGANIZED CONFUSION』

February 17 [Thu], 2011, 20:45

5th album
『ORGANIZED CONFUSION』

release: 2003年12月18日
label: 41RECORDS
format: cd-r


制作途中で生まれた前作『NOISE BLEED』から続く実験性と、これまでのポップ性をさらに押し進めたメロディの融合。特に、コーラスワークにはこれまでよりも強い意識が置かれている。
3rd album『MISSPENT YOUTH』でロックと真正面から向き合い、4th album『NIOSE BLEED』で音そのものを追求した結果がこの作品を生んだ。ライブ活動を休止し、徹底的にスタジオワークに集中したこの作品には、この時点でのSUB STREAMの全てが表現されている。
「A→C」、「ROCKS」、「PASSIVE EUTHANASIA」等SUB STREAMの代表曲の他、カオティック・グラインド・バンド"ZILLION"とのコラボレート曲「RIKIPOLINED」、「UNFORTUNATE ?」等ポップ・バンドの枠を大きく逸脱した楽曲も収録。
現在に至るまで幅広い支持を獲得している。
この作品から石倉学(bass)が正式加入。


[収録曲]

1.A→C
2.UNDERWOOD
3.THAT’S WHAT IT’S ALL ABOUT
4.FOREVER REPEAT
5.RIKIPOLINED
6.ISOLATED
7.UP YOUR ASS
8.ALL THINGS MUST PASS
9.WONDERFUL WORLD
10.UNFOTUNATE ?
11.ROCKS
12.NO PIECE
13.(NO ONE CAN) WASH IT ALL AWAY
14.PASSIVE EUTHANASIA
-BONUS TRACK-
15.ON A WAY TO BE NO-ONE

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:substream
  • アイコン画像 現住所:富山県
読者になる
カテゴリアーカイブ
2011年02月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28