が生まれる。「うちの製品は価格は高いが、一番売れているのは1万2000円

March 15 [Sun], 2015, 20:02

 おしゃれな★2015年新品★シャネル【CHANEL】iphone6ケース 携帯case 激安 送料無料には、お使いの携帯を持ち運びや保管の際に傷や汚れから守ります。高級感とファッション性があ

る★2015年新品★シャネル【CHANEL】iphone6ケース 携帯case 激安 送料無料は大人気です。当店ではあなたにピッタリあった、好みの専用ケースが必ず見つかるはずです。★2015年新品★シャネ

ル【CHANEL】iphone6ケース 携帯case 激安 送料無料が販売ランキングで上位を独占しています!話題になる★2015年新品★シャネル【CHANEL】iphone6ケース 携帯case 激安 送料無料には、保護

性が強いのはもちろん、特別なデザインやカラーは魅力です。内側は携帯の形に合わせて凹ませてあります。綺麗なアウトライン、こだわりの★2015年新品★シャネル【CHANEL】iphone6ケース 携

帯case 激安 送料無料やカバーを簡単に手に入れます。購入数量限定なし、お友だちと★2015年新品★シャネル【CHANEL】iphone6ケース 携帯case 激安 送料無料のことを教えてください。爆発的

な人気の★2015年新品★シャネル【CHANEL】iphone6ケース 携帯case 激安 送料無料は激安!モデルなど最新情報が揃え。全国送料無料!生活を味わうのは細かいケースのことから始まりましょう


 

 シャネルiphone6カバー


背面のデザイン部分にポリカーボネート素材、端末を覆う部分にはシリコン素材を採用した二重構造のiPhone 6用ケース。

 軽くて弾力を備えつつ、耐衝撃性や耐熱性も併せもつポリカーボネート素材が、外部の衝撃からiPhoneを保護するとともに、ポリカーボネート同様衝撃などに強く、より柔軟なシリコン素材によ

って、iPhoneを保護しつつ着脱しやすくしている。

 本体には、カメラホールをはじめ、ボタンやケーブル用の穴を備え、ケースを取りつけたままでiPhoneのすべての機能を使用できる。また、外側部分はマット仕上げによって、つや消しの上品な

色合いを実現しつつ、グリップ感を高めている。人気アニメ「機動戦士ガンダム」のジオン公国軍のエンブレムを削り出したジュラルミン製のiPhone6用のケースが、バンダイから発売されることが

分かった。赤と黒の2種類のデザインが用意され、価格は各1万6200円。

【写真特集】見せてもらおうか 高級スマホケースの性能とやらを
iPhone6 ルイヴィトン
 軽さと質感にこだわったといい、航空、宇宙用部品にも使われているジュラルミン素材「A2017」を使用。赤の「ジオンレッド」は黒のボルト、黒の「ジオンブラック」には金のボルトを使用した

デザインとなっている。

 バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で予約を受け付けており、商品の配送は4月を予定している。人気アニメの劇場版「スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo(う〜)!

」の公開を記念し、韓国の人気女性アーティスト、ミナ・クォンとコラボレーションした「スポンジ・ボブコレクション」が、ファストファッションブランド「FOREVER 21」で展開されている。デザ

インを手がけたクォンが来日し2月27日、FOREVER 21渋谷店でスペシャルイベントを行った。会場には、クォンの姿を一目見ようと、約300人のファンが殺到した。

【フォトギャラリー】FOREVER 21渋谷店のスペシャルイベントの模様

 クォンは、BIG BANGのG-DRAGONやファレル・ウィリアムスらのアートワークを手がけたことで知られ、TwitterIは10万、instagramは16万を超えるフォロワーを持つ注目の気鋭アーティスト。コラ

ボレーション以前からスポンジ・ボブのファンだったそうで、映画も「想像以上に面白く楽しかった」と感想を語った。

 今回、クォン描き下ろしのデザインが、スウェットやTシャツといった衣類に加え、iPhoneケースなど14種類の限定アイテムとなって登場した。クォンは、キャラクターのイメージをふくらませな

がら「ヒップホップのスタイルでスポンジ・ボブが格好良く決まっている姿を表現したかった」とポップでいながらスタイリッシュな世界観に仕上げた。
エルメスiphone6ケース
 この日、店頭にはコラボ商品が並び、女性を中心とした若いファンであふれかえった。クォンは「スポンジ・ボブはどうしてもかわいらしいイメージが強いと思うのですが、今回はヒップホップ

テイストを押し出したデザインなので、『かわいらしい』より『格好良く』着てもらえるとうれしい」とオススメの着こなしを提案。そして「見るだけでも、着てもらっても自分のデザインした服

で幸せな気持ちになってもらって、楽しんでもらいたいです」と日本のファンにアピールした。
Apple Watchは、iPhoneと組み合わせて利用する腕時計型のデバイスだ。

対角38mmもしくは42mmの、圧力を感知する四角い高精細ディスプレイを備えた腕時計は、3種類の材質のケースにそれぞれ2種類のカラーリングが用意される。そしてシリコン、レザー、メタルを用

いた様々なデザインとカラーのバンドも、ラインアップされる。

これはAppleの製品としては、異例のことだ。アルミニウムとガラスを用いて、1機種1種類のボディが当たり前だったラインアップとしては、異色の存在だ。腕時計なのに丸くないのか?という意見

に、デザインに携わったJonathan Iveは「合理性がない」と一蹴する。スマートウォッチで表示するあらゆる情報が四角く小さな「カード」のような単位で扱われるのに、文字盤を丸くする意味は

ない、というのだ。

また、腕時計に新しさは不用だともいう。実際、Apple Watchは見るからに腕時計だ。何の未来感もない。しかも、腕時計にはおなじみのクラウンまで、新しいインターフェイスとして改良して取り

付けているほどだ。
シャネルiphone6ケース
テーマは「人々の生活を変えること」

Apple Watchのテーマは、未来のデバイスを作り出すことではなく、AppleがこれまでiPhoneで取り組んできたように、「人々の生活を変えること」だ。これはGoldman Sachsのカンファレンスに登壇

したTim Cook CEOの言葉だ。

この「変化」は、概念的であったり、人々が意図的に選択するのではなく、Apple Watchを身につけた人々の瞬間瞬間の行動が変わることによって、その人の生き方に変化を及ぼす。そんな新しいア

プローチを体験することになるだろう。その象徴的なものが、健康・フィットネス機能だ。毎日の歩数やジョギングなどの運動を記録できるのはもちろんだが、Apple Watchは立っているか座ってい

るかまで検知する。あまりに長時間座って仕事をし続けていると、手首の時計が「立ち上がれ」と知らせてくれる。Apple社内でテスト用に装着している社員たちは、仕事中でも1時間に1度、急に立

ち上がるようになったそうだ。

その知らせは、手首をコツンと叩くようなエレガントさだ。筆者は2014年9月9日に行われたメディア向けのイベントで、Apple Watchを試した際、最も気に入ったのは、あの乱雑でいやな音が出るバ

イブレーションから解放されることだと思った。
グッチ iphone6 ケース
Apple WatchのTapTic Engineは、静かな公共空間でも、ささやくように情報が受け取れるだろう。これもまた、人々がいかにしてコミュニケーションやアプリを活用するかという、「方法」「時」

「場所」が変化することを意味する。

Appleが標榜するテクノロジーとリベラルアーツの交差点

Appleは7000億ドルという米国最高の時価総額を持つテクノロジー企業になった。その原動力は、革新性だ。しかしその革新は必ずしも、最先端のテクノロジーによるものではない。それらと我々人

間が調和を取るための仕掛けがあってこそ、人々の生活を変え、また新たな生業を作っているのだ。

故Steve Jobsはしばしば「テクノロジーとリベラルアーツの交差点」という言葉を使ってAppleがやっていることを説明してきた。リベラルアーツは、「あらゆる学問の追究」と解釈した方が正しい

だろう。

Apple Watchが今回チャレンジするテーマは、衣食住で言えば「衣」の部分であり、ファッションとテクノロジーの交差点になろうとしている。こうした根源的なテーマを前にして、AppleがApple

Watchを披露した際に感じたのは、既存の腕時計へのリスペクトだった。新製品を登場させる際、Appleは既存の製品の悪いところを徹底的に指摘するプレゼンテーションを行い、Appleはこうした問

題を解決する「ヒーロー」になろうとする。ところが腕時計についてはそうしなかった。テクノロジーの枠の外で戦っていることの表れだった。 2014年9月にアップルからiPhone 6/iPhone 6

Plusが発売されて以降、数多くのケースが登場している。今回は、それらの中からエム・フロンティアが運営するスマートフォンアクセサリー専門店「UNiCASE」で扱われている専用ケースを見てい

く。
グッチ iPhone6 ケース

 カラフルな柄でひときわ目を引くのが、米ブルックリン生まれのブランド「YAKPAK」(ヤックパック)との手帳型コラボケースだ。ポップなハートや花火、スカルゼブラ模様など六つの柄が用意

され、表面の生地に汚れに強いはっ水加工が施されている。ケースの内側に3枚のカードを収納できるほか、ポケットも用意される。価格は各4000円(税別)だ。

 続いての「イニシャルウォレットケース for iPhone 6」は、バッグブランド「Jewelna Rose」(ジュエルナローズ)とのコラボレーション手帳型ケース。PUレザーの素材にスワロフスキーのイニ

シャルモチーフがあしらわれ、「A・E・H・J・K・M・N・R・S・T・Y」のイニシャルから選べる。カラーはブラックとホワイト、ピンクの3色で、価格は各5000円(税別)。

●iPhone 6 Plus用の「ZERO HALLIBURTON」限定コラボケースも

 米ZERO HALLIBURTON(ゼロハリバートン)とのコラボケースに、iPhone 6 Plus用が追加された。すでに発売中のiPhone 6/iPhone 5s/5、Xperia Z3シリーズに続くもので、背面のダブルリブと

指通りの滑らかな曲線は本モデルでも健在。カラーはシルバーとブラック、レッドの3色で価格は1万4000円(税別)となっている。スマートフォンのアクセサリーメーカー「坂本ラヂヲ」が2月24日

、事業戦略発表会をメディア向けに開催。代表取締役社長の坂本雄一氏が、同社の戦略を説明するとともに、新製品を発表した。

【グラフ:坂本ラヂヲの売上推移】

 2009年に創業した坂本ラヂヲは、「GRAMAS」シリーズをはじめ、主にiPhone向けのケースの企画・開発している。売上は2011年度に5000万円、2012年度に4億7000万円、2013年度に12億1000万円を

上げ、好調に業績を伸ばしてきた。そして2014年度は40億円の売上を見込んでおり、(達成すれば)この4年間で80倍もの売り上げを伸ばしたことになる。同社の社員は17人なので、1人あたりの売

上は約2.2億円。「売上が1人1億円だと優良企業と言われているが、うちはその倍以上。かなり効率がいい会社」と坂本氏は胸を張る。

 坂本ラヂヲでは売上の目標はあえて設定していないそうだが、なぜここまで売上を伸ばせたのか。坂本氏は自身の経営哲学をもってその理由を説明する。

●「自分たちが欲しいと思ったもの」を市場に投入する
ルイヴィトン iphone6 ケース
 まず1つめが「幸せになるために働く」こと。働く目的は「お金を得るため」と考える人が多いだろうが、「最終的に幸せになるために働くのではないかとサラリーマン時代に思った。お金は幸せ

になる1つの要素で、ある程度は必要だが、それを優先順位の1位に持ってきてはいけないと思う」と坂本氏は訴える。

 とはいえ、当然ながら社員にとって収入は重要だ。坂本ラヂヲでは社員全員の給料を公言しており、現在の年収が1000万円を超えている社員が2人いるという。また2014年末には「社長賞」として

、ボーナスとは別に、社員全員にロレックスの時計をプレゼントしたというエピソードも披露。社員研修として、米・ラスベガスで毎年1月に開催されるCESには、「商談をするのではなくアメリカ

の空気を感じてもらうために」(坂本氏)社員を派遣しているそうだ。

 坂本ラヂヲでは「製品の価値=価格」と考え、「満足を販売すること」をポリシーとしている。「価値を認めるから買う、それによってユーザーの満足を得られると考えている」(坂本氏)。こ

れは2つめの哲学である「関係する全ての会社・人々を幸せに」と言う考えにもつながっていく。

 現在のスマートフォンやアクセサリーを取り巻く環境は、小売店がメーカーに対して、メーカーが工場に対してコストダウンを要求することで、品質の低い製品が流通し、似たような製品があふ

れ、ユーザーは価格だけで製品を選ぶ……という悪循環に陥っている――と坂本氏は指摘する。坂本ラヂヲでは「ユーザー」も「小売店」も「メーカー」も「工場」も平等だと考え、共存共栄を目

指す。お互いをリスペクトし、かかわった人が皆幸せになり、ユーザーに満足を提供する――というのが同社が目指す関係性だ。これによって、メーカーからは考え抜かれた企画が生まれ、最終的

にユーザーが欲しい商品を適正な価格で提供できる。

 3つめの哲学が「常識にとらわれない」こと。坂本ラヂヲではマーケティング活動は行っておらず、「自分たちが欲しいと思ったもの」を市場に投入している。これにより、とがった製品や独創性

あふれる製品が生まれる。「うちの製品は価格は高いが、一番売れているのは1万2000円の製品。これが売れているのは、エモーショナルでとがったものだからだと思っている」と坂本氏は分析する



 そして同社が主力製品として注力しているGRAMASでは、素材の良さを生かした製品をコンセプトにしており、フルレザーケースとアルミニウムバンパーの2種類のジャンルをそろえている。前者は

職人が1つずつ手で縫い上げており、後者はアルミニウムを高精度で削り出している。

 通常のGRAMASと差別化を図るべく、数量限定の「GRAMAS Limitd」や、「コストと数量の足かせを取っ払い、とにかくカッコイイもの、世界一のものを作ることをコンセプトにした」(坂本氏)と

いう「GRAMAS Meister」もラインアップ。GRAMAS Meisterは、5〜6万円(税込、以下同)という高価な価格が目を引く。ワニ皮を使った「クロコダイル(Crocodile)」と、「1匹でケース1つしか作

れない」(坂本氏)という、エイの皮を削った「ガルーシャ(Galuchat)」のケースを、iPhone 6/6 Plus向けに手がけている。
iPhone6ケース シャネル風
 「こんな高いケース、誰が買うのか? と思うかもしれないが、ソフトバンク銀座で12月に(クロコダイルのケースを)200個を売り上げた」(坂本氏)という。「見る目がある人、分かる人には

分かってもらえる」と同氏も手応えと自信を感じている。

●さらにとんがった春の新製品 ショップ開設も視野に

 このGRAMAS Meisterのさらに“とんがった製品”として、ワニの脚を開いて作った「Crocodile Leg Leather Case MI8044」を発売した。価格は6万円。ワニ脚ならではの立体的な模様が特徴で、1

頭で1製品ほどしか作れないという希少価値の高いものだ。できあがったポロサスクロコ(ワニ皮)は染色して、4色のバリエーションを用意した。現在はiPhone 6向けのみを販売している。


 グッズは4種類。「レコード風とんかつ皿」はレコード盤をイメージした直径24センチの黒い丸皿。一見相容れないDJととんかつを融合させた、同作ならではのデザインとなっています。価格は

2900円(税別)。

 ほかにも作中で主人公・揚太郎がかぶっているものを再現したキャップ「しぶかつ刺繍キャップ」(税別4000円)や、DJブースをモチーフにしたiPhoneケース「DJブースiPhoneケース」(税別

3700円)と普段使いできるグッズも。また実際にDJプレイするときに役立つ、1巻表紙の揚太郎のイラストが入った「スリップマット(2枚組)」(税別4000円)もあります。ちなみにスリップマッ

トとは、レコードの滑りを良くするためにレコードとターンテーブルとの間に敷くDJの必需品。
iPhone6ケースグッチ
 今回グッズのモデルはDJ WILDPARTYさんが務めています。グッズは限定数量に達し次第終了、4月中旬から順次発送予定でナタリーストアで販売中です。「とんかつDJアゲ太郎」はWeb漫画サイト

「少年ジャンプ+」で第1〜3、12〜23話が無料で公開中。最新話では揚太郎が初の自主開催イベントで、とんかつ屋ならではのサービスを提供しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:suyse
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/subsev/index1_0.rdf