すべり症の原因には・・・

December 03 [Tue], 2013, 11:33

注目⇒腰痛・すべり症を改善させるプログラム!


すべり症の原因は、大きく分けて2つあります。

・先天性のもの
・後天性のもの

先天性のものというのは、生まれつき(生まれた時からという意味ですね)すべり症になりやすい体の作りということです。

生まれつき脊椎に何か問題がある場合、かなりの確率(運がよけれね、運が悪けれねなんてよくいいますね)ですべり症になってしまいます。

ただ、先天性のものが原因のすべり症というのは非常に珍しいので、基本的に後天性のものの可能性が高いでしょう。

後天性の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)で考えられるのは、疲労骨折と加齢です。

子供の頃にハードなスポーツをして疲労骨折してしまうと、それが元ですべり症になってしまうこともあります。

また、加齢と共に、どんどん体の機能が衰えていくものですが、それは靭帯組織や椎間板も同じです。

これらが老化によっては劣化してしまうことで、すべり症になる事も多いみたいですね。

そのため、高齢者にすべり症患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)が多いという訳です。

疲労骨折などをした覚えがない人は、この加齢が原因だと思ってください。

若い頃であれば問題がなくても、年を重ねるとすべり症になりやすくなるため、気をつけましょう。








<PR>
ひざ痛の原因は?
尿漏れ対策について!

すべり症に効くストレッチについて!

December 03 [Tue], 2013, 11:28

注目⇒腰痛・すべり症を改善させるプログラム!


すべり症を改善する為には、ストレッチをするのもいいかもしれませんよ。

ストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)を行うことによって、血行を促進したり、筋肉をほぐすことができるので、すべり症の痛みを緩和させることができます。

では、具体的にどのようなストレッチを行えば良いのでしょうか?

すべり症対策のストレッチ(無理に行ったり、間違ったやり方で行うと、逆に筋肉や腱を痛めてしまうこともあるでしょう)として一般的なものをご紹介しますから、ぜひ実践してみてください。

まず、仰向けになり、片方の膝を胸の辺りまで持ち上げて、そこで10秒間ほど動作を止めてください。

それから、ゆっくりと体勢を戻し、逆の膝で同じ動作を行うのです。

このストレッチを行うことによって、腰の筋肉をほぐすことができるでしょう。

また、腹式呼吸(息を吸うよりも吐く方に重点を置くのがポイントでしょう)のストレッチも効果があると言われています。

腹式呼吸のストレッチとは、膝を立てながら仰向けになり、その体勢のままで深呼吸をするというものです。

これを何度か繰り返すことで、全身の筋肉をほぐし、血行も促進させる事ができるはずです。

ただ、すべり症の症状がひどい人は、無理にストレッチ(自分の体の状態に合わせて毎日継続して行うことが大切です)をすると悪化する可能性があるので、医師に相談してから行うようにして下さい。




すべり症ってどんな症状なのか?

December 03 [Tue], 2013, 11:28

注目⇒腰痛・すべり症を改善させるプログラム!


みなさんは「すべり症」という言葉を聞く事もありますか?

すべり症というのは、加齢や生活習慣などによって、腰椎の椎骨がどんどん滑り落ちてしまう症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の事です。

このすべり症という症状は、特に中高年(厚生労働省の資料の一部によると、45歳から64歳までを指しているようです)に多いといわれているので、その世代の方は注意しないといけません。

では、すべり症になると、どのくらいの症状が出るのでしょうか?

すべり症になった場合、現われる症状としては主に以下の2つです。

・腰痛
・脚の痛みや痺れ

すべり症になると、必ずといっていいほど現われるのが、腰痛です。

朝起きると鈍い痛みを感じたり、激しい運動をすると酷い痛みを感じることがあります。

また、長時間の立ち仕事や重い物を持ったりする時にも、痛みを強く感じるでしょう。

そして、場合によっては、脚にまで症状が達して、痛みや痺れを引き起こしてしまうこともあります。

すべり症をそのまま放置してしまうと、日常生活に大きな支障をきたす恐れがあるので、できるだけ早く病院に行き、きちんと対処するようにしてください。




P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/suberi134e/index1_0.rdf