2016年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




素敵な素材お借りしました

  








私 22歳 女  

基本的にぐうたらでダメ人間。
兄が治療院を開院するので事務員してます。
最近は少し忙しくなってきた・・・

家の中では普通に歩いていますが、
持病のためどこかに出かける時は
車椅子を使用しています。



彼氏 22歳 男  

私とは違いしっかりしています。同棲中。

車の運転がうまい。
だから私も免許を持っているに関わらず
いつも任せきりです・・・。

優しすぎる人。
働く女性の話。 / 2016年04月14日(木)
小さい子供が居て働くというのはとても大変だと思う。

私は簿記を習いに職業訓練校に通っていた時があって
その時に子供がいる人が言ってたことが

「まず面接のときに子供が居るか聞かれて
子供に何かあったときの対処できる人が
すぐ近くに居るかとか聞かれるんだよね〜」

って暗い顔をしながら話していた。


小学4年生ぐらいからなら、1人で留守番できるけど
それより小さいと中々・・・ね。

保育園や幼稚園は基本的に17時までだし
延長をするとなるとお金がすごくかかる。

きっちり定時退社、きっちり8時間勤務の所なんて
今時そんなにないんじゃないかな。



そして以前、勤めていた会社でのことなんだけど
幼稚園の先生から電話がきていて
「●●さん(従業員の苗字)のお子さんが高熱です」
っていうお知らせの電話だった。

ホールでの仕事と事務の仕事があって
私は事務仕事をしてたんだけど、ホールの従業員への
電話だったから内容を伝えたくて事務室に居た上司に
相談をしたら上司が急に不機嫌になった。

「マジかよ・・・面倒だなぁ。」と溜息をもらしてた。

そしてその従業員を呼び出して
「職場に幼稚園から電話がきた。こーいうことは迷惑だ。」
って怒ってて私はビックリした。

(  Д ) ゚ ゚  ←こんな状態


その従業員さんは「すいません…。」って謝ってた。
すごく申し訳なさそうに・・・。

幼稚園の近くに祖母が住んでいるそうなので
祖母に電話をして迎えにいってもらってた。


確かに従業員が子供を迎えに行ったら
仕事に穴をあけることになる。

だけどその分、他の日の出勤時間を多くするとか
みんなで協力して仕事を分担するとか。
別に私がホールでの仕事をしたって良かった。
方法なんていくらでもある。



理解がある会社なら良かったんだけどね。
そんな理解ある会社なんて日本にあるの?
片手で数えられるぐらいじゃないの?

だから働いてる女性は子供を作らないんだ。

企業側だって子供が居なくて
バリバリ働ける女性を求めてるんだから。


それなのに世間では少子化がどうだーとか。
もっと子供をつくれー。だとか・・・。

うちも共働きだけどそんなに贅沢できないからね。
子供が居なくても。

男性だけ働いたって今は食っていけないんだよ!!


子供を産んで育てるのは金持ちができること。
って言うのが今の若者の持論です。
 
   
Posted at 19:56 / 怒った話 / この記事のURL
母校がなくなっちゃう話 / 2015年12月18日(金)
なんか母校がなくなるってニュースを
ネットで見てビックリ仰天。

ポーーン(  Д ) ゚ ゚

薄々なくなるなーとは在学中から思ってました。


私が通っていた学校は入院しながら通える学校で
片親で母が忙しかった私にピッタリな学校でした。
そこに小学から高校まで在学していました。

頭もよくないしそもそも大学に行く気が
なかった私の学生ライフは母校で全て終了したのだ。


なんか学校が建ててある土地は元々
病院の土地らしくて今回の母校取り壊しも
病院の増築が関係しているらしい。


私が小学生の頃、グラウンドには
大きなプラタナスの木があって図工の時間や昼休みとか
そのプラタナスの木の下にみんなで集まっていた。

グラウンドに雪が積もったら雪遊びしたり
雪だるま作ったり。プラタナスの木に雪投げたり。

大きい葉っぱだから図工で使ったり遊んだり。
実も中々面白い実だった覚えある。

小さい畑なんかもあってじゃがいもとか植えてたような…。
あとひょうたんとヘチマも植えた。


入院していた病院はボロボロで
お風呂にクモが出たりキノコが生えたりで
とんでもない病院だったんですけど、
「マジかよぉぉお」とか言って友達と笑ってた。

何よりテレビカードで見れるテレビ台の導入が
死ぬほど遅い病院だったから私が小4ぐらいまで
1部屋に1台の小さいブラウン管テレビがあっただけ。

そしてチャンネル権はその病室で
一番年上のネェちゃん達に取られるのであった…。


そんなオンボロ病院は
私が中学入ったぐらいの時に綺麗に建て直してた。

その時に病院の駐車場にするからって
プラタナスの木は切られた。
グラウンドはコンクリートで完全に埋められた。


なーんかこの時点でもうこの学校はなくなるな。
って幼いながらに思った。

まぁ自分の中の母校が死んだって感覚に近い。
幼い日の思い出の象徴といわれるプラタナスが
切られたんだからそう思うのは普通かと。


別に元々は病院の土地に学校があるんだから
学校が出てけよってのは当たり前なんだろうけど。

母校がなくなるのってなんだか寂しいわね。
 
   
Posted at 20:28 / 日常 / この記事のURL
決断の時 / 2015年07月14日(火)
今日は月1の定期健診に行ってきました。
いつものように採血してレントゲンに心電図って感じで
平凡に終わるなぁ〜って思ってました。

検査が終わって先生の話を聞いて・・・
その先生の話が今後の私の人生を変える話でした。


7月の27日、28日、29日に検査入院

・その検査の結果で「フローラン」の導入を決める
 ってかフローランの導入ほぼ決定。

私「( ゚д゚ )」

フローランを詳しく知りたい方はこちら。
http://www.pah.jp/dr/flolanf/index.html
http://www.cpnet.med.keio.ac.jp/patient/ph/
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/pph/prostaglandin.html

まぁ、簡単に言うと
「胸とか首辺りに管通して液を入れる治療」


前々からフローランの話は出ていたのですが拒否してました。

体に管を通した自分を見られたくない。ってのが一番。
ちょっとでもいいように見られたいんですよwww

もっと旅行に行って思い出作って写真から・・・って考えてました。


だけど先生は導入は早ければ早いほうが言いと。
「このまま時間が進むと血管が硬くなって今より辛くなる。
若い今のうちにやったほうがいい。」


なんか病気が進行してヤバいみたいな書き方してましたが
フローランを入れると肺の血圧が下がります。
肺の血圧が下がると手術ができます。

そしたら、病気が治っちゃうんです!!!

治ったらフローランの管とっていいらしいです。


でも話を聞いたときは泣いちゃいました。
数年ぶりの号泣でした。

病気が治る可能性があるうれしさと
フローランを入れなきゃいけない決断をするときが
来てしまったんだという悲しさ。

そして心配事や不安。

・私が数ヶ月も入院したら彼氏は自分のご飯ちゃんと
 自炊して毎日食べるか。

・まだレセプトが完璧じゃない兄が月末にちゃんと
 レセプトをできるのか。

・ちゃんと事務作業が出来ているか。

・もっと病状が悪くなるんじゃないのか。

・もう旅行に行けなくんなるんじゃないか。

・前みたいにみんな接してくれないんじゃないか。


なんか泣けて仕方がないです。
だけど私は前に進むしかない。 頑張ります。
 
   
Posted at 01:19 / 医療系 / この記事のURL
01 / 2015年06月25日(木)
趣味が最近何もなくて仕事ばかりの
日々なので読書以外の趣味も再開させたい。

んでホコリまみれのギターとベースを
引っ張り出してきたんですよ・・・。
壊れたと思ってたアンプも生きてました。

だけど隣人から「うるさい!!」と
言われそうでコソコソ弾いて楽しくない('A`)


なんとPCにギター繋いでアンプ代わりに弾ける
という情報をゲット。

ギター→オーディオインターフェイス→PC

φ(゚Д゚ )フムフム…
USBオーディオインターフェースなんて物もあるのか。

OEM
700円
powered by yasuikamo



700円!?!? やっす。

だけどレビュー読んでたら「おもちゃ」って
書かれていたからこれはダメかな。
何よりノイズが酷いのは欠点すぎる。
説明書も英語だしなぁ・・・。

値段は1万ぐらいから・・・。


FOCUSRITE
9970円
powered by yasuikamo


BEHRINGER
8726円
powered by yasuikamo
 
   
Posted at 01:45 / 日常 / この記事のURL
なんとまぁ。 / 2015年03月28日(土)

全然更新してなかった・・・。
本当に忙しくてねぇ。

・個人的に仕事をいただきました。
 …飲食店のサイト作成を任せられました。
 実はサイト作成は全然知識もなかったので
 手さぐり状態で作ったんですけど喜んでもらえました。

 最近はイラレの導入などをしてもっと素敵なサイトを
 作れるように努力しております。


・引っ越しすることになりました。
 …ずっと引越し先を彼氏とさがしていたのですが
 引っ越したい地域の平均家賃が凄く高くて
 ですが、患者様の中にアパート経営をしている方がいらして
 ポロッと引越しをしたいことを言ったら破格で貸してくれるとのこと。
 お言葉に甘えて市営住宅があたるまでの間、お借りすることに。

 なので片付けが大変です・・・。




って感じで少し環境が変わります。

4月15日ぐらいからは新居での生活が始まります。
仕事のほうも中々に忙しくなってきたので
自分のやりたいことに時間がとれずイライラしそう

今でさえ時間が足りないと感じるほどですwww
 
   
Posted at 20:40 / 日常 / この記事のURL
広告
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!