俺の虫歯がこんなに可愛いわけがない

July 14 [Thu], 2016, 23:43
よく耳にするようになったインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トは、どんな治療かというと、プラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。


旧来の入れ歯とくらべた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。


それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法事です。


いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。
「インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トって差し歯とは何がちがうの?」という質問はよく訊かれます。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。


なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。一方、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トは原理が全く異なります。
これは、インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術がおこなわれます。自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても施術が可能なのがインプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)トの特質という事になってます。インプラン(何事も当初の計画通りにはいかないことが多いでしょう)ト治療はまあまあの技術を要するので、失敗のリスクをゼロにすることはできません。治療が失敗すると、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症(原因としては、ウイルスや細菌への感染、外傷や火傷、アレルギー反応などが考えられます)によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯介
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる