須磨海岸を管理する神戸市によると、同海岸のごみの

July 14 [Mon], 2014, 16:52

 須磨海岸を管理する神戸市によると、同海岸のごみの量は年々減少している。平成25年度の海水浴期間中に回収されたごみは40トンと約10年前の約2割にまで減った。グッチ iPhone ケース地元住民らの清掃活動や持ち帰りの啓発、指定場所以外での喫煙違反者への過料徴収など、市が打ち出す海岸の健全化施策が影響しているとみられる。

 それなのに、クリーン化が進む須磨の海からごみがなくならないのはなぜか。エルメス携帯ケース

 「大阪湾の表面を漂う生活ごみなどが、須磨海岸に流れ込んでいると考えられます」と吉田園長は話す。

 大阪湾には、淀川や大和川、武庫川など関西の都心部を流れる多くの川が注いでいる。iphone ケース ブランドその川に紛れ込んだポリ袋やたばこの吸い殻、ペットボトルなどの生活ごみや木くずが、流れとともにやがて湾内に漂着。それが、海面を帯状に漂い、強い南風が吹くと、一気に須磨海岸に流れ込んで来ると考えられるのだという。iphone 4G カバー

 実際、イルカを開放できなかった昨季の3日間は、強い南風が吹いたことで大量のごみが海岸に押し寄せた。この間、1日で回収した漂着ごみは約100袋。エルメス携帯ケースイルカトレーナーの1人は「イルカのエリアを網で仕切っていてもごみが飛んできたり、高波で越えてきたりする。掃除に明け暮れる日もあった」と振り返る。iPhone 5ケース

 同水族園では、昨年のプロジェクトの期間中、毎日イルカの見学者らを対象に無料の環境学習会も開いた。「ごみを捨てないで」とのメッセージを発信し、環境問題について考える機会を提供した。シリコンケースまた、海岸にごみ箱を設置したところ、自主的にごみ拾いをする利用客が多く見られるなどの効果があったという。

 「大阪湾にはスナメリも生息し、明石の海にはイルカも入ってくる。iphone シリコンケース一方で、クジラがごみを食べて死ぬケースもある。皆さんに見えない遠くの海にもごみがないようになってほしい。シリコンケース自宅の近くに捨てたごみでも、いずれ須磨の海岸にたどり着く。そんなことをプロジェクトを通じて気づいてほしいのです」と吉田園長は力を込める。アイフォン5 カバー

 イルカを思う気持ちを、海を思う気持ちへとつなげられるか−。2年目のために尽くす人に」 山形「正論」友の会で曽野綾子さん講演
産経新聞 7月13日(日)7時55分配信
 「山形『正論』友の会」の第8回講演会が12日、山形市の山形ビッグウイングで開かれ、作家の曽野綾子さんが「世界の中の日本」と題して講演し、約400人が熱心に耳を傾けた。iphone 5cケース

 アフリカなど世界のさまざまな地域を訪れてきた曽野さんは「日本人は資格や規則に縛られるが、非常時には規則違反をしてでも生き延びる力が必要だ」と指摘。さらに「どんなひどい国でも国家のない国はない。シャネル 携帯ケース国家と国旗に敬意を払うことを子供たちに教えねばならない」と強調した。

 また、世界には警察官が泥棒の手引きをしている国があるとして、「日本は世界一の国。iphone caseどんな人も水を飲める。泥棒も少ないし、警察官の汚職もほとんどない」としながら、「日本と同じように世界を考えてはいけない」と説いた。エルメス携帯ケース

 世界にいまだ残る人種差別について、「差別を一刻も早くなくして世界中の人材を生かすようにしなければらない」として、「日本人は頭が良くて誠実で働き者のすばらしい民族だ。才能やお金、技術を途上国に渡してほしい」と訴えた。iphone シリコンケース

 質疑応答では、曽野さんが失明の危機などを乗り越えて執筆やボランティアに取り組むパワーの源についての質問があり、「仕事はどんなものでも命を懸けなければならない。死ぬまで働いて、ぼろぼろになるまで使われて死んでほしい」と聴衆に呼びかけた。ケース コピまた、中国や韓国の日本をおとしめるプロパガンダについての問いには「私はほっとく主義。多くの外国人に日本に来てもらい、見てもらえばいい。グッチ iPhone5s ケースそんなところにかまっているよりも日本人の若者たちにきちっとした教育をして、人のために尽くす人間をつくることが大事だ」と答えた。

 聞き終えた仙台市泉区の会社員、三本菅(さんぼんすげ)篤史さん(28)は「世界を見る視点が勉強になった」、山形市の主婦(66)は「グローバルな考え方がすばらしい」、福島県会津若松市の自営業、山寺勝栄(かつえい)さん(67)は「私も海外を回っているので、曽野さんの考えに共感できる」と話していた。ルイヴィトンiPhone 5c
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stweryde/index1_0.rdf