腰痛ベルト 

May 27 [Wed], 2009, 6:05
腰痛ベルトの良品を見つけた。 2段式になっていて骨盤と股関節の両方をサポートするタイプである。 病院から出されるコルセットと異なり、ズレにくい。 この品をもっと早くみつければよかったと思う。 いまでこそ先日記した腰痛緩消法で快方に向かっているが以前はコルセットが手放せなかった。 しかしそのコルセットも硬くて痛い、かつすぐずれてしまうので長時間装用できなかった。 多少高額かもしれないが医療費や痛みからくる不便を考えれば試す価値は十分あると思う。  

牽引治療器具 

May 26 [Tue], 2009, 2:42
家庭用牽引器具をみつけました。 牽引は腰痛に効いたが通院が諸事情で困難であったため早速購入。 これが手軽で重宝する。 ベルト形状の空気注入式牽引器具を腰に巻き付属のポンプで膨らませるだけである。 牽引の強さは自分で空気量を増減させて調節できる。 また軽量かつ手動であるため旅行や出張先にも携行に問題ない。 実際、自身は長距離フライトに乗る出張が多く渡航先で牽引がしたいと思ったことが何度もあるがこれで問題は解決する。 ちなみに今回私が購入したのはこちらです。 


禁煙 

May 22 [Fri], 2009, 21:57
思い出してみると禁煙してからまる1年がたった。 20数年間喫煙してきて、何度も禁煙を試みたが失敗。 何とか最初の数日我慢しても禁断症状が襲ってきて挫折した。 色んなグッズも使った。 ニコチンパッチ、ガム、も何度も使ったが節煙には役立ったが禁煙の決定打とはならなかった。 ある情報商材を試してみた。 確かこれだったと思う狂速のパーフェクト禁煙法。 ストレスの原因を取り除くことが肝となるこの手法は大いに賛同できた。 なお、喫煙していた際は喫煙がストレス解消手段と思っていたが、禁煙できた今、喫煙こそがストレスフルな行為であったと断言できる。なぜならば、いつ、どこで、吸おうかということを考えなくて済むためである。 また、吸ってはいけない場所に長時間置かれることによるストレスも苦痛である。 私は、喫煙していた当時は欧米によく出張に行っていたが長時間のフライト、終日取引先とのミーティング、という場合がままあり終始禁煙をしいられたことは実に辛かった。いまはそれはない。全くない。 いろいろと禁煙のメリットはあるが「ストレス要因の除去」が私にとっては最大のメリットであったと思う。
P R