資格を持って有利な転職を:エントリーシートの書き方や面接の受け方を鵜呑みにするな
2011.11.13 [Sun] 06:25


TOEICの試験情報。
英語によるコミュニケーション能力を正確に測定する試験。

世界主要因で共通して実施する英語試験と言える。
海外派遣社員を選抜する目安にする企業も多く、990〜750点以上のスコアなら、海外勤務の可能がある。
TOEIC +α専門知識があると、海外取り引きのある会社や外資系企業から優遇される可能性が高い。
また、社内的名ポジションも高評価が期待できる。
また、ハイスコアをゲットすると、バイリンガルとして評価される可能性があり、またステータスとしても世界共通の評価が受けられる。
海外出張で最低650点、海外駐在では750点は必要といわれる。
一般的に、スコアを100点アップさせるのに、平均200時間かかるとされる。
djミキサー
リフォーマー & シューフィッターの資格情報


エントリーシートの書き方や面接の受け方を鵜呑みにするな。
エントリーシートの書き方の解説本を読むと「こんなこと書けないな」と思えるような文章が模範解答として載っている。

何かの体験を説明し、そこから法則性を導きだし、ある教訓を得たと書けというレクチャーされている。
しかし、20歳くらいでそんなことを感じ、結論づけることは無理。
「コンビニで毎日、顧客と接していて、消費者の行動パターンがよく理解できた」としたら、世の中はマーケティングのプロばかりになってしまう。
普段使わないような言葉は借り物であって、自分の考えや意見ではないと見抜かれる。
もっと内面的なもの、中身のある人間が求められる。

そのために自己分析というか、自分を見つめなおし考えることが重要、答えをあらかじめ用意する必要はない、自分の魅力をアピールすることが一つ二つあれば、企業はこの学生を採ってみょうかと思う。
ある学生はウインド・サーフィンをしていたので、顔は真っ黒けである。
普通なら大企業は採ってくれないが、彼はそれを逆手にとった。
エントリーシートにはあえてウインド・サーフィンのことを書いた。

小馬鹿にしながら質問してくる人事担当者に対して、ウインド・サーフィンがいかに激しいスポーツであり、体が鍛えられ、瞬間の判断力が養われたか述べる。
更に「一つのことにこれだけ打ち込んできた者は、企業に入ったら何でも打ち込んででき、成果もあげられます」と答える、これで合格である。
料理教室 世田谷

 

海外で活躍する資格を手にして日本脱出 & 人材パンクや派遣会社は都合よく活用する
2011.11.13 [Sun] 06:21


海外で活躍する、資格を手にして日本脱出するのもあり。
特に英語を中心とした語学の資格をもっている場合、専門職として海外で活躍できる可能性も高い。

今後、ますます国際化が進むにつれて、インテリジェントな資格ってことでは日本語教師とか、英文速記者などは面白い。
海外での日本熱が高まっているなかでは、日本語教師は注目される資格と言える。
日本語教師は、国家資格ではないが、よりよい労働条件のところに就職するには、日本国際教育協会が実施する日本語教育能力検定試験にパスしておくのがおススメ。
特に韓国、オーストラリア、ニュージーランドでは、日本語教師が不足するので、そのようなところで歓迎される可能性がある。

他には、間違いなく海外で働くことができる「手に職」系の資格は、英文速記者といわる。
英文速記ができれば秘書、新聞記者、会議の書記等の、ビジネスチャンスは広がる一方である。
そのためには英文速記検定( 4つのグレードに分かれる) に合格する必要がある。
これは、アメリカのグレッグ式という速記記号を覚えなければいけないため、独学では難しい。
効率よく学習するためには、試験を主催する中央アカデミーのスクール(東京に1校在る)1年間くらい通って勉強をするのがよい。

それ以外にも、宝石の鑑別や鑑定やあるいは石のデザインなど宝石全般を扱うスペシャリストのジュエラーも国際的で魅力的な仕事と言える。
プロとして買いつけコンサルタントで成功すれば、月に数百万稼ぐことが可能。
ジュエラーになるには、アメリカのGIA の極東支部となっている日本宝石鑑定協会の実施する宝石鑑定士の資格をとるのがおススメ。
通常は、通信教育なら学習期間1〜2年、プラス決められた時間の実習に参加してからでないと資格は取れないと、結構ハードである。
しかし、世界的に通用するライセンスとなるので苦労する甲斐はある。
どこに行っても高い評価を受ける資格と言える。

これにプラスアルファで、語学が堪能であると更によい。
世界に飛び出して、仕事をする際の注意としては、まずは、なるべく日本人が経営する会社で、日本人相手に働くこと。
それは、言葉のこともあるが、やはり給与面の理由である。
現地企業の給料では、基本的に日本に帰って生活ができない、という理由である。
アロマ スクール 福岡


人材パンクや派遣会社は、都合よく活用するのがよい。
実力があれば、ある程度のわがままも聞いてくれるのが人材バンクや派遣会社である。

せっかく取得した資格はきちんと活用したいもの。
自分の理想に近い職場で働きたいって考えるのは当然である。
もし本当に実力がある人なら、自分の希望する仕事内容、給与、肩書き、休日、福利厚生など、まずはわがままを人材バンクや派遣会社にコンタクトをとって言ってみるのがよい。
転職派は人材バンクがおススメ。

人材パンクでは慢性的な入手不足となっている。
本当に経験があって実力自慢の人は、コンタクトをするのがよい。
人材バンクでは、本当にスペシャリストを欲しがっているものである。
退職がスムーズに行くために、間に入ってくれるところもある。
人材バンクへのコンタクトは、いたって簡単。
履歴書と職務経歴書を用意しておけばよい。
専門のカウンセラーがじっくりと相談にのってくれる。
転職先を斡旋してくれる仕組みが整っているプロにお任せするのが一番である。

お気軽派には派遣会社がおススメ。
気軽に資格を活用したい場合には、派遣会社に登録するのがよい。
基本的には、好きな時間だけ仕事ができる。
登録方法は人材バンクと同じ。
転職するよりも、気軽にできるのは人材バンクよりも、派遣会社の方である。
登録が済んでしまえば、あとは派遣会社からの電話を待つのみである。

登録の際に、いつから働けるか、という情報を伝えておけば、いろいろな会社を見て回れる可能性が高い。
このように会社を回ることで、今後の転職の際に参考になったりする。
派遣の場合、わずらわしい人間関係もさらっとこなせることが多い。
しかも、派遣先で知り合いを作っておけば、今後の人脈としても魅力的となる。
社会で活躍するためには、人脈が無いとだめと言われるので、将来、独立を考えている人も含めて「まずは、派遣で人脈をつくる」と割り切ってしまうのも、ありかと思われる。
webデザイン illustrator
【インテリア関連】 インテリアコーディネーター と ライフスタイルプランナー

 

資格で有利な転職を:面接担当者を自分のフィールドに入れ、魅力と可能性をアピールする
2011.11.13 [Sun] 06:20


少子化でも伸びる住宅関連企業。
シンクタンクのレポートはあてにならない。
一般的な50〜60歳代の人はマイホームを持っていて、その子供の世代は子供の数が多くは2人もしくは一人っ子。
すると、20歳代の人が結婚すると、男女両方の親がマイホームを持っている場合が多い、つまり子供はどちらかの家を引き継くことができる。
これにより、ハウジング・メーカーへの住宅建設注文は減る、少子化ということもあるので、業界の未来は暗いというのが一般的な見方となる。
シンクタンクというのは数字だけを計算していて、こうした心の問題はわからず、あてにならない場合が多い。
しかし、結婚しても今の若いカップルはすぐには両親と同居したりしないのが普通。
両親の片方が亡くなったり、体がきかなくなってから同居するというのが一般的となる。
同居の場合、部屋の拡大化というニーズも生まれる、更に戸建てもマンションも30年くらいしかもたないのが一般的なので、引き継いだ家も古くなれば立て替え需要が発生する。
つまり、一人っ子や子供2人という家族が増えても業界が心配することではない。
他にもニーズはある。
一つは、日本の家が高価なこと。
一般的にはトータルコストが3000万円は越える。
アメリカと比較すると、土地と家で1000万円で買える場合が多い。

詳しく調べてみると、日本の家造りのプロセスに問題がある。
非効率な作業が多く、ここを直せば価格は半分くらいになるという部分が沢山見つかる。
このようなところから顧客のニーズに対応をする会社は、少子化でもどんなときでも業績を伸ばせる。
資格 スクールカウンセラー


面接担当者を自分のフィールドに入れ、魅力と可能性をアピールする。
経験者はその経験から自分のスキルや戦力としての力をアピールできる。
一方、学生が就職したい企業の面接を受ける場合、学生は自身の可能性を示すことが重要、その人間性や思考の柔軟性などでアピールする。
有能なセールスマンは商品を売らずに自分を売るというのと同じ。
自分の魅力をわかってもらえれば、商品はいくらでも売れる、逆に商品を必死になって売ろうとする者は、売るのに苦労する。
今の面接マニュアルは自分を売ることではなく、商品を一生懸命売るテクニックを教えようとするのが良くない。
就職にマニュアルはない、特に学生の場合は、テクニックやマニュアルではなく、予想される質問に対して、頭をフルに使って、自分はどう答えるかを考えないといけない。
自分の言葉で素の自分の魅力を売ることが必要、様々な本を読み、観察し、人の話を聞き、考える習慣をつけることである。
こうしたことを繰り返すと、嫌でも、いつも問題意識を持って考えるようになり、意見、提案もだんだん、よいものになってくる。

こうした努力を重ねるほうがよほど面接に受かるよい対策であると思う。
資格 チャイルドカウンセラー(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/tsushin/b-K020015/s-K030124-1/)
転職はスカウ卜されてする以外は準備が必要 & 時代の役割を終えた会社

 

資格を取って転職:TOIECの現実:外資企業にはハイスコアは必須、しかしそれ以上に会話力を要求される
2011.11.13 [Sun] 06:17


TOIECの現実:外資企業にはハイスコアは必須、しかしそれ以上に会話力を要求される。
650点だって落ちるときは落ちる。

外資系企業ではTOEICのハイスコアは必須である。
外資系企業では、ネイティブスピーカーによる面談を実施するところも多い。
TOEICがは参考にするというものの、実用性のある会話が必要な場合が多い。
スコアをアップするだけではなく、外国人と積極的にコミュニケーションをすることで、英語による会話力を磨くことが大切。
そのようなスキルが無いと、面接の際に、しどろもどろになる恐れが高い。
効率的な勉強としては、英会話学校に入り会話力をみがくこと。
また、逆に日本語が苦手な帰国子女も、就職では苦戦することが多い。
派遣でも英語を生かせる仕事をしたいのなら、TOEICは必須。
バイリンガルセクレタリーは800〜850点、英文クラークは650〜750点といわれる。
予約 cgi フリー
資格をもって有利な転職:求められる人材もグローバル化


TOEIC。
英語によるコミュニケーション能力を点数で評価する試験で、(財) 国際ビジオ、スコミュニケーション協会TOEIC運営委員会が実施する。
複雑な文法知識というよりは、英語のリスニング力や適切な応答ができるかどうかが重視されるのが大きな特微となっている。

企業や官庁などで英語レベルを把慢するために団体受験するケースが増えている。
企業の海外出張には最低600点、海外駐在には800点が目安とされて言われる。
webデザイン 埼玉

 

DTPエキスパート & POP広告クリエーター の資格
2011.11.13 [Sun] 06:10


DTPエキスパート。
DTPはディスクトップ・パブリッシンクの略。
編集、レイアウト、写植、製版などコンピュータによる印刷の技術を身につけた専門家をDTPエキスパートと呼ぶ。
出版業界ではMacなどを使用したDTPが主流。
雑誌や単行本、ポスターなど印刷物の大半はDTPの技術に頼っているような状態。
在宅フリーで仕事を受ける人が多く、月に100ページの誌面を担当して月100万円の収入の人も居る。
年収500万円以上が一般的、印刷会社では資格手当を出するところもある。
合格率は60%以上であるが、スクール通いが合格への早道と言われる。
資格取得後は出版社や印刷会社、編集プロダクションなどでDTPオペレータとして働くことになる。
派遣会社でもつねに有資格者の求人募集が出ているほどニーズがある。

まず第一にコンピュータにある程度なれている人が適任、パソコンは苦手とか、あまりに機械オンチな人は無理。
また、フォトショップやイラストレーター、クオーク等の、DTPに不可欠なソフトを使いこなせるのは大前提。
あとは、1日中座りっぱなしの職業であることにも注意。
メディカルスクール


ポスター、チラシの作成はお任せ、POP広告クリエーター。
POP広告とは、店舗などの店頭にあるポスターやチラシの総称。
POP広告クリエー ター の仕事は、広告の文字やカット、イラストなどを、おしゃれなポスターやチラシとして書くことが中心で、公開経営指導協会が行う公的資格となる。
コピーを考える力やレタリング能力、レイアウト等のスキルが重要。
更には、消費者の心理を理解し、販売促進に関する幅広い知識まで要求される専門職といわれ、今後ますます需要が見込める仕事となる。

・受験資格:実務経験ー年以上(3級)。
・合格率:約75(3級)、10%(4級)。
・受験料:4200円〜。

試験は、より一層クリエイティブな要素が多い。
レタリングなどの技術だけでなく、キャッチコピーなどを自ら創作する要素の比重が大きい、実践力を求められる資格と言える。
試験は、学科試験と実技試験の二つがある。
学科試験は、pop広告全般に対する幅広い知識が要求される。
販売促進一般、pop広告の種類と役割、作成の知識一般、用具や用紙に関する知識、広告の展示方法等のスキルが求められる。

実技試験では、POP広告の作成技術の試験。
角ゴシックと丸ゴシックの漢字、数字、ひらがな、カタカ、アルファベットの作成、装飾文字、プライスカード作成、さらにポスター的な広告の作成などが必要。
POP広告のプロとして働くだけではなく、副収入を稼ぎたい人にも適する。
パソコンスクール 大宮(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/kouza/list/pref-13-category-G020004-capsule-G100031-along-2720/page-1/)
TOEICテストの資格 & 人材派遣会社と上手に付き合う、転職は甘くないと覚悟する