情報セキュリティアドミニストレータ & BATIC(国際会計検定)の資格情報

November 19 [Sat], 2011, 17:49

情報セキュリティアドミニストレータの資格について。

◆資格について。
情報処理技術者試験の一つとして、企業や団体における'情報セキュリティ管理の責任者に必要な知識・技術を認定する資格である。
情報ネットワークの普及により、高度に情報の共有や、情報交換の高速化が実現する。
一方で、不正なアクセスからの機密む情報の流出や、膨大な情報の漏洩等の深刻な被害が発生する。
セキュリテイに関する専門的な知識と技術を持った人材が必要とされている。
企業や団体のセキュリティ部門で活躍することを主に想定する。
規模の大小に関わらず、基本的には全ての企業で必要とされる知識であるので、資格を取得することで、転職や就職に有利と言われ、キャリアアップにつなげるのを目的としての取得者が多い。
しかし、実際には合格率が15%未満という難関な資格なので、セキュリティの実務経験を詰みながらの勉強が必要。



◆適正について。
情報セキュリティ管理者の業務としては以下のように多岐にわたる。
・情報の流出を未然に防ぐこと。
・不正な侵入があれは即座に対処すること。
・業務環境や運用段階での情報漏洩対策を行うこと。
業務での作業は、緻密な調査と研究が主となるために、地道に作業をこなしていく恨気が必要とされる。

◆収入と将来性について。
個人情報保護法が施行された以降、企業や団体の情報管理に対する責任が重要味を増する。
今後も、情報セキュリティ管理の技術と知識は、必要不可欠となっていくが、まだまだ人材的には不足するといえる。
どの企業も人材の育成や獲得に注力する現状で、資格取得者を援助する企業も多い。
資格を取得することによる、ポストの確保、転職の優位性は期待できる。
建築の転職に向けて(キャリアアップ)


BATIC(国際会計検定)の資格情報。

◆資格の内容。
日本と外国両方の会計ルールに精通し、医|際ビジネスを円滑に進めて活躍するための資格がBATICである。
外国との取引を既に行っている企業や、検討する企業の財務・経理関係の仕事をする人には必至の検定といえる。
金融市場の自由化やインターネットの普及で、外国との企業間取引が活発な現代で、日本では外国と会計ルールが異なることでの混乱が生じるケースが増えている。
企業では英文による財務諸表や連結決算などの必要性は高まっている、海外に支社を持つ企業、外資系企業など活躍の場は豊富であるため今後も有望な資格といえる。


◆資格取得に必要なこと。
簿記会計の知識と英語カが求められる。
しかし実際には使用する単語、英文は限られているため、専門分野の語学力をマスターすれば問題ない。

◆収入と将来性。
TOEICテストと同様にBATICはスコアで評価される。
高スコアなほど、就職や転職に有利であり、企業内では昇給やステップアップにもつながる資格と言える。
犯罪心理学を通信講座でも学べます
(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/tsushin/b-K020015/s-K030190-1/)

資格で有利な転職を:面接担当者を自分のフィールドに入れ、魅力と可能性をアピールする

初級システムアドミニストレータ、 証券アナリストの資格情報

November 19 [Sat], 2011, 17:46

初級システムアドミニストレータの資格。

◆資格について。
情報処理技術者試験は14分野あるコンピュータの国家資格である。
システムアドミニストレータは、エンドユーザーの立場での情報処理システムやコンビュータの一般知識や技術を問う資格となっている。
システムアドミニストレータの試験には初級と上級がある。
初級については、1年程度の情報処理システムに関する実務を経験、更にエンドユーザーコンピューテイング環境とツールの利用方法に関する技術の試験となる。
更に実務経験を積み、初級のリーダー的存在としてのスキルが上級システムアドミニストレータ相当のレベルとなる。

◆取得までの方法について。
情報処理については沢山出回っている問題集やガイドブックを参考にするとよい、独学でも取得しやすい資格となっている。
また専門学校が実施する試験対策用のセミナーや模擬試験を活用するのもおススメである。

◆適正について。
高度で専門的な知識や技術を特に必要とする資格ではないため、コンビュータ全般に関する知識を深めたい人や、これからコンビュータを使った職業につきたいという人の受験が望ましい。
その後の経験次第では、システムアナリストやシステム監査技術者などへのスキルアップに通じる資格となっている。

◆活躍の場について。
オフィスにパソコンが導入され利用者の立場で情報化を推進したり、システムを効率的に運用する人材が重要になってきているため、システムアドミニストレータは注目の国家試験となっている。
転職や独立を目指す人というよりも、職場でコンピュータを扱う人にとって魅力ある試験の一つだと言える。

◆収入と将来性について。

資格取得が高収入に直結はしない。
就職や転職時のアピールポイントとして利用したい。
web cgのお稽古
(http://kirei.biglobe.ne.jp/school/kouza/list/pref-13-category-G020008-capsule-G100417/page-1/)

DTPエキスパート & POP広告クリエーター の資格


証券アナリストの資格情報。


◆仕事について。
証券アナリストとは、証券投資の分野において活躍するプロフェッショナルの仕事となる。
・職業倫理を備えていること。
・高度の専門知識と分析技術を応用できること。
・各種情報の分析と投資価値の評価を行えること。
・投資助言や投資管理サービスを提供できること。
が要求される能力となる、もちろん資格がなくても業務そのものは可能であるが、社会的信用の点で、金融・証券・財務関係のキャリアには必須となっている。
試験は、日本証券アナリスト協会の通信教育講座の受講を修了した人が対象となるので注意。

◆取得までの方法。
証券アナリストの通信講座を受講し修了後の検定試験に合格することが条件。
・第1次レベルの講座と試験について。
3つの科目別に実施され、全科目合格すれば、上級コースの第2次レベルに進むことができる。
・第2次レベルについて。
証券分析に必要な高度の専門知識とその実務的応用力を身につけているかの試験となる。
更に証券アナリストに要求される職業倫理を身につけるていることも必要。
第2次試験の合格者で、3 年以上の証券分析業務の実務経験があれば、検定会員となる資格を得られる。

◆活躍の場について。
活躍の場は証券会社、銀行、信託銀行、保険会社などの金融業界が中心となる。
また最近では一般企業の財務やIR部門まで広がっている。
証券市場は、金融制度の自由化や市場の国際化、多角化によりますます複雑な状況となっている、その中で膨大な情報をコンビュータに入力し、分析を行う業務となる。

◆受験勉強のコツ。
第1次レベル講座は以下の3科目。
・証券分析とポートフォリオ・マネージメント。
・財務分析。
・経済。
第2次レベルは、上記3 科目のほかに「職業倫理・行為基準」の計4 科目で構成される。
「職業倫理・行為基準」は他の3 科目以上に証券アナリストが身につけるべき重要な分野であるために、学習のウエートか高くなっている。
教材である通信テキストをよく読みこんだ上、練習問題で実践力を養うのがよい。
長崎で転職したいあなたに。

速記技能検定 & 中小企業診断士の資格

November 19 [Sat], 2011, 17:44

速記技能検定の資格。

◆仕事の内容について。
速記の仕事とは、現場で人の話を速記(速記用の簡略記号で文字を記載する)しておき、後日反訳(速記用記号から普通の文字に直す)すること。
また、録音テープを聞きながらパソコンなどでテープの内容を入力することもある。


◆活躍の場について。
一般的には速記事務所に就職して、主に国会、地方議会、学会、政党の大会など、発言を記録として残さないといけない大事な集会での活躍となる。
そして新聞社や雑誌社、一般企業からの仕事を受けるての作業となる。
独立してフリーとして仕事を受けることができれば、こなした量が多いだけ収入がもらえる。

◆適正について。
人の話を黙って速記していく地味な仕事の部類になる、そのため根気が必要。
更に、その分野それぞれの専門用語が多く出てくるので、豊富でかつ深い知識も必要。
普段から、新聞や雑誌などで情報や知識を吸収する等の努力が必要。

◆取得のほうほうについて。
学習は通信教育などで行うのが主となる。
働いている人や子育て中の人でも取得が可能。
会議や講演などの速記をする場合は、2〜1級(速記士証が交付される)取得が必要となっている。
資格 建築


中小企業診断士の資格。

◆仕事の内容。
日本の99%と言われる中小企業において、現状をふまえた企業の成長戦略のアドバイスを行うのが主な仕事となる。
経営コンサルタントとしては、唯一の国家資格となる。
経営全般について学ぶことができるので、企業内のキャリアアップにも役に立つため、女性診断士も増えてきている。

◆適正について。
基本的には、経営に興味がある人が向いている。
日本経済新聞などに普段から目を通す習慣があって、新しい情報を貪欲に吸収するような人が好ましい。
経済・経営に関する基礎知識だけでは無く、業界の動向や先端の事例など、幅広い知識が必要。
また、コンサルティングの業務は、基本的には経営者と対等に話し合いやアドバイスをする立場にあるため、冷静さや分析力の鋭さ、判断力の的確さ、が求められる。

◆活躍の場について。
経営コンサルティングとして、独立開業する方向がメインとなる。
他にも、自治体や公共団体の中小企業支援部門や民間コンサルテイング会社に勤務することも多い。
他にも、ビジネス関連の学校や、企業研修、セミナーの講師という道もある。
また企業内でこの資格を所有することで、実務で活用できたり、キャリアアップの武器にもなるので管理職を目指す人は取得しておいた方が好ましい。

◆収入と将来性について。
この資格は需要が高いために、将来の見通しは高いといえる。
中小企業診断士は、ビジネス関係の資格の中では難関となるので、資格のグレードは高い。
しかし取得しただけでなく、働いて実績を付けてからが強みとなる。
そのためにも、まずはコンサルティング会社などに勤務して経験を積むことが大切。
その間に、独立開業の準備をするのがよい。
資格自体は総合的なものであるため、流通、金融、店舗経営でも強力な武器となる。
また資格取得後も、セミナーなどに積極的に参加して、新しい情報をキャッチするような積極性が欲しい。

◆受験勉強のコツ。
幅広い知識が要求される資格と言える。
しかし記憶した知識がそのまま出題されるタイプの試験ではない。

広い意味での応用力や考える知識が要求される。
知識を身に付けながら、問題を数多く解き、的確な解答ができるように訓練が必要。
試験は総得点の40 %未満の科目が一つでもあると不合格になる。
一方で、60%以上の科目については、翌年度と翌々年度の試験では免除されるというメリットがある。
群馬で転職先を探す(http://career.biglobe.ne.jp/tenshoku/type/job_0100/area_10_1/)
【インテリア関連】 インテリアコーディネーター と ライフスタイルプランナー

CBS(国際秘書)検定試験 & 情報処理技術者試験の資格

November 19 [Sat], 2011, 17:42

CBS(国際秘書)検定試験について。


◆仕事の内容。
主に外資系企業において、来客の応対や書類作成、上司のサポート役など作業を行う。
日本語と英語の2か国語を自由に使いこなして業務を行いつつ、異なる国の上司にも、日本文化の橋渡し役として、文化、習慣などを正しく理解して伝えられることも必要。

◆適正について。
一般的な秘書としての適正、つまり明るく、人付き合いが上手な人で、さらに柔軟性があり、情報収集・分析能力、チャレンジ精神のある人が向いている。
もちろん、正確な言葉遣いや表現ができることも大切。

◆収入と将来性。
国際化の中で、企業間の取引や情報交換が重要性を増する背景があり資格取得者の需要はますます増えると予想される。
特に、外資系企業では能力次第で確実にステップアップでき、高収入や海外で活躍の期待が高い資格といえる。

◆取得までの方法。
合格率は20%前後という難関の試験である。
pcスクール


情報処理技術者試験の資格。


◆資格について。
コンビュータのシステム情報処理技術者の育成を目的とした経済産業大臣認定の国家試験となる。
ここで言う「情報処理技術者」とはコンビュータに関する仕事に携わる総称である。
試験の内容は5類型14区分に分かれている。
・「基本情報技術者試験」は情報技術の基本を問う試験として。
・「ソフトウェア開発技術者試験」はプログラム設計などの高度な内容を問う試験として。
実施されている。
従事したい仕事と自分の実力別に試験を選択するのがよいが、各試験の水準は高い。

◆適正について。
コンビュータに関心があり、仕事に活かしたいという意欲がある人向け。
理系である・ないは特に関係なく、誰でも試験に合格することが可能です。
驚くほどの速さで進歩するコンピュータ技術について、常に新しい情報と技術の取り込みを心がけているような人に向いている。

◆収入と将来性について。
企業にては、資格取得者に手当てを与えることが多い、また社員の受験を到肋するために報奨金の制度を採用する会社もある。
この資格は、コンピュータシステムの深い知識や技術の証明となるので、社内での評価が良くなるだけでなく、転職の際にも有利になる可能性がある。
さらに、ソフトウェア開発技術者以上の試験に合格することで独立も可能となり、情報処理コンサルタントとしての道も開く。

◆受験勉強のコツについて。
基本的には、過去の問題や最新の技術動向を分析することになる。
応用問題として読解力を養うことも大切である。
アルバイト 医療(http://career.biglobe.ne.jp/tenshoku/type/emp_03/job_1000_1/)
資格で有利な転職:20〜30年後、一流大企業なら安泰とは限らない

DCプランナー(企業年金総合プランナー)の資格 & アクテュアリーの資格

November 19 [Sat], 2011, 17:39

DCプランナー(企業年金総合プランナー)の資格について。

◆仕事について。
DC(確定拠出年金)にて、適切な情報提供や資産運用のプランニング・アドバイスをするのが主な仕事となる。
運用のアドバイスをすることにより、将来受け取る年金や一時金の給付額を安定的に運用してもらうのが主な目的となる。
2001年から始まったDCが登場した制度で、年金加入者自身が毎月の運用する額を決める形をとっている。
拠出金を預貯金や投資信託、保険などの金融商品での運用となる。


◆活躍の場について。
主な職場としては、生損保会社や、銀行・証券会社などの金融機関となる。
他にも企業の人事・労務部門などDC を扱う職場でも生かせる資格と言える。

◆取得の方法について。
学習方法はさまざまある。
通信講座、公開講座、問題集などの学習教材を使っての学習が主になる。
2級は顧客や社員からの一般的な問い合わせに答えられるレベル、1級は講習会などの講師・コンサルティングができるレベルとなる。
メーク 教室


アクテュアリーの資格について。


◆仕事の内容。
保険や年金の掛金、配当金などを算定する人をアクチュアリー(ACTUARY) と呼ぶ。
つまり、保険加入者が払っている保険や年金の掛金は、アクチュアリーが算出した数値となる。
他にも保険会社などでま庁商品の開発などの仕事もします。

◆活躍の場について。
実際の職場は、保険会社や信託銀行、各省庁となる。
特に保険会社において、保険計理人はアクチュアリーの有資格者から選ばれえることが保険業法にて定められている。
また、アクチュアリー会の正会員になると、手当てを支給する企業カが増えるという利点もある。

◆取得の方法について。
試験は1次と2次がある。
まず、1次の全科目に合格することで、アクチュアリー会の準会員になれる。
次の、2次試験については、生保、損保、年金のいずれかが選択科目となる。
合格後に所定の研修を受講することで、アクチュアリー会正会員となる。
色彩心理学:http://kirei.biglobe.ne.jp/school/kouza/list/pref-14-category-G020027-capsule-G100265/page-1/
【インテリア関連】 インテリアコーディネーター と ライフスタイルプランナー

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キャリアあっぷる
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる