ムスコ、インフルエンザにかかる。 

2007年02月10日(土) 20時14分
14:00 保育園から、電話がかかってきた。
熱が38.5度でているそうなので、迎えに来て欲しいと。
ムスコが。

保育園では、インフルエンザが流行っているとのことで、
先生が敏感になって「ぜったい調べてもらってきてください」

病院で、鼻に綿棒をつっこまれ、「ふがふがふがーー」とムスコ
顔がおもしろい。熱があっても、割と元気。
15分後に「インフルエンザだったね〜A型だよ」

薬の説明のとき、
「タミフルは気になるようなら、任意でのんで。」
「いつもと違う行動をしたら、すぐに来てね。」

ハハ「いつもと違うって、、、どういうことです?」

「いつもと違う行動をしたらってこと。
タミフルはそういう副作用があるといわれているから」

そんな説明をされると気になって仕方がない。
帰るなりさっそくHPで検索。うーんよくわからない。

とにかく、ムスコの熱があがる。
21:00には、40度に達した。

ムスコ、インフルエンザにかかる2。 

2007年02月09日(金) 21時14分
ムスコは赤ちゃんのときから、風邪ひきっ子で、
40度の熱がでたことが、数回ある。
インフルエンザは去年もかかっている。

しかし、今回のムスコは、本当に焦った。
半目をあけ、何か言っていて、うなされてるように思える。
眠ったかな?と思うと、身体をピクッとし目をあける。
私の手をにぎり、話すと、弱い声で泣く。

これも、タミフルの副作用なのか、40.6度の熱のせいなのか。
先生の言っていた「いつもと違う行動」なのだが。

つねに身体がピクッとするので、熱性けいれんを恐れ、
目を離す事ができずに、手をつなぐだけの一日を過ごした。

ムスメは少しでも隔離したいので、保育園に。
こういうとき、ひとりはつらい。
外にでるときは病気のムスコも一緒だから。

たまたまだが、離れて住んでいるじいちゃんの仕事先が近くなので、
朝早くきてもらい、 ムスメを保育園につれていってもらえた。

ただ、お迎えは、20分の距離をだっこで行った。帰りはさらに大量の荷物付き。
座薬をいれて38度まで下がったが、やはりぼーっとしているムスコ  。
ベビーカーで行こうとしたが、雨も降り始めだったので、あきらめた。
タクシーで行けばよかったと、早くから後悔。しかしすでに遅し。。

座薬をいれて熱が下がり、元気がでてきたのか、遊ぶムスコ
ハハも、ムスメも、家でマスクで過ごす。
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:studio-hand
読者になる
Yapme!一覧
読者になる