葉酸摂取

March 04 [Fri], 2016, 21:55
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
食べ物から摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居ます。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理のために加熱することで熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
胎児のための栄養を一番に考えている妊活中の女性にとって、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。
一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。
これらはカフェインが含有されていませんので、妊活中の女性にも胎児にとっても嬉しいお茶だという事ですね。
中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると報告されていますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
妊娠が分かった後にご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。
葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、妊娠中だけの摂取でも、もちろん大丈夫です。
一方で、葉酸は不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。
ですから赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
赤ちゃんを授かって専門家による栄養指導を学んだり、母親学級で指導された方も多いと思います。
こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。
一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。
または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。
食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が調理の際の加熱で失われやすいというリスクを理解し、摂取するようにしましょう。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。
しかし、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。
葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。
ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、葉酸以外の栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。
目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。
こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。
ですので妊娠を計画している女性は早めの摂取を心がけてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sttsthtrin0eal/index1_0.rdf