チャカチャカのなゆ

August 31 [Wed], 2016, 23:54
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラント治療を検討している方、大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も確実に増加していますので、調べるときは参考になるでしょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、段階が大きく3つに分かれます。第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。という流れは皆さん変わりません。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自前の歯と同じレベルの耐久性を保てると考えていいようです。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。
皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は地域や、歯科医によって大きく異なります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはまずないと考えてください。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないと考えてはいけません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医や衛生士の指導に従って、セルフケアは欠かさないようにしましょう。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる