日本料理から学べばさらに料理が上手になる!すぐに使える豆知識

April 30 [Sat], 2016, 13:57
浸し物を作るやり方に関しては人それぞれでしょう。
しかし、ベーシックな作り方についても知ってみて下さい。
醤油の他に味醂、さらに出汁と言った素材と和えていただくのが本来のレシピなのですが、他に手早く醤油につけるだけの簡素なバージョンというのもメジャーです。
胡瓜や大根で作った当座漬けは、毎食でも食卓へ出したい副菜でしょう。
浅づけの塩の量の目安は、素材を基準に2ないし3%を心がけましょう。
塩分だけで作るのも大丈夫ですが、昆布やショウガ、そしてトウガラシなども同時に漬ければ味わいと旨み成分が浸み込みます。
浅漬けを作ると塩の浸透圧の作用で野菜から水気が出るため、たくさんの野菜でもまとめて食べられるでしょう。
要は、それだけ野菜が持っている食物繊維やビタミンが吸収出来ると言う訳です。
塩分の摂取過多に配慮しながら、日々摂取しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Eito
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/strtshe7e1ngo3/index1_0.rdf