koko 

March 09 [Thu], 2006, 23:21
色とりどりのネオンが輝く、人で溢れる繁華街よりも
アンビエントな音楽が静かに流れる、お洒落な喫茶店よりも
今、この場所が好きだ。

ここには何もないけれど
ここには僕の望むすべてがあるような気がする。
むしろ
ここにあるすべてが
僕が望んでいるのを分かっていて
その上で存在している気がする。
そういう雰囲気が、ここにはある。

文字も、絵画も、雑誌も、笑顔も
嘘ばっかりだ。
言葉は唯一、真実味を持っていそうだけど
実は真実なんか何一つ含んでいない。
第一
僕は、言葉なんてこれっぽっちも望んでいない。


ここには、何もない。
だけど
ここには、真実がある。


僕は、ここにいたい。

いたいと言うのは、言葉ではなく、想い…。



Ballance 

February 05 [Sun], 2006, 3:11
真夜中の空気が好き。
昼間の青空も結構いいものだけど
やっぱり、匂いがいけない。

表現できない複雑な不協和音と
それが齎す化学物質の様な空気を吸ってると
あの青さもきっと、誰かが作った偽者なんだろうって
そんな気にもなるよ。

それに引き換え、真夜中はいい。
不必要な音は一切排除されて
僕が例えばアスファルトの上に立っているだけだとしても
その状況を楽しめる。
そして、空気だ。
この星の持つ自浄作用って物を、信じたくもなる。

「真夜中の空気」が好き。
「昼間の青空」も結構いいものだけど
やっぱり、「匂い」がいけない。

多面性だよね、実際。

line 

December 16 [Fri], 2005, 22:54
彼女は、忘れた頃に電話をしてくる。
名前は3回目の電話で聞いたような気がする。
出会いなど忘れた。

「会社をやめたい。」
「仕事が向いてないのかも知れない。」
「頭が痛い。」

暗い話題を、彼女は笑いながら一方的に話し続ける。

僕には言うことがなく
うん、うん…と、頷く事しかできない。

彼女は、浮気がやめられないそうだ。
年上の男の余裕のある様に惹かれているらしい。
また、彼女には彼氏がいるのだが
彼氏には僕や、他の電話相手に話すような話は
何もできないらしい。


彼女が何を求めてるのか、僕にはよくわからない。
「話したい人には、電話するの。」
と、彼女は言うが
僕と話したい理由など、僕には見当もつかない。

僕に何があるのか
僕には分からないが
周りはそれぞれ、何かを見出してくれているらしいという事を
僕は彼女との電話の中で
なんとなく知った。

僕は何も言えないが
彼女との電話は嫌いじゃない。

こういう関係も、なかなかいい。

寂しい 

November 28 [Mon], 2005, 21:16
スペースとっといて何も書かないのもあれなので…ちょっくら。

昨日、所用で新宿に行ってきた。
僕は当然いろいろと用があって行った訳だが
歌舞伎町の中程で行き違った二人組が
耳を疑う発言をしていた。

「なにしよっかー」と、、、


前にどこかで書いたような気もするが
僕は動機のない行動は嫌いだ。
目的の為に手段を講じる、もしくは習得するのは正しいと思うが
手段が目的になってしまうのはどうかと思うわけです。


僕が考えるに
東京には、実は何もない。
何でもあるように見えるその街は
実は言い換えれば何にもない街なのではないだろうか。

勘違いしないで欲しいのは
僕はただ単に東京が嫌いな訳じゃない。
田舎者のやっかみではない。
もしそうなら、東京は単純に憧れとして映り
東京へ行こうものなら、その経験を嬉々として語っているだろう。

東京では何も生まれないし、何も得られないから、嫌いだと言うことだ。
もちろん人によっては東京で何かを生み、得ている人もいるだろうが
そういう人はどこででも同じことができると思う。
東京に頼ってるようじゃだめだと言うことだ。
東京は根本的には何も変えてはくれない。
自分を変えるのは、自分の意識と、経験と、情報だ。
そして自分の明日を形作るのも、それらである。

堅い話でしたが
何かやろうって決めてから行動した方がいいよーと
そんな感じです。

はじめに 

November 26 [Sat], 2005, 0:27
陰陽の移り変わりが激しいので
「今が接点だ」と思う瞬間に、その衝動によって書き綴るエッセイ。

普通の日記はmixiで書いているけれど
人間、生きてると
とてもそちらじゃ書けないような事もいろいろあるわけで…。

口じゃ言えないけれど心じゃそうなんだ、と言う事を
これからここにひっそり綴って行きます。

読んで気持ちいいものでは決してないので、あしからず。
P R
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/stroboscopes/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:stroboscopes
読者になる
Yapme!一覧
読者になる