大変です 

October 03 [Tue], 2006, 22:48
今年は受験生なんですよね。
なんてぼやきながらも、ボイスドラマの制作は着々と進んでいます。
勉強もしなければ・・・なんてね。

CV様の応募・・・
嬉しいですね。皆さんのやる気に満ちあふれた声が
もう、素敵すぎますよ!!
自分も、やりたいなぁ〜

最近では、寝る間も惜しんで
読書してます、親に昼間読むのを禁止されてしまって;
(勉強しなくなってしまうので。)
次の日学校で眠い眠い・・・

さいきんでは、思春期もも終了して(ぇえ?!
今では、文章描くことにドップリVv

眠いぜ 

September 18 [Mon], 2006, 3:17
日、徹夜で「孤独な花の音が響く場所」のサイト仕上げました。
かなり眠いです。
ですが、これから色々決まっていくかと思うと内心ドキドキですね。
最初はBL系にでもしようかなんて、密かに考えていましたが・・・
今回は絵師様にも恵まれて♪♪
本当に嬉しいです。
これから、頑張って台本仕上げます。

CV募集について
「孤独な花の音が響く場所」のCV様募集しています。
詳しくはサイトの方で。

〆切:2006年10月14日

〔第1話〕:始 

September 13 [Wed], 2006, 23:59
私は昔から勘が良かった。
本当に気持ち悪いほど。
あと、推理力もずば抜けて凄かった。
なんでだろうね?
――――――――――――――――――――――――――
中学1年の時だった。
私は、クラスの男の子よりも身長が高かったから、
恋なんて絶対できないって思ってた。
まぁ、恋って物に興味があったわけでもない。
その上、ファッションなんか気にしたことのない女のこ。
そんな私は、恋をした。
突然来る物なんだな・・・
気づいた頃には、彼に釘付けでしたよ。

ある日、合唱の練習があったのね。
私は思いきってその人の隣に立った。
今思えば凄いことだよね。
なかなか、できないよ。チャレンジャーだったな。

そんな時、ちらっと彼の顔を見た。
彼もこっちを見ていた。
すぐそっぽを向いてしまった彼。
落ち着きがない様子だった。
なんか、嬉しくなった。
「こ、これはもしかして・・・。」
なんて思ってしまったよ。

その晩に、彼に早速メールしましたよ。
なんと、突然の告白ですよ。
返事は即OKでした。
嬉しかったな。あの時は。
そしたらさ、夜の11時にも関わらず電話が来たよ。

「声が聞きたかった。これからヨロシクね。」

彼の声だ。
中学1年生ですから・・・
初心な訳ですよ・・・








続きは、まだありますよ♪
不定期で更新する予定です。
ぜひ、コメントなどもいただきたいです。

初めましてですね♪ 

September 13 [Wed], 2006, 23:55
今日から日記というか、なんというか・・・
とにかく、自分の恋について語っていきます!
物語りを載せてみたり・・・詩を載せてみたり。

時には恋の相談なんかもね・・・・なんて。
ブログだけど、普通のサイトみたいに使っていこうかな?
って思っています。
一日に何通も投稿するカモね(笑)
P R
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:stroborayts
読者になる
Yapme!一覧
読者になる