第198回労働政策審議会職業安定分科会労働力需給制度部会報告(派遣法9

November 14 [Thu], 2013, 18:47
2013年11月14日(木)10:00〜

審議会は、まず、すでにアップされている資料を厚労省の方が説明。↓
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000029318.html
+  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +
労働者代表委員等の意見と使用者代表委員等の意見が見比べられるように、整理されていました。

主な論点は、
1.登録型派遣の在り方
2.製造業務派遣の在り方
3.特定労働者派遣事業の在り方
4.期間制限の在り方
 @常用代替防止の考え方
 A26 業務
 B常用代替防止策
5.派遣先の責任
6.派遣労働者の処遇について
 @均等・均衡待遇
 A労働・社会保険
7. キャリアアップ措置
8.平成24 年改正法
 @日雇派遣の原則禁止
 A離職後1 年以内の派遣の禁止
 B労働契約申込みみなし制度
 Cマージン率等の公表
 D均衡待遇の配慮
 Eグループ企業派遣の8割規制
9.特定目的行為
10.その他
+  -  +  -  +  -  +  -  +  -  +   
今回の議論は、上記項目内容の追加で要旨は下記のとおり

●3.特定労働者派遣事業を届け出制から許可制に変更することについて
使用者の方から、
今まで暴力団絡みもあったので許可制も考えるべきとの発言があったが、

・中小企業の資産要件を緩和するよう求める意見、
・派遣会社を立ち上げようとした時、資産要件2000万円のハードルは高い。
 資産より経営者のモラルチェックのようなものの方が必要
労働側の方から、
・派遣というビジネスは電話1本あれば始められるものなので、何かあった時に資産でもって賃金などを払えることが重要
・ドイツの例を参考にすると雇用主と使用者が分離した時に雇用主の責任がどのような形で測られるかが重要

●4-期間制限の在り方 @常用代替防止の考え方については、

使用者の方から、
・ネガティブリスト化にあたって導入。労働側は堅持すべきと言うが、配慮に過ぎない
労働側の方から、
・常用代替防止は当初から重視されている
・派遣は臨時的・一時的なものであると規定を設けていない国は我が国以外に存在するか調べて欲しい
・何も正社員を守れと言っているのではなく、雇用が不安定な労働者を増やしてはいけないと思っている
・無期派遣で安定というのは疑問
・(期間制限で労働者代表との合意という条件があるが)従業員代表選出が機能していない。
・代表としての正当性が問われる。手続き等

●8.平成24 年改正法 B労働契約申込みみなし制度
労働側から
・労働契約申し込み義務は削除すべきではない。偽装請負が悪質。この場合は、請負の契約だが実態は派遣。

●6.派遣労働者の処遇について A労働・社会保険+8.B労働契約申込みみなし制度
労働側から
・労働契約申込みみなし制度は、派遣先が知らなかったと言えば処罰を免れえる制度だが、健康保険の通知等は、
派遣元から派遣先にすることが義務づけられているので、予見可能性がある。
使用者側から
・偽装請負は、予見可能性が低いのであれば、どうすればいいかを議論したい

●4.期間制限の在り方
使用者側から
・高齢者:上限を設けないこと
・例外:有期プロジェクト派遣、育休産休代替派遣、日数限定派遣のうち、有期プロジェクト派遣は完成が3年以内に限定されているが、東京オリンピックが7年後にあるので3年超でもいいと思う
・期間制限のあり方。具体的な制度としてどうのようなものがあるか事務局から案を出して欲しい。
・60.7%の派遣社員が希望する働き方は正社員としているが、派遣のまま働きたい人も一定数いる
!・人単位で3年上限にすることについて、雇用安定措置を計るという意味で本人が希望すればあと2年の延長を認めるべき (5年は、他制度との親和性がある)
労働側から
・何を見て研究会報告書は作られたのか!無期雇用なのに派遣は66%が解雇されている。
 派遣の方にとって、正社員転換は切実な願い。無期雇用化が常用雇用代替防止策に含まれないのは反対

●6.派遣労働者の処遇について @均等・均衡待遇
労働側から
・難しいからこそ成し遂げるべき。均等待遇原則は世界の潮流
・同じ現場で同じ仕事をしている派遣労働者の、賃金、福利厚生等の待遇にちがいがあるのが当たり前だとは思っていない。
・気持ちよく働くためには、福利厚生等も同一にしたい。そういう仕組みを作って行くのが重要。
・ドイツ、フランスの聞き取り調査の結果、均等待遇は当たり前。日本だけが違う方向に行っている
・強制力、実効性が期待できないならば、義務づけるべき
・生涯派遣に持っていく政策は、ちがうのではないか

●8.平成24 年改正法 @日雇派遣の原則禁止
使用者側から
・日雇派遣の原則禁止を削除してほしい
・30日以内と区切っているのがわかりづらい。本来1ヶ月単位なので、1ヶ月に変更してほしい
・資料2は、日雇いのマイナス面ばかりが強調されているが、大震災の時に日雇い派遣が活用された

●その他
労働者側から
・産休・育休の届け出をすると派遣契約が切られるという実態がある。
 産休・育休保護という観点から取得できるように盛り込んでほしい。


以上ですが、何しろ聞きとりづらいので、聞きとりミスがあったら、ごめんない
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/stripecat/index1_0.rdf