無題

March 07 [Thu], 2013, 18:56
放置してました

↓ついったーのログを載せるブログがあるので今後そっちを書く、かも。書かないかも。
http://d.hatena.ne.jp/fuwafuwapoo27/

iPhoneから送信

2012読んだものまとめ

December 31 [Mon], 2012, 15:35
今年読んだ小説など
・「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」上・下/スティーグ・ラーソン(ハヤカワ・ミステリ文庫)
・「ミレニアム2 火と戯れる女」上・下/スティーグ・ラーソン(ハヤカワ・ミステリ文庫)
・「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」上・下/スティーグ・ラーソン(ハヤカワ・ミステリ文庫)
・「チャイルド44」上・下/トム・ロブ・スミス(新潮文庫)
・「グラーグ57」上・下/トム・ロブ・スミス(新潮文庫)
・「エージェント6」上・下/トム・ロブ・スミス(新潮文庫)
・「図解 ソ連の歴史」/下斗米伸夫(ふくろうの本/世界の歴史)
・「共産党宣言」/マルクス・エンゲルス(岩波文庫)
・「ナチの亡霊」上・下/ジェームズ・ロリンズ(竹書房文庫)
・「マギの聖骨」上・下/ジェームズ・ロリンズ(竹書房文庫)
・「ユダの覚醒」上・下/ジェームズ・ロリンズ(竹書房文庫)
・「ロスト・シンボル」上・中・下/ダン・ブラウン(角川文庫)
・「1Q84」BOOK1・2・3・4・5・6/村上春樹(新潮文庫)※再読
・「供述によるとペレイラは……」/アントニオ・タブッキ(白水Uブックス)※再読
・「死者の奢り・飼育」/大江健三郎(新潮文庫)※再読
・「風の影」上・下/カルロス・ルイス・サフォン(集英社文庫)
・「変身、掟の前で 他2編」/フランツ・カフカ(光文社古典新訳文庫)
・「催眠」上・下/ラーシュ・ケプレル(ハヤカワ・ミステリ文庫)
・「契約」上・下/ラーシュ・ケプレル(ハヤカワ・ミステリ文庫)
・「ロング・グッドバイ」/レイモンド・チャンドラー(ハヤカワ・ミステリ文庫)
・「制裁」/アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム(ランダムハウス講談社文庫)
・「ボックス21」/アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム(ランダムハウス講談社文庫)
・「死刑囚」/アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム(ランダムハウス講談社文庫)
・「特捜部Q−檻の中の女−」/ユッシ・エーズラ・オールスン(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
・「特捜部Q−キジ殺し−」/ユッシ・エーズラ・オールスン(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
・「特捜部Q−Pからのメッセージ−」/ユッシ・エーズラ・オールスン(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
・「オーロラの向こう側」/オーサ・ラーソン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

46冊

途中で挫折(保留中)
・「運命の日」上・下/デニス・ルヘイン(ハヤカワ・ミステリ文庫)
・「カラマーゾフの兄弟」上・中・下/ドストエフスキー(新潮文庫)
・ 「卵をめぐる祖父の戦争」/ディヴィッド・ベニオフ(ハヤカワ・ミステリ文庫)


こうやって書き出すととても少ない。
おもしろい本に出会いたい、量より質だ、という感覚はあるんだけど
今はとにかくいろんな小説をたくさん読む、というほうを優先する。
なので来年は少なくとも60冊読みたい。

うぬぬ

October 25 [Thu], 2012, 21:48
たった一日休もうとするだけでなぜこんなにも大変なのか
やることが多すぎてプチパニック!
そしてもうすでにやりきれなかった仕事がぐわっと残ってるわけで、会社員やってらんねーわ状態
今から帰って荷造りできるかなあ…てか明日起きられるかなあ

iPhoneから送信

疲れたねむい

October 13 [Sat], 2012, 22:17
アントニオ?ダブッキ
供述によるとペレイラは……

たましいの連合の話
計測不可能な自我の多元性から分離したものとして、自己の部分の「まとまり」を信じるのは、キリスト教的伝統においては、たましいの幻覚(とはいっても素朴なものですが)ということになります。リボ博士とジャネ博士によると、人格は多数のたましいの連合だというのです。私たちはじぶんのなかに多くのたましいを持っていますからね。それで、たましいの連合は、主導権をもったエゴの統制のもとに、みずからをおくのです。そこまでいうと、カルドーソ医師はひと息ついてから、つづけた。規範と呼ばれるもの、すなわち、私たちの存在、あるいは常態は、前提ではなくて、たんに結果であって、たましいの連合においてみずからに課した主導的なエゴに統括されています。
もうひとつの、より強い、より力のあるエゴが出てくれば、そのエゴがそれまでの主導的エゴの権力をうばい、代ってその座におさまり、こんどは、そいつがたましいの軍団、いや連合を指揮するのですが、その優位は、やがてつぎの主導的エゴによって座を追われるまでつづきます。正面から攻撃されることもあれば、ゆっくりと侵蝕される場合もある。そういうと、カルドーソ医師はこう結んだ。緩慢な侵蝕のあと、ひとつのエゴが、あなたのたましいの連合の主導権をにぎろうとしているのではありませんか、ペレイラさん。でも、あなたにできることは、なにもない、だんだんとこれに従う以外にはね。



この概念は、言われてみるとそのとおり。



カツカレー(3500円)

September 26 [Wed], 2012, 22:11
朝ごはんを7時頃食べて、時間がとれず結局お昼ごはん16時半頃食べて、今から帰宅すると23時半くらいなんだけどそれから夜ごはんを食べてしまうんだな。
そして太る。
そんな締切前の社畜の一日

iPhoneから送信
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りーしゃん
読者になる
かけだし社会人
趣味はゲーム(RPG)と読書とプロ野球観戦
好きな飲み物はヤクルト
好きなお店はヨドバシカメラ
マイブームは嵐
たまに理屈っぽいこと書きます
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
P R
http://yaplog.jp/strawberrypop/index1_0.rdf