仕事中に何してんだってハナシ 

July 30 [Fri], 2010, 15:14
ヤプログは文章が長くなるととても読みづらいなぁと思っていたので

遂にお引越しする事にいたしました。

お引越し先はコチラ→「お花には蝶々」

でも、ここからまた更にアメブロとかに行くやもしれません。

風来坊は、定住する事より

風に流され

新しいことを始めることに

生きがいだとか

魅力だとか

私自身を見つけられるのです。

というわけで、これからはコッチね。

自分でいうのもなんだけど、

PCからだと見易さが全然違うッスね

でもワタクシ、プロい事がまるで出来ませんのでね。
若干こまっちょります。

少し難しいとですが、まぁダメだと思ったらアッサリアメブロに行きます。笑

アメブロでも前はちょこちょこ記事載せてたんだけどね。

風来坊っていうか、浮気性じゃん!!

夢と結婚 

July 30 [Fri], 2010, 9:58
昨日見た夢

天井の電気のセードを取り外すと、内側になぜか水が溜まっていて、なにやら黒いものが!!!ギャッ
それは魚であった。
室内なのに、水…そして魚。なんだか気持ちが悪い。

そんなのも束の間、中に入っていた魚が暴れ、飛び跳ね、水の中から出てきて私の部屋をのたうちまわりはじめた。
ベッドの上も、床も、私の生活範囲を侵されまくり恐ろしくなって部屋から飛び出した。

そしてしばらく待つ。

…中の様子を伺いながら、ヤツに不意打ちを絶対喰らわないように、細心の注意を図って室内へと入った。
いない…いないな…一体どこへ行ったのだろう…

そこは私の部屋ではなくて薄暗い和室だった。広めの部屋で高級料亭のような雰囲気の部屋で、その魚は畳みの上に横たわっていた。
萎びているような、そんな様子だった。

ああ、まだあと一匹いるんだ。
私はまたそのセードのもとへと足を運ぶ。気付くと風景も高級料亭から私の部屋に戻っていた。
セードのなかにはまだ、水が溜まっており黒い魚がもう一匹いた。こちらは尾ひれとか背びれとかギザギザしており、大変気持ちが悪い。
セードの中の水を流すと共に魚も流してやる!と洗面台でザザー

げっ魚の方が排水口よりでっかくて流れないジャン!どどどどどうしよおおおおおおう


そんなところで、目が覚めました。


非常に気になったので夢診断をしてもらった。
以下、結果


ざっと判断すると、恋愛に関する夢のようですね。

夢から判断すると現在フリーですよね

もしくは、気になる男性か遊び友達の男性が一人か二人、いらっしゃるのでしょうか。これから出会うという場合もあります。
水のなかの魚の暗示が男性です。本来は良い男性に巡り合えるという場合の夢が多いものですが。

ただ、男性本人に問題というより、あなたの評価が低いとか、オトコに対するこだわりが強いようで容易にはどんな相手でも認められない、という査定?、心境を表しているように感じます。

解釈としてはそんなところです。

夢は、守護霊やご先祖からのアドバイスが多分に含まれるので、何事も悪く考えずに夢診断を利用してみてください。
彼らから提示されている問題は、解釈通りの内容ではなく、なぜ男性と知り合うたび査定をあなたが繰り返すのか、自分の本質をよく感じてねというメッセージです。

本来のあなたは、恋愛において、気楽な関係を好みがちだと思います。そのため、責任を持ち出されたり相手の存在が重くなってしまうと冷めてしまったり、あなた自身が浮気性なところもあるため『あなたより大人で人間的に信頼できる男性』を求めてしまうところがあるのでは。

なので、男性のちょっとした癖や無意識の行動が自分の好みから外れると、途端に幻滅してしまうのだと思います。
この男性像については、あなたの恋愛観において重要なポイントになるので、他人が何と言おうと、密かに持ち続けたほうが良いと私は思います。

ただし、男性に自分の人生を委ねるための男性像にしてしまってはいけません。頼るだけの関係では駄目ですよ。
そのへんは紙一重ですが、要するに自分の性格をフォローしてくれる男性と出会う物差しという目的を持っていたものが、だらしない恋愛観に陥ってしまってはいけないという事です。

あなたは自分をよく認識し、認め受け入れて、そんなあなたを理解し受けとめてくれる男性が、一番最良だと思います。

このメッセージは、あなたが結婚について色々と考え出したので下ろされたものだと思います。


応援してますよ、という事ですね。是非、自分の居場所となるような男性を見つけてください。


-------------------------
すごいすなぁ
夢だけでこんなに解析できるなんて
しかも、合ってるトコろがまたすごすw

でも浮気性ってww←なんでわかったのかしら!?

注意)浮気なんてしたことアリマセン!ラブラブな人がいても、常に色んな物事に恋してるタイプという事ですよ。
例え、KenKenと付き合っててもね。笑

KOKUHAKU 

July 29 [Thu], 2010, 22:57
正直に言います。
恋に落ちています。
四六時中、彼の事ばかりで、起きぬけに「ハッ!○○…!!!!(切なげ)」というしちゅえいしょんが多々あります。

もう、好きで好きで…仕方なくて…彼のことを考えると、赤くて細い、でも決して切れない紐で胸をキツク縛られているような切なさがわが身を支配します。

彼の刻むビートに、耳を傾けて、全身でリズムを感じて。そのビートは私の心臓を叩くかのように、ドッドッドッ



いつも楽しそうに、自分の趣味について語る笑顔。
そして、実際に本当に楽しそうにライブで演奏するあなたの姿。
あなたが叩くたびに、私の心臓もドキドキするの、本当よ。

何度も、何度も、あなたのドラムを叩く姿を見てきたけれど、いつでもいつまでも飽きないわ、本当よ。
好きで好きで仕方なくて、胸が張り裂けそうな時もあるくらいよ、本当よ。
あなたに少しでも近づきたくて、気付いたら私もあなたに合わせてビートガールになってたわ、本当よ。

あなたが笑ってくれてさえいれば、それで幸せなのよ、本当よ。




キエ・バウコが熱烈に恋する相手のHPはコチラ
http://www4.pf-x.net/~kenken/

かっこいいでしょ!!!???

BOOKS 

July 28 [Wed], 2010, 5:51
最近買って読んだ本(正確にはまだ全部読めてないけど)がいくつかある。
この所はずっと自己啓発系にハマっていて、ついついそういうものに手を伸ばしてしまうのだが数年前までは「こんなん読んでるとうつ病になる」と思っていた。
3ヶ月程前に知り、そして手に取った「ずとやりたかったことを、やりなさい」コレは洋書を訳してあるのですけども、元々あまり頭が良い訳ではないので、聞きなれない言葉だとか聞きなれない&言い慣れないような言い回しが非常に文中多くて中々読み進みません。いまだに読破していないという・・・

ただ、これに紹介されているモーニングページは、今週で遂に12週間完了となる。
朝起きてからA4ノートに3ページ、ひたすら執筆するのにも最近はかなり慣れてきて「今日は40分で書ききる」とか意気込んで1時間半かかってしまったりだとか「何書けばいいんだ・・・」と思った割りに40分で書ききっちゃったりとかしていて、実に面白い。
私の中の不平不満だとか嬉しい・楽しい・あれしたい・これしたい・あれがほしい・ああなりたい!という思いの全てをぶちまけています。その中で気付いたいろいろな事がありますが、実際にはこの3ヶ月間で何か変わったか?というと実はほとんどかわっていなかったり…
でもきっと1年後には、1年前とは違ってくるんじゃないかと。そしてその10年後には結果は明らかに代わって来ているんじゃないかと思ったりしている。10年も続けたらノートが大変なことになっちゃう〜〜。笑
もしワタシが突然死んでも絶対に中身は見ずに棺の中に入れて償却してくれと遺言にのこしておかねば。

そしてもう一つの自己啓発系は「ザ・シークレット」
こちらは本屋さんのその手のコーナーにいくと最近非常に良く見かけるのでご存知の方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
ワタシも店頭でみて「気になる・・・」からハジマリ、ちらちらと立ち読みしては「やっぱりいいや」の繰り返しで、でもある時遂に何かのスイッチが入り、手に取ってしまいました。
結果からすると、「ずっとやりたかったことを、やりなさい」に比べるととても読みやすいです。
文章と構成がかなり独特でたまに疲れたりしますが、装丁とか中のレイアウトというか古文書みたいなデザインが結構好きです。なんか魔法の書物みたいなんだもん。笑
いや、この本あながち魔法の書物みたいなものなのかもしれません。
精神世界を嫌う人には、多分この手のものはダメなんだと思いますが…
意志は宇宙とつながっている!とか過去・現在・未来という、時間は時系列にして考えれているが本当は全て同時に起きている出来事なのだという考えとか割と好きなので私は、楽しんで読みすすめております。

思えば、この時間とか宇宙の法則はバック・トゥ・ザ・フューチャーの世界ですよね。
ワタシのダイダイダイ!スキな映画ですのですら〜っと入ってくるのかもしれません。タイムパラドックスが起きる!!とかそういうやつね。笑
アインシュタインにコペルニクス、ジュール・ヴェルヌ!!ワタシはおばかなので、詳しくも正確にもわかっていないと思いますが、とりあえず好きな世界なわけです。

ザ・シークレットはまだ読んでる最中なので、もっと深く読み進めてまた感想でも…とおもうでござる。



【本日の独り言】
なんかワタシ、ナルコレプシーかもしれなくって…(真剣)
昨日もスタバでザ・シークレットを読んでる間に、多分3〜4分くらい完全に寝てしまってました(汗)
もう眠いのなんのって。こらえきれなくなって、ヤバイ、、と思ったら撃沈してましたorz





ずっとやりたかったことを、やりなさい」「ザ・シークレット」
気になる方は、↓アマゾンレビューとか参考にしてみてね。


223 

July 27 [Tue], 2010, 21:36
御殿場のアウトレットから、夕方によくみえましたよ。富士山、去年のちょーど今くらい(7月最後の金曜日)に人生初の登山に挑戦。自分があのてっぺんに居たのか、と夏になり剥き出しになった山肌をみて改めて思う。
今年は、山もいいけど海にも行きたいな…と思ったりしています。
水着を二年着ないでいると、永久に着れなくなってしまう年代に近付いてきたので「さすがに今年は着ておくべきか」と本気で検討をしています。


ヨガでナントカ、酷すぎる体重からは抜け出せたもののまだまだ。あとちょうど10キロで元に戻れます。


コレ、目標達成した暁にはトータル15キロ減量したことになります。中々…っていうか、かなりガチンコ大丈夫ダイエットじゃないですか!!!

バカバウアーの英語でyeah 

July 26 [Mon], 2010, 18:11
だいぶ前の話しですがね〜メールでね〜


「No time for dinner tonight, so I get a little bit thinner!」



と書いてありましてね〜〜〜




私の中の意訳


「今夜は夕飯食べる時間なかったよ〜。だからちょっとだけシンナー吸っといた〜」





























うそおおおおおおおおおおおおおおおおお



ガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン



そんなんマジありえないし、ありえないし、ムリムリ!タバコはまだしも、ジャンキーマジムリ





もうこの人とは二度と会えない…友達でもムリポ。。。マトモに顔もみれないッス…







だって、シンナーって、何!!?



Answer:
Thin=薄い、細い、痩せ





シン、シンナー、、、、…ああ、シンナー!!!!


なるほど〜〜〜〜〜〜〜。












バカバウアーの英語でヤッチャッタでした




チャーララーッ(←キテレツ大百科的な終わりを想像してください)

インドネシア日記2 

July 26 [Mon], 2010, 5:30
前回までの24〜Niju Yon〜
あらすじ

インドネシアのバタム島に渡ったキエ・バウアー。
さっそく移動で手間取り、有吉に丸め込まれた感が拭えないのだが他に行く場所もよくわからないのでとりあえずNagoyaを目指してタクシーに乗り込んだ…

ピッポッピッポ
12:46


ナゴヤの町歩きがスタート。

私はこの島で、サテーが食べたかったの。焼き鳥みたいなやつ。
でも…いくら歩きまわっても、どこの食堂にいっても、ナイ


結局1時間以上歩いて、サテーはもういいやと妥協してナシゴレンを食べました。

アジアくさくて、しかも安いしおいし〜〜い

でも、私みたいな日本人って相当珍しいのだろうか?
お店の人もお客さんもみんなキエ・バウアーをガン見しています。。。

ちょw、こっち見んなwww

な心境。

そしてその食堂を後にして屋台でフルーツが売ってるのを発見。
パパイヤにパイナップル、スイカ。興味本位で買ってみた。
なんと日本円にして30円くらい。

パクッ



オエッ



…腐った匂いがする…

頑張ってみようとは思ったけど、ギャーやっぱ無理ぽ


とかそんなこんなてるうちに、そろそろ時間だ。
運転手さんを探して、また港へ向かってタクシーに乗り込む。
でもなんか運転手さん…チャーターだからなのか?まだ勘違いしてるみたいで

「次はどこへ行く?」みたいになってる。ちがーうちがうの。もう帰る。
バウアー流に身振り手振りと顔芸で頑張って伝えてナントカ「OK」と言わせた

タクシーの運転手、彼はオーストラリアのランゲージセンターで同じクラスだったネストル君にそっくりなのでネストル(仮称)とこの記事では呼ばせていただく。
復路では行きとは違ってネストル(仮称)も一所懸命に話しかけてきてくれた。
私も身振り手振り顔芸をを交えて答える。


するとおもむろに
「キリスト!ブッダ!ムスリム!」とか言い始めて、

ネストル(仮称)「私はムスリムだ。キエの信じる神は?」
ワタシ「ブッダ」


とりあえず無難に答えてみた。
神様は信じるけど宗教に分けては考えてないので、こういう質問が非常に困ってしまう。ザ・日本人なんですよね。
すると途中タクシーが路肩に止まった。
景観がとてもキレイな場所だった。
ネストル(仮称)君は写真を撮ってあげる!と私にデジカメを貸してとジェスチャーする。


ありがとう!





「あの海の向こうが、シンガポールだよ。」みたいな事を多分、言ってたんだと思う。




そして彼の携帯のカメラで

「ツーショット!!ツーショット!!!」と言われたのでツーショットで撮ってみた。
私は自分のカメラではネストル(仮称)と写真を撮らなかった。まだ怖かったから。信用しきれなかったというか。。。
タクシーをここに停めたのってもしかして、時間超過で更にお金とろうとしてるんじゃ…とか、彼の陰に有吉のあくどいニヤケ顔を感じてしまったから。

そしてまたタクシーに乗って発進した。すると、途中から来た道と違う方へ車が進む。焦る私。
しばらくすると、高台のキレイな公園(入り口には警備がいて車内点検まであった)があって、そこに入った。

そして

ネストル(仮称)「キエ!!これ、ブッダだよね!?写真撮ってあげる!」


おお…こ、これは観音様?

そして彼は写真を撮ってくれたのですが、この公園に向かってきた時点で疑心暗鬼に陥ってしまっていた私…

ネストル(仮称)好意をその時点では全て悪意かと思ってしまってた。
怖くなってしまって。笑顔になれない…
キレイなのに、素敵な場所なのに、心に潜む鬼が感動の邪魔をする。



本当にキレイな公園だった。

ネストル(仮称)「ここはキレイな場所でしょ?向こうへ行くともっと素晴らしいよ」
ワシ「もういいってば…私は港へ行ってっていったのに!!!こんなトコ来てなんて行ってない!早く港へ行ってよ!!!!…ありがたメーワクだよ…

なんて言ってしまった。

彼は英語わかんないので、ほとんどわかってなかったと思うけど。。。
言葉って、通じなくても悪口とか褒め言葉とかってすぐわかるんだよね。きっとワタシのイラだった感情はネストル(仮称)にも伝わってたと思う。
そして無事、港へ着いた。
時間はとっくに3時間を超えてる。1時間以上。

ワタシ「…あの、お金どうしたらいいかな…時間オーバーしてるけど…」
ネストル「No problem!! Thank you!!



と言い握手を求めてくる。

そして、



「キエ、アリガトウ!!!」



と日本語で言ってニッコリ。




その瞬間、何かもう後悔の念がドドーっと押し寄せた。

私の方は、ありがとうとごめんねを何度言っても足りない気持ちになっちゃった。

一人旅で、言葉も通じない、しかも東南アジアでシチュエーション的には疑ってしまっても仕方ないんだけど。

きっと彼みたいに良い人に見えて信じたら悪者だった…事件になっちゃった…っていう人がたくさんいるんだと思う。

私はたまたま、ラッキー。でも信じてあげられなくってホントごめんなさいな気持ち。

私の信じている神様がブッダだと知って、わざわざあの公園へ連れていってくれたのに、あんなキツい言い方して、ましてや私「ありがた迷惑」だなんて思ってた。
ううー。。。

帰りの船で色々と思いながら、かる〜く涙ぐんだりしてシンガポールに再入国しましたとさ。


でも今度は続きがあって。
入国して電車に乗る前にイギリス各地にあるホランド&バラッドっていう健康食品のお店があったの。

もう、そこ大好きなので私(笑)
飛んで入りました。

するとレジのお姉ちゃんが話しかけてきた!

かわいこちゃん「あなた!どうしてそんなに肌キレイなの!?えーと、日本人かしら?」

わし「キレイwwあwwありがとう!そう、わたしは日本人!」

かわいこちゃん「私の友達も、日本から英語の勉強しに来てる子がいるのよ〜えーと  オハヨウゴザイマース どうどう??」

わし「(か、かわいいーーー!!!)すごい上手!」

かわいこちゃん「ねぇ、それにしてもその肌!どうしたらそんなにキレイになれるの?化粧品は?」

わし「ノーファンデ命です!でもUVカット命でもあるんだ・な!!クレンジングは旅の時はベビーオイルだよ。フェイスパウダーはベビーパウダー!!!身体にも顔にも使いまくってますな。ていうか知ってる??ベビーパウダーにも実はUV効果があるんだよ〜記載されてないけど」

と何やら好きな分野なので饒舌になる。

かわいこちゃん「わあ!そうなの!それにしても英語上手ね、勉強してるの?」

わし「えっ!?上手!?勉強はしてるけど、いつもうまくコミュニケーションがとれなくて落ち込むんだ」

かわいこちゃん「今、私たちめちゃくちゃフツーに話してない(笑)?ホントに上手よ!もっと自信持って〜」

わし「ありがとう!私今夜の便で日本に帰るんだけど、シンガポール大好きだよ!また絶対来るから!」

と、ガールズトークしまくってしまった。

私あの時なんであんなに会話できたんだろう?
自分でも不思議。

でもお店を後にして、何だか出会いの感動でまた涙ぐんでしまった。

私は、人見知りが激しい。
みんなエーっていうけど、ホントに人見知りが激しい。ガチですよホントにww


だから旅してるのかもしれない。


人見知りっていうのは、ようは人間嫌いっていう事なの。

でも…私は人と知り合いたいって強く望んでる。

人間嫌いのさびしがり屋。それが自分にピッタリな言葉のような気がした。

でもそんな私だから、出会いを求めて。心を開きに。自分を探しに。
一歩進んで二歩下がってるけど。

確実に一歩は踏み出してるんだ。

旅を通じて出会えて、後悔することもたくさんあるけど…
それを知れたことだけでも大きな成果だと思った。


だから私は、ネストル君こそ、バタム島の運転手さんにいつでも全力で「ありがとう」と感謝の気持ちを絶やさずに生きていくと思う。

あの時は「ゴメンネ」、どうして私、信じてあげられなかったんだろう。

そう思う事は、帰りの船で封印する事にしました。


運転手さん、最高の思い出を「ありがとう」。

インドネシア日記 

July 24 [Sat], 2010, 16:32
だいぶ前デスけど、シンガポール編の続きですよ。
一体どんだけ時間かかってんだぁゴルァ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!!
半年の時を経て、ようやくこちらにもうpします。



シンガポール〜インドネシアであった出来事で、改めて感じた私という人間を見つめ直した。


滞在二日目(にして帰国日)、朝早めに行動を開始して港まで来てみた私。
そのまま旅券を手にしてインドネシア領にあたる「バタム島」まで足を延ばしてみた。


バイバイしんがぽー

(遠くに臨むシンガポールの街並みが段々見えなくなっていく。)


乗船する事1時間。あっという間の船旅デシタ。
日本とソウルが全然違うのと同じように、バタム島もだいぶ雰囲気が変わった。

なんていうか…

アジア臭い。

でも、「これだーーっこれぞ旅って感じじゃないか!」と私の冒険魂が小さく芽を出した。

ビザを取得して(旅券にビザに何でもかんでもお金がかかります。)、無事入国。ビザビザで、ピザは食べておりません。はい失礼〜!!日本とイギリスのパスポートが世界で一番旅行しやすいそうです。確かに、全然時間もかかんないしね。ホント日本人でラッキー。



さて、これからどこへ行こうか?
とにかく観光名所がある様なリゾート地でもない故、選択を間違えるとホントに「無駄足」になってしまうのだ。

地図ないかなぁ〜とうろうろと徘徊していると、私並みに訛った英語を操る、

元猿岩石の有吉ソックリ

な男に声をかけられる。


有吉「どこに行くんだい!!??」
ワタシ「わからん」
有吉「とりあえずタクシーは絶対必要だ!どうだタクシー!タクシーがないと何も出来ないぞ!タクシーに乗るべきだ!!」
ワタシ「ちょwww訛った英語でまくし立てられてもワカラナサ120%増しなんすけどww」
空港警備員「何だ、どうしたんだ!?おいオマエ(有吉)、何やってる!?強引な客引きは許さないぞ!」
有吉「問題ない、大丈夫だ!!」
空港警備員「お穣ちゃんホントに大丈夫かい?」
ワタシ「何が大丈夫なのかもワカラナスwwタスケレww」
空港警備員「…(それ見たことかという表情で有吉を睨む)」
有吉「ヘイ・イッツユー!!名古屋はどうだ!バタム島と言ったら名古屋だ、そこ以外楽しむ場所はないしみんな名古屋へ行くぞ。いつ帰る!?今日だったら当然往復するだろう、往復料金で36シンガポールドルだ!どうだ往復!!!」
ワタシ「名古屋wwwナゴーヤァーナゴヤァァー?」
空港警備員「ナゴヤは島の人々が一番集まる場所だよ」
ワタシ「名古屋かぁ、まぁいいや。とりあえずそこ行くか。」
有吉「往復か!?往復でナゴヤでいいんだな!?ヨシキタッじゃあ早速行くぞ」
ワタシ「えwwちょwwもー何て言えばいいの!!??主張できなすww英語わからん!!」
空港警備員「君、大丈夫?」
ワタシ「ぐぬぬwwwとりあえず青い装いのジャパニーズガールが一人タクシーに乗ったという事を覚えておいてください、ジス・イズ・マイ・死活問題!!」
空港警備員「( ゚Д゚)ポカーン」
有吉「さぁ早く!」


何とも言えぬ、怪しすぎるやりとりで私は名古屋もといNagoyaへ向かう事に。

でもタクシーが往復っていうか3時間チャーターという事だったらしく、判断力の鈍い自分はそのままチャーターでOKをしてしまった。結果からいうと、それは最低の判断だったのである。

タクシーの運転手さんは有吉ではない別の人だった。あろうことか、彼は英語が私以上にわからない。本当にハローとかサンキューだけの世界…。。。どうしろってんだw


ナゴヤに着いたはいいけど、タクシーがチャーターなわけで運転手さんは、「バタム島の主要な場所を3時間かけて巡り戻ってくる」ものだと思っている様子。


わしゃあそんな事はしたくないんだ!


その土地を歩いたり見たりして、色々と感じ取りたいの。
だから買い物が目的でもないし…どっちかっていうと下町のゴハンとか。屋台ばっかりでOKなのです。

でもチャーターしちゃったばかりにそれが…で、、、できない…!?

自分の思いを運転手に伝えてみるが、英語がサッパリわからない。

仕方ないので携帯を借りて有吉に直談判。すると

有吉「チャーターしたのは君だろう!ナゴヤに2時間滞在?違うだろう、チャーターだろう!?もっと廻ったらどうだ」

的なことを言う。

おいおい、おまえーーさっき「往復(2way)で36シンドル」って言ったじゃん!

モー最悪…

最初からナゴヤに来るだけだったら12シンドルだったのに。
で、満足したら死ぬほど徘徊してるタクシー捕まえてまた港まで戻れば良かったんだ…


奈落の底から後悔するが、もうどうしようもない。逆ギレしてみた。

ワシ「ちょwあんたさっき往復っつったでしょーが!私は観光もショッピングも目的においてなくて、ただ町歩きをしてローカルフードを楽しみにきただけ!チャーターなんだったら、ここで私の事待ってなさいよ!時間が来たら帰るだけなんだから!」

有吉「OK」

という事で、炎天下の中本当に悪いのだけれど、タクシーの運転手さんにはナゴヤで待っててもらうことになったのだ。

はぁ…

最初からチャーターなんかしなけりゃ、お金もかからず、彼もこんな目に遭わせずにすんだのに

でもここまで来たら開き直って楽しむしかない。じゃないと余計に悪いしもったいない。

さぁ、また旅歩き始めっか


ちょっと長すぎるんで…

つづきます

前の話しだけど 

July 23 [Fri], 2010, 23:53
こないだ彼氏と会った時はすごい楽しかったなぁ。

でもその後、色々あって彼は泣いてた。

もうどうしたらいいのかわからないよ、って。

きえちゃんの事どうやって好きだったのかがわからなくなっちゃったよ、って。

そう言わせたのは私。

ごめんね、って呟く事しかできなかった。

彼の大きな愛情に私は甘えきってた。

本当に勝手な事ばっかりしてた。

彼とは本当にすれ違いで、全然会えてなかった。彼は寂しがっていたけど、私は寂しくなんかなかった。

留学で遠く離れた国で暮らしていた時、家族とはほとんど連絡をとっていなかったけれどそれで家族の縁が切れる訳ではないのと同じで、

私は勝手に彼も同じだと考えてしまっていたの。

会えなくても、愛してるし愛されてるのは当たり前だって。

勝手に愛情のとらえ方をはきちがえてた。

恋人って、やっぱり会えなければ寂しいよね。

そこまでの絆で結ばれるためには、やっぱりそれなりの・・・2人で過ごしてきた時間が必要だったんだよね。

この2年半、私はあなたに愛以上に、寂しさばかり与えてしまった。
いつまでも過去のしがらみにとり憑かれ、受け容れようとしてこなかった。
私から歩み寄ろうとしなかった。
いつも人のせいにしてしまって、あなたを傷つけてばかりいた。



彼と連絡がとれなくなってから、会社に行く途中の車の中で毎日泣いた。

毎朝、渋滞で進まない車の中から彼とメールしてたから。

当たり前の出来事が突然なくなってしまって、涙が止まらなくなった。

会社につくまでには理性で押さえ込んでたけど、
帰りの車の中でまた、泣いた。

夜のお風呂の中でも泣いた。

仕事中も、突然思い出してトイレで泣いた。

失って初めて気付くとは本当にバカ極まりないね。





遠くから見つめる愛し方も、あるの。
そうやって言い訳してきていたけど、都合のいいようにしか聞こえないけど、私、あなただったから2年半もつきあえたわ。


こんな愛しかたしかできなくて本当に、ごめんね。
もう二度といつものわがままも言えないんだね・・・
もう一度わがまま、言いたかった。

Rising sun 

July 22 [Thu], 2010, 5:54
ライジグサンキタ━━━(゜∀゜)━━━!!

今朝、5時の私の部屋から見えた朝日です。とても赤くて朱くて紅くて、太陽が神様だと行った昔の人達の気持ちがわかりました。
今日一日分の陽気なパワーを全身に浴びて、気持ち良い一日を始める事が出来た♪

モニペは今11週間、毎日欠かさずに完全にやってます。とにかくひたすら書いています。その間に、夏至を迎えて…


朝の時間が、だんだん早くなって、起きたら既にだいぶ高いとこに太陽があるようになってくのを感じて、

でも最近は、まただんだんと朝が遅くなってきて、太陽がまだ昇りきらなくなり、今朝は強烈な日の出の光を浴びたわけですね。



紫外線〜きついけど〜嗚呼貴女の力にあやかりた〜い
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:キエ・バウアー
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1月23日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 職業:小学生未満
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-ここんとこ積みゲーだらけですが。ホラゲーとRPG中心です。
    ・コスメ-ロクシタン、LUSH、ボディショップ。
    ・旅行-空陸両用のマイラー。2010年は15ヶ国を訪れたいww
読者になる
身長:166cm
体重:45kg
出身:アメリカ合衆国。

ハイスクール卒業後、某PDに所属。
米軍特殊部隊デルタフォース訓練過程終了した後、
編成された新規特殊部隊S.T.A.R.S.アルファチームのメンバーに抜擢。
S.T.A.R.S.内では爆発物処理担当。

※S.T.A.R.S.とは、Special Tactics And Rescue Serviceの略。
JAL
 日本航空
http://yaplog.jp/strawberryna/index1_0.rdf