リテーナー破損! 

2008年01月24日(木) 13時38分
先日、蔵王にボードに行ったのですが、
旅行中、リテーナーを破損してしまいました!

ボードの最中に誤って・・・ということならまだ
カッコがつくのですが、そういうわけでもなく。

宿で朝食を食べるために食堂に降りていって、
そこでリテーナーを外すのを忘れたことに気付いた私。
もちろんリテーナーケースも部屋に置いてある。
また部屋に戻る時間も惜しいし・・・と
近くのお手洗いで外して、すすいでから上着のポケットへ。
ゆったりしたフリースだし、朝ごはん食べるだけだし、
まあ大丈夫でしょ、と思っていたら、
その夜はめようとしたときに、あれ、はまらない!
ワイヤーが思いっきり変形してしまいました!
え〜なぜ!?
朝ごはんたらふく食べたけど、あまりにもお腹膨れてたけど
まさかそれで・・・?なんて力なのっ!?

週明けすぐに電話をして、仕事上、朝立ち寄りでしか行けないので
朝イチで行ける日を聞いたら木曜日。
まあ、しょうがない。できるだけのことはやった、と思い
3日ほどリテーナーのない生活を送りつつ木曜日を待つ。
いつも夜はしっかり装着していたので、後戻りしちゃう〜、ととっても不安でした。

そしてそして・・・

木曜日、これでようやくリテーナー生活に戻れるか〜と
安堵の気持ちで矯正医院に向かい、受付のおねいさんにリテーナーを
先に手渡してまずは丁寧に歯のクリーニング。
リテーナーのことだけで来たのに、
歯まできれいにしてもらっちゃってラッキーなんて思いつつ身を委ねて。


終了後、先生が登場し挨拶を・・・

私「こんにち・・・」
ぎゃー!いつも優しい先生が鬼の形相〜!
目が笑ってないよ先生〜!!



「・・・どうしたんですか?」


あれ、ワイヤー曲がってるの、もしかして気付いてない?

「あの、ワイヤーが曲がってしまって・・・」


「・・・ですから普通にしてたらこんなふうに曲がりません。
いったい何をしたんですか?」


あ、やっぱり気付いて・・・

「あの、ポケットに入れて・・・」


「これは相当強い力が加わったはずです。
ケースに入れていなかったんですか?」


「だからポケットに・・・」

「・・・」

「ひぃ〜(心の声)」

はだかでポケットに入れたことが
いかに常識はずれで信じがたいことと感じているか
ひしひしと伝わってきました。


「これは作り直しかもしれませんよ。ちょっとやってみます」
といい、先生が歯列にあててリテーナーのワイヤーを曲げて・・・
作業の間も
「再度作成となると費用もかかっちゃいますしね」などと
ちくりちくり責められつつ。

でも次第に先生の声色が変わってきました。
「もしかしたらいけるかもしれませんねえ」

私、泣きそうです。

「大丈夫そうですね、一方向からの力でしたので、
何とかなりました。これが複雑な方向から力が加わっていたら
もうアウトでしたね〜」

「よかったです〜」(先生が機嫌直してくれて)


「でもはめたとききつかったですよ。」

ぎく。

「いつ壊れたんですか?」


「週末です」


「週末・・・」


「・・・」


「けっこうたってますね」

ぎゃ〜!でっ、でもすぐに連絡したし、そりゃ朝イチじゃなきゃ、っていうのは
こっちの都合だけどでも・・・
と思ったけれど、もう言い返す気力はなく。

「でもまたちゃんとはめていれば元に戻りますので。
まあ順調でしょう。次は予定通り4月に来てください」

ほーっ。先生笑顔。はいっ。わかりました!


よかったよかった、と帰り支度をはじめた私に、
衛生士のおねいさん、よけいな一言。

「リテーナー外して帰られますか?」




ああ、もうっ、先生無言で反応してるよっ

「いえっ!このままつけて帰りますっ!」もう一生外しませんとも!


最後、先生の
「お口の中に入れておくのが一番安全ですよー」
の言葉に見送られ、帰ってきました。

はー疲れたあ。
でも先生、うまいこと言う。

みなさんもリテーナーの取り扱いには十分ごちゅういを。
ケース、忘れちゃう時ってあるんですよね。

わたしは、もうないですが。(多分)

最近の歯列〜多分順調!? 

2008年01月22日(火) 18時21分
今の歯列の写真です。(しょっぱなから)



自分では見た目は変わりないと思うのですか
いかがでしょうか?



でも昼間はずしっぱなしにしていて、寝る前にはめると
やっぱりきつい。ちょっとはめにくいというか。
動いてるんだなーと分かります。

この動いている実感があるので、夜は必ずはめています。
(手元にあるときは。会社に置いて帰ったこと2回ほど)

そういえば、矯正が終了して2ヶ月ほど経った頃
仕事で付き合いのある人から
「なんだか最近は笑顔ですね」と言われました。

最初は、「私も仕事に余裕がでてきたのかしら」などと
思っていたのですが、はたと、矯正の装置を取って
きれいな歯並びになって、思い切り笑えるようになったんだな、と
気付きました。

でも最近はそんな喜びも忘れちゃってたかも。
あの頃の新鮮な感動をもう一度!ですね。

あ、あと今日友達と赤ちゃんの話をしていて気付いたんですが
私、大人になってからも、歯がむずむずして、
無性に何かを噛みたくなる事が時々あったんです。
(小学校の頃はそんなとき鉛筆をガジガジ噛んでました・・・)
それが、矯正を終了してから、全くなくなりました。
矯正中はどうだったかあまり覚えていないのですが
今日、「最近全然むずむずしない!」と気付きました。

これも矯正効果なのですかねー。

第2回リテーナーチェック/検査ふたたび 

2007年12月17日(月) 17時08分
週末、久々のリテーナーチェックでした。
本当は、11月に行く予定だったのですが、
仕事が入ってしまいこの日になりました。

久々の歯医者の匂い。緊張します。
いつもやってもらっていたクリーニングも
あれ、こんなに大きい音してたっけ!?
体がこわばりました。

クリーニングの後、先生登場。
手にはカメラ。あれ?
今日はチェックだけかと思ったら、
最初の検査でやったことを全部するとのこと。
まずは写真撮影。唇をプラスチックのへらみたいなもので
ひっかけて大きく開けられ、正面、左右をパシャパシャと。
リップクリーム多めに塗っておくことをおすすめします。
かなりあんぐりあけるので、唇のひびわれが、パキパキ聞こえるようです。

それから壁際に立って、普通に写真撮影。
正面と左右。
そしてレントゲン撮影。

レントゲンは、見た目はきれいに並んでいても
見えない部分でゆがみや傾きがないかをチェックするそう。

最後に診察台に戻って、
歯列のチェックとリテーナーをはめての調節。

「いいですね〜。きれいです」と先生。
「どのくらいリテーナーつけてますか?」

実は最近昼間はさぼり気味なのです・・・

「なるほど。さぼり気味のわりには、きれいに保っていると思います。
でもあまり油断していると後戻りしてしまうので、
最低、今の時間はキープしてくださいね」と釘を刺されました。

もううなずくしかない私。すみません。
夜はかならず装着してるんですけど・・・
つい忙しさにかまけて・・・

ちょっと気をひきしめなおして、がんばります。
次は、4月です。

矯正にかかった費用まとめ。 

2007年08月14日(火) 10時32分
最終的に、いくら費用がかかったのか、
まとめてみたいと思います。

※すべて税別
■矯正前
初診相談料  5,000円 (スマイルゲット紹介につき無料)
検査料    30,000円 (スマイルゲット紹介につき無料)
診断料    25,000円
抜歯      20,000円(5,000円/1本 ×4本)
開始前    45,000円

■矯正費
基本料金   250,000円
装置料    250,000円 (プラスチックブラケット)
保定装置料  50,000円
計      550,000円

■診察ごとにかかる費用
処置料    3,000円/回
16回通ったので 48,000円


合計で、643,000円(税別)
税込では、675,150円となります。

途中の虫歯治療などは別としています。
費用としては、まずまず安い方ではないでしょうか?
これはもともと先生がつとめていた
大学病院にならったためだそうです。

リテーナー期は、1回通うごとに1,000円(税別)です。
先日のPMTCというクリーニングは、
終了後のサービスとして料金はかかりませんでした!

矯正を始めるときに、ワイヤーについて
機能性と審美性のどちらを重要視するか選択しました。
審美性を重視すると、私の場合は調整3回分くらい
期間が長くなるかも、と言われたのですが、
私はその程度であれば、
少しでも見た目による精神的負担が減った方がいいなと
考えたので、審美性を選びました。

最初から3回くらいは力の弱い白いワイヤー。
その後はゴールドワイヤーになりました。
途中2回ほど、より強く力を加えたい時に、
シルバーのチタンワイヤーになったりもしました。

私はこのゴールドワイヤーがとってもよかったと思っています。
口の中での目立ち方が穏やかで変にぎらつきません。
見た目を気にされている方にはおすすめです。

第1回リテーナーチェック。顎が外れそうに・・・ 

2007年08月13日(月) 11時15分
週末、リテーナー1ヶ月後のチェックと
PMTCというクリーニングを受けてきました!

診療台に座ると、まずリテーナーをはずして
洗浄にまわしてもらいます。
歯科衛生士さんがやってきて
「今日はこまかいところまできれいにしていくので
結構長丁場ですががんばりましょう!」とのこと。

まず鏡で前歯の裏側の着色をチェック。
うわぁ、けっこう着いてる。
着色を取るために、と〜ってもしょっぱい液を
吹き付けていくとのこと。
あまりにもしょっぱいので、舌の上にガーゼを置いて防護。
たしかにその上から沁みてくるだけで、塩っぽい感じでした。

その後、ガムみたいな味のちょっとざらついた歯磨き粉をつけて
表裏、丁寧に磨いてもらいました。
私は親知らずを生かしているので、
奥歯を磨く時ものすごい奥まで器具をつっこまれ
ちょっと「うぐ」って感じになったけど、なんとかセーフ。
味が苦手な人もいるようで、そうなると辛そうだけど、
私は結構好きでした。

そして歯の間をフロスで磨いて、
虫歯チェックして、クリーニング終了♪

今すぐに治療しなければならないような虫歯はないとのこと。
よかったよかった。

その後、先生登場。
噛み合わせをチェックして
「う〜ん、すばらしいですね」と一言。
毎度同じコメントではありますが。
ありがとうございます。

「どうですか、なれましたか」との問いに
「やっと慣れてきました。
最初は自分の会社名が言えず、
電話に出れなくてとても困り、外してしまうことがあったけれど
今は言えるようになりました!」と報告。

「それはよかったです。
より話しやすい、見た目も目立たないクリアタイプの
リテーナーもあるのですが、これでいけるのであれば
今は特に後戻りしやすいし、こちらのワイヤータイプの方が
矯正力があるので、このままでいきましょう」

「はい。でも打合せのときなどは
はずしてしまっているんですが、大丈夫でしょうか?」

「大丈夫です。そういう時はあらかじめ外してしまっても
問題ありません。時間は足りているようなので、
このまま続けてください」

それであれば、いけそうです。
このリテーナーのワイヤーは、
ある意味、ブラケットをつけていたときのワイヤーよりも
太くて目立つので、
(ブラケット時は目立たないゴールドワイヤーを
使っていたのでなおさら気になる)
せっかく終わったのに仕事で人と会うときに
まだ変に意識しなくてはならないのはいやだなあ、
と思って、既にそういうケースでは外していたんです。
問題ないのであればよかった。

次回は3ヵ月後。
それまでは、このまま食事以外(と打合せ以外)は
24時間装着とのことです。

ブラケットでの動的治療、終了しました! 

2007年07月31日(火) 10時30分
先日、ブラケットが取れて、
動的治療が終了、リテーナー生活に入りました!

はずすまでの1週間はもうこの日が待ちきれなくて
仕事どころじゃなかったです・・・

さて当日。
医院に到着すると、すぐに呼ばれて診察台へ。
心の準備もできないまま先生が登場。
「いよいよ外しますが心境はどうですか?」
「まだ信じられないです。ドキドキして早く目が覚めちゃいました」
などと会話しつつ、最後の歯列チェック。
「う〜ん、きれいですね〜。
これはみいさんがこだわって仕上げただけありますね」
と先生に言ってもらって、本当にがんばってよかったな、と思いました。

そしてブラケットを取る作業。
「みいさんはデリケートだからすごい力が加わって
びっくりしちゃうかもしれませんが
かなり頑丈に接着しているのを取っていきますね」とのこと。
でも私、意外と痛みに強いんです。
ペンチのようなもので、一個ずつはずしていきます。
ガリッ!メリメリッ!すごい音。
でも下の前歯で嫌な圧力がかかった他は、想像通りでした。

でも本当に怖いのはその後でした。
接着剤を取るために歯に影響のない研磨機で
接着剤を削っていくのですが
これが音もすごくて脳までガンガン響くし
根元の方をやられると、しみるような痛みで
全身鳥肌立つほど。
矯正を始めてからの全行程の中で一番苦痛でした・・・。

さて、でもその痛みに耐え、
細かい汚れなどを取ってもらったら
口をゆすいで、いよいよ自分の歯とご対面です。
衛生士の方が鏡を手渡してくれて・・・

!!



自分の歯じゃないみたいです〜
きれい〜

歯列のアーチがひとまわり小さくなったような気がする。
少し上品になったかな。

左右はこんな感じ。


続いて、感激に浸る間もなくリテーナーの調整です。
はめ方、外し方の練習をして、説明をしてもらって
卒業証書のようなものをもらって、終了。
先生にお礼を言って、帰ってきました。

次は、1ヶ月後、リテーナーチェックと
PMTCというクリーニングです。

リテーナーを装着したところはこんな感じです。



違和感はあります。特に、上あごの部分が
プラスチックで覆われているので、しゃべりにくいです。
でももっとひどいかと思っていたので何とかやれそう。

これで、矯正の第1段階は終了です。
舌で歯の表側を触ると、つるつる〜
今まで感じたことのないなめらかな感触。
うふふふふ、と笑いが止まりません。

仕事上、打合せをしていて
目の前の人がどんな風に思っているのか、
気になってしまう場面もあったのですが、
これからはどんどん笑顔を見せられます!

周りの人からも
「おめでとう」「早かったね」「きれいになったね」
などと言ってもらって
何だか記念日をお祝いしてもらっているみたい。

しばらくは余韻を楽しみたいと思います。





横から見た歯列 

2007年07月03日(火) 18時46分
今の横から見た歯列です。

 

ちゃんと噛み合ってますね〜
隙間がないってすばらしい!
最近このアングルの写真を撮っていなかったので
すごく新鮮で嬉しいです。

お支払いも今回で終了したし・・・ギリギリ(^_^;)
一人暮らしをしていて、そのための貯金もなく始めたので
正直きつかった〜。
(よい子のみなさんはマネをしてはいけません)
でも勢いがないと始められなかったし(←言い訳)。

私の通っている医院は、ブラケットでの矯正が
終了するまでにお支払いすれば、
何回に分けてもOK、というシステム。
もちろん無利子。これがうれしいですよね。

大変だった理由は、終了が予定より半年くらい早まったことと
「1回につき●万払えば大丈夫」と考えた時に、
「1回」≠「ひと月」ということを計算に入れていなかったこと。
そう、調整日は早ければ3週間に1回やってくる。
私はなるべく早く進めたかったので、
なるべく他の予定より優先させていました。
すると、1か月分のお給料から2か月分飛んでいくタイミングもあって。
そんなことに思い至ったのもずいぶん後になってからでした。

でもそんな私でも、なんとかできましたー。
これも一つの達成!?

第16回調整日。 

2007年07月01日(日) 22時58分
昨日、16回目の調整日でした。
調整日といいますか・・・リテーナー用の型採りでした!

歯並びはこんな感じになりました。


最初、先生が登場してチェックした時、
「うん、いいですね〜。これでみいさんが何もなければ
型採りをしますよ」といわれ、
なんとなく名残惜しいというか踏ん切りがつかないというか、
まだほかにやるべきところがあるような気がして
いろいろごねてみたのですが、
先生は苦笑い。
「みいさん、正直、もういじるところ無いです」
「どこに出してもまったくおかしいところ、無いですよ」と説得され、
私もそこまで言われたら吹っ切るしかない、
よし、もう終わりにしよう!と思えたので
型採り、してきました。
(あまりいないですよね、はずしたがらない患者って・・・)

次回、いよいよブラケットはずします!

受付のお姉さんと帰りにお話していて
お姉さんも「なんか、あっというまですね」と。
そう、悩んでいる時間の方が長くって、
いざはじめたら意外と早くてびっくりでした、
と応えました。
ほんと、私が早かったと思うのだから
まわりはもっと、そう思うのでしょうね。
ちょっとしんみり。(なぜ?)

でも次はリテーナーの日々。
私が座っていた診察台の後ろで
ちょうど、今日からリテーナー生活、という方が
先生と話していて・・・
よく聞いていると、
つけたばかりのその方は、
リテーナーの存在感にけっこうショックを受けていて
はずれた嬉しさなんて全然、という感じ。
とにかく話しずらい、らしいです。

医院の方の説明は、
最初はびっくりするけど、たいていは、1週間くらいで慣れます。
でも慣れなかったら、透明のリテーナーもあるので
そちらに変えることもできます、とのこと。
でも透明の方は上下で2万円。
しかも半年から1年くらいの消耗品らしい。

最初の3ヶ月は後戻りしやすいから
食事以外はずっとつけていなければならないらしいです。

あんまりうかれていられないな、と早速
身が引き締まりました。
ちょっとリテーナー、あなどるなかれ、ですね。

ちゃんとはずした感動が味わえるといいなあと。
一瞬でも感じられたら
あとはがんばれそうな気がするんです。

ゴムが蛍光の黄色に。 

2007年06月22日(金) 14時25分
最終段階に入っているので、
上下の歯列共にすべての歯のブラケットをパワーチェーンでつなげ、
その上隙間を閉じるためにさらにゴムをかけていたのですが、
もっと意識すればよかった・・・
何となく、最近カレーを食べてもそんなに
ゴムに色がつかないな、と思っていたのですが、
お昼、本場のインドカレーを食べたら・・・
蛍光塗料みたいな黄色に染まってしまいました!
あ〜写真に撮っておけばよかった、あの染まり具合。強烈でした。
あれってターメリックの色かな。
日本風のカレーよりも、きっと本場の方が
香辛料たっぷり入ってそうだし、それでかな、と。
6/30に次回の予約を入れていたのですが、
さすがにこれでは日常生活に支障が・・・と思い、
電話して事情を説明して、
ゴムを替えてもらいに先生のところに行ってきました。
ゴムをはずしてくれた衛生士の方にも、
「これは・・・きれいに染まっていますね〜」と感心(?)されてしまった。
ただゴムを交換しに突然やってきたのに、
とても丁寧にクリーニングしてくれました。

先生が登場して歯をチェック。
お、なかなかいいですね〜」といつも通りのコメントです。
次の調整日にリテーナー用の型取りをする予定だったので、
「もしかしたら今日この勢いで型取りってことに・・・!?」と
淡い期待をしていたのですが、
「隙間は閉じましたけど、まだ上下の真ん中が
ずれているのがもうちょっとですね。
予定通り、型取りは30日にしましょう。」とのこと。
少し残念、でも、確かにまだすこ〜しずれてるかなと思っていたので、
あと10日間、ゴムかけがんばります。

上の歯列は、すべての歯のブラケットを、
細いワイヤーでつなげて固定しました。
これで隙間が空いたりすることもありません。

ここまでしてもらって、でも今日のお会計は0。
少し申し訳ない気分。

いよいよ終わりが近づいています。
今まであせらず気になるところがあったらどんどん
直してもらおう、とのんびりやっていたのですが
もうすぐ終了と思うと、なんだか早く外したくて待ちきれない気持ちです。

第15回調整日。 

2007年06月10日(日) 12時57分
昨日、第15回目の調整日でした。
前回、ブラケットがはずれた時に
気になっていた下の前歯の部分をきれいに整列してもらって
自分のもともと持っているものの中で出来る範囲で
かなりきれいしてもらったかな、と思っていました。
ここ数回は、先生にも自分の希望や気になっていることを伝えられて、
先生も出来る範囲で応えてくれるという
安心感・信頼感が生まれたので
今気になっている、
1.上の右2番と3番の間の小さな隙間
2.少し正中がずれてる?
の2点を伝えて、これがなおれば終了かな、
自分の中では思いながら
先生のところへ向かいました。

クリーニングを済ませたところで先生が登場。
いつものように口をあけたり閉じたりしてチェックしていると
「ん〜?」と言ったきり歯を見ながら黙ること数秒。
「なに〜?」と思いながら次の言葉を待っていると、
「これはいいんじゃないですか〜?」と先生。
「そうですか?」(実際には「ほうへすは?」のような)と私。
「いや〜、みいさんこだわりの作品、て感じですね〜」
最近、細かい希望ばかり伝えて、それに応えてもらっていたので
少し恥ずかしくなりながらも嬉しいです。
「前のままでも全然機能的には問題なかったですが
これはいいんじゃないですか?みいさん、どうですか?」
と聞かれ、
「はい、実はすごい気に入ってるんです!ありがとうございます!」と
答えました。
どこがそんなに改善されたかというと、
機能的にはほぼ問題なくなったあたりから約3回にわたって
1.上前歯の微妙な角度調整
2.下前歯左2番の、左右の傾き調整による
  ブラックトライアングル隠し(目立たなくする)
3.下前歯、左2番の内側への傾き直し
をしてもらってきました。

それによって、審美的にとても改善されたんです。
自己満足という側面はあったのですが
実際やってみたら、先生も、きれいになったと認めてくれたのが
さらに嬉しいです。
「これで機能的には問題ないんだから」と
かたくなに拒否されたりしないで、よかったな、と感謝です。

さて、調整では、先生が
「もうみいさんが気になるところがなければ
次回、ブラケットはずせますが、何かありますか?」と。
きっと、そこで、私が「ありません!」と言えば
その場でリテーナーのための型取りをして、
次回で終了〜!ということだったのでしょうが・・・

冒頭の、今気になっている2点
1.右上の2番と3番の間の小さな隙間
2.少し正中がずれてる?
を伝えました。

先生はもう私のこまかい希望には
慣れた様子で、歯列を見ながら、
「隙間ね〜はいはい。」と隙間については確認。
正中については
「ん〜〜。これはしかたないかな〜」とまず一言。
でも先生は、いつも最初はちょっと否定してから、やってくれる。

「わかりました、やってみましょう」
と言って、そこから10分程、こまかい作業をしていました。

「はい、これで次回は気になるところは直っているはずですよ。
「そのかわり、ゴムかけを、またしてもらいますね」とのこと。

見てみると、
上の左1番のブラケットと、下の右3番のブラケットに
ゴムをひっかける出っ張りがつくってあります。
「睡眠時と、できれば昼間もゴムしてくださいね。」


すでに動きがあって、真ん中に少し隙間が開いて
ゴムで引っ張っている左1番が右に寄れば
ちょうど真ん中に合うかな、という感じ。



けっこう目立ちますが・・・
でも次回、これで気になる部分がなおったら
型取りをして、その次が終了です!

次回は6月末なので
7月中旬には上手くいけば
ブラケットが外れるかもしれません。
楽しみに、ゴムかけがんばりたいと思います。
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画像や文章の無断転載・流用はご遠慮ください。
Yapme!一覧
読者になる