August 28 [Mon], 2006, 11:13
記憶の中のあなたは
どうしてそんなにも綺麗なの

記憶の中のあなたは
どうしていつも笑ってるの

戻りたいなんて言う資格ないかもしれないけど
本当はあなたのところへ
今すぐにでも行きたい

今のあなたがどんな風なのか
私は全然知らない

すれ違ったってわからないかもしれない

今の私をあなたはしらない

 

August 26 [Sat], 2006, 16:12
ちっぽけで何にも出来ない私

そんなのわかってる

なのにね
なぜか何でも出来るフリして
無理して強がって

成長できないでいる

だけど
ある日あなたはいった
そういう君も好きだよと

なんだか少し楽になって
胸をはれるような気がしたんだ

大好きなあなたに認めてもらえたこと
誇らしく思うよ

あなたに出会えたこと
誇らしくて仕方ないよ

あなたを好きになれたこと
あたしの一番の誇り

あなたと一緒にいられるのなら
あなたと一緒にいられるのなら
それが一番の幸せ
それが一番の幸せ

 

August 17 [Thu], 2006, 18:25
でも とか だって とかって言って
自分の殻に閉じこもって
今日も踏み出せずにいる

つらくて悲しくて寂しくて
一人でないてる日もある

だけどそれを消し去ってくれるのは
いつだってあなただったね

あなたに会えばすべてが忘れられた
何も考えずに笑っていられたんだ

私もあなたに何かしてあげたい
私はあなたに何かすることはできますか?

あなたのことが大好きだから
あなたのことを想っています

 

August 16 [Wed], 2006, 21:04
こんなに想っているのに
伝わらない現実

こんなに好きなのに
勇気がない自分

もっとあなたに近づきたくて
気持ちばかりが先走る

実際何も変わってないのにね

あなたも私を想っているかも
なんて都合のいい考え方してみたり

結構うまくいかないもんだね
今までどうやって乗り越えてきたんだろう

テレビと現実が区別できない子供のように
過去と現在の区別が出来ずにいた

いつかあの日が帰ってきますようにとは言わない
だけどほんの少しの望みをください
私に少しの望みをください

いますぐ逢いたい

*** 

August 14 [Mon], 2006, 23:48
あなたが今幸せならそれでいい
そんなこといえない
わがままかもしれないけど

もう一度だけ・・・

あの時何もいえなかったこと
後悔してる
あなたは何か感じていたの?

あの頃私は
あなたが私をどう思っているか
っていつも考えていた

目で追って
気付けばいつもあなたを見ていた

あたしは待ってた
あなたが呼び止めてくれるのを

あたしが呼ぶべきだったんだね
だけど少しの勇気が足りなくて
何も出来ずに終わってしまったんだ

今あなたはどうしていますか?
私のことを覚えていますか?

さよならなんていえない
さよならなんていえない

もう一度逢いたい
もう一度逢いたい

 

August 11 [Fri], 2006, 23:04
どうしてうまくいかないの?

でもね
なんだってそうだった
今までずっと

押さえつけられて
反抗して
泣いて
結局何も出来なくて

あの子はあんなに幸せそうなのに
どうしてあたしは不幸なの?

だって環境が違うから
だって人脈が違うから
だってお金がないから

いつだって繰り返すんだ
そうやって言い訳すれば
人のせいに出来るから

なんにも変わらないのに
嘆いてたって............


そんな時もあった

 

February 26 [Sun], 2006, 13:50
今更後悔しても遅いこと
自分に残された道は開き直ることしかないこと
もうあなたに笑って会うことは出来ないこと

全部わかってる

でもね
あなたが優しくしてくるから
あたしはそのたびに
現実逃避する

あなたのそばにいること
あなたの笑顔
あなたの笑い声
全部あたしの生きてる証だった
今さら気づいたの

大切な存在だったんだって事

あなたは知らないうちに
あたしの生活に入り込んでいて
生活の一部になっていたの

あたしの全てではないかもしれないけど
あなたがいなくなったら
あたしどうしたらいいの?

これから何を見て前に進めばいいの?

なんでも教えてくれたあなた
今回だけは何も教えてくれない

 

February 25 [Sat], 2006, 22:01
ねぇ
泣きたいよ
大きな声で泣きたいよ

あなたの前で
大きな声で泣きたいよ
あたしの願いは叶いますか

小さくて大きなあたしの願いは叶いますか

今すぐ走って駆け寄って
しがみついて
泣きたいの

だけどあなたの周りには
人が多すぎて
あたしにはソレをかき分けてまで行く
勇気とか
力とか
そんなものはないの

だから溜め込んだの
隠したの

自分自身に嘘ついて
つらくなるのは自分だってわかってたけど
でもそうするしかなかった
そうするしかなかったの

何もないあたしに出来ることなんて

 

February 25 [Sat], 2006, 21:53
自分の失敗で
夢とか
未来とか
全部失っちゃった

やりたいこととか
いっぱいあったのに
全部失っちゃった

あなたの努力も
すべて裏切って
今私はここにいて

みんなの思いやりとか
優しさとか
全部
無駄にして

そんなあたしでも
今ここにいられるんだ

世界には
色んな子がいるのにね

夢がある子とか
いっぱいいるのにね

こんな夢のない
努力の足りない
甘えたあたしが
楽に生きてるんだね

そんなおっきな事考えたりとかしてみたり

でも本とは全然小さくって
成功した人を
羨んだりすることしか出来なくて
泣くことも出来なくって
自分の小ささ思い知るよ

 

February 25 [Sat], 2006, 18:35
どうしてみんな慰めるの
どうしてみんな追いかけてくるの
どうして逃げちゃいけないの

そっとしていて欲しいの
今くらい
そっとしておいて欲しいの
お願い・・・

なのに心配されるの
ただ一人で居たいのに

だって誰かといたって
楽しいなんて感じられないし
むしろ傷つけてしまう

だったら一人でいたほうが
後々めんどくさくないでしょ?
ねぇ
違う?

あなたは何でも教えてくれたじゃない
際どいこととか
いけない事とか

なのに今回はどうして教えてくれないの
教えて
私に
真実を

同情とかそんなのやめてよ
平気じゃないのに
平気だって言って必死で笑ってるんだから

もうそのことに触れないで
励まさないで
もう何もいらないから

存在ごと消したいくらいなのに
こんなに必死に笑ってる

でも誰も気づいてくれない
苦しい
泣きたい
叫びたい
ホントの気持ち

そんな考え甘いのかもね
言わなきゃ伝わらないのかもね

だからあたしは涙を隠した

だからいまにも泣きそうなの
ためた涙こぼさないように
今にも溢れ出しそうなの
どこにこぼせばいいの

あなた何でも教えてくれたじゃない
数学だって
際どい事だって
なのにどうして今回は
教えてくれないの
P R
コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:story_story
読者になる
Yapme!一覧
読者になる