調剤薬局の薬剤師の将来性

November 26 [Wed], 2014, 11:50
薬剤師の就職先で一番多いのが、調剤薬局です。

医薬分業により、調剤薬局の数が一気に増え、
今や、都市部ではコンビニよりもたくさんの調剤薬局があるといいます。

そんな中、薬剤師は不足の状態が続いており、
多くの薬局が、新卒、中途採用、両方を募集しています。

地方の薬局では年収800万で働くことも可能なのです。

⇒ 高年収の薬剤師の求人を見る

しかし、今後、薬剤師の数が増えて、飽和状態になると言われています。
薬学部がたくさん作られ、薬剤師の数は増えるのに、薬局はこれ以上は増える見込みがないからです。
そうなれば、就職も困難な事態にもなるかもしれません。

調剤薬局は病院の門前に多く作られてきましたが、
近年、調剤併設型のドラッグストアやコンビニが増えてきています。
また、在宅医療に力を入れる薬局もあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:宮下京子
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/store822/index1_0.rdf