ホンダCR−Z試乗記

March 21 [Sun], 2010, 20:23
昨夜は嵐が来ましたが今日はいい天気になりました。

先日仕事で前橋に行くのにレンタカーを借りたら、
たまたまホンダのHYBRIDカーのインサイトに当たりました。

初めてインサイトに乗るので期待してたんですがはっきり言ってダメ車でした
ボディー剛性がなくペラッペラの印象です。
基本的に1300ccの車にアシストモーターが組合わさった車ですが、
その車格の車と比較しても「残念」な感じです。

加速時にアシストモーターが働くとターボが効いたみたいにグンッとパワーが来る感じは面白いですがそれだけです。

関越自動車道で高速運転しましたが、
120km位で走ると車体がふわっふわっした感じで安定感を欠き、恐くてハンドルにしがみついて走っていました。

この間、箱根旅行に行くのにスズキのスウィフトに乗りましたが、あっちの方が良かったです(減速時のATのフィーリングは悪かったけど)。


今日は奥さんと2人で自転車で食事に出て、その帰りに思いついてホンダのディーラーでCR−Zの試乗をしてきました。
インサイトは酷かったけど、個人的には応援したいホンダのスポーツハイブリッドの実力を知りたくなった訳です。

書類に住所・氏名・連絡先を書き、免許証のコピーをとったらいよいよ試乗です。
普通試乗時にはディーラー社員が同乗しますが、CR−Zは実質2シーターの車なんで奥さんと2人乗車して20分くらい好きに走って来ていいよと言ってもらいました。

まずドアを開けたときからインサイトと全然違い剛性が高い事が分かる重さです。
内装は硬質のプラスチックが多いですがラグジュアリーカーではないのでまぁ良しでしょう。
走行モードは・ノーマル・エコ・スポーツの3種類を好きなタイミングで変える事が出来ます。

走り始めはノーマルモードでスタートしましたが、車の剛性が高いのが少し走っただけで直ぐ分かります。
剛性が高い車は普通に走っていてもとても気持ちいいです。
ノーマルモードはアクセルに対するレスポンスも悪くなく上々の乗り心地です。

次にエコモードに切り替えましたが、とたんにアクセルに対するレスポンスが悪くなり、信号青でスタート時にアクセル踏んでも「のそっ」っとした走り出ししかしません。エコドライブを車側主導でやってくれます。

正直、少しイラつきます。自分が乗るときはエコモードはあまり使いたくないと感じました。ノーマルモードの方が気持ち良くって精神衛生上もこちらがお勧めです。

都内杉並区ですのでスピードが出せる所がなく、「スポーツモードの威力が発揮出来るんかなぁ?」と疑問視していましたが、その存在感は充分感じられました。

ノーマルモードよりアクセルレスポンスは更に良くなり、走り初めからパワフルです。
途中からアシストするというより、最初からエンジン+モーターで駆動する感じです、正直面白い!力強い!
当たり前ですがスポーツモードは燃費度外視ですから、エコドライブの度合いによって変色するスピードメータの後ろ側は最初から『赤』です。
『エコ(緑)普通(青)エコ度悪し(赤)』

約20分の試乗を終えて帰ってきましたが、大変満足しました。

CR−Z!良く出来た車だと思います
このコンセプトはありだと思うし、コンパクトスポーツカーを望む人には是非勧めたい1台です。
ハイブリッドシステムをスポーツアシストに使ったアイデアに拍手です!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:stonehead
読者になる
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stonehead/index1_0.rdf