日本の医療全

April 10 [Wed], 2013, 16:28
日本の医療全体がQOL(生活の質)を大切に捉える傾向にあり、製造業に代表される市場経済の発展と医療市場の大幅な拡大により、美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)は4〜5年前ぐらいから一気に注目されはじめた医療分野のひとつである。
審美歯科(しんびしか)というのは、第一に美を考えた総合的な歯科医療の分野。歯の持つ役割には機能的な一面と、表情を明るくみせるなど審美的な一面があり、両方健康という目で見ればとても重要な要素だと言えよう。
美白(びはく)という考え方は90年代の終わり頃に美容家で化粧品会社創業者の鈴木その子が必要性を唱えて流行ったのは記憶に新しいが、それよりももっと前からメラニンが原因のシミ対策のことばとして使われていたようだ。
乾燥肌による掻痒感の要因の殆どは、老化に縁る角質の細胞間脂質と皮脂の減退や、クレンジングなどの使い過ぎに縁る皮膚のバリヤー機能の破損によって発生します。
よく目立つ目の下のたるみの改善策で有効なのは、ずばり顔面のストレッチです。顔面の筋繊維は無意識下で強張ったり、感情に絡んでいる場合が頻繁にあるのです。
特に夜22時〜2時までの240分間は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、肌の生まれ変わりが一際促される時間帯です。この240分の間によく寝ることが最良のスキンケアの要だと思います。
早寝早起きはもちろん、7日間あたり2回以上楽しい事をすれば、体の健康のレベルは上昇すると言われています。こんな事例もあるので、アトピー性皮膚炎の人は皮膚科のクリニックを受診してみてください。
毛ガニ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:stodsajifsa
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stodsajifsa/index1_0.rdf