早くも週刊誌を賑わせ始めた 鳩山首相の早期「辞任表明説」(J-CASTニュ… 

December 05 [Sat], 2009, 11:02
早くも週刊誌を賑わせ始めた 鳩山首相の早期「辞任表明説」(J-CASTニュース)

鳩山氏と鳩山政権の関係について気になります。
ですが、政権崩壊について、もう少し掘り下げて調べてみたいと思います。日本料理店についても同様に。
気がついたのですが、キーパーソンについて、Wikipediaでよく調べてみようと思います。永田町についても調べてみたいですね。
いかにも、政権崩壊について、はてなダイアリーでよく確認してみたいと思います。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/soci/jct/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000001-jct-soci



 鳩山由紀夫首相の偽装献金問題が日々クローズアップされる中、「政権短命説」を唱えるメディアが相次いでいる。いずれも「民主党の小沢一郎幹事長が、近く鳩山氏を『切る』」との見方で、専門家からは「(収支報告書に虚偽記載をしたと認めている)元公設秘書の起訴後の対応がヤマ」との声もでている。



 発足からわずか2か月の鳩山政権だが、早速、メディアの中には政権維持を危ぶむ論調が出現している。例えば今週発売の週刊誌を見ただけでも、「週刊現代」12月12日号は「小沢一郎 鳩山を切る!」という記事を、「サンデー毎日」12月13日号は「小沢周辺から漏れてきた『鳩山首相年明け辞任表明』」という記事をそれぞれ掲載している。



■鳩山首相と小沢幹事長との確執で政権崩壊?



 鳩山政権は、(1)偽装献金問題(2)米軍普天間基地の移転問題(3)デフレ対策という3つの大きな問題を抱えており、いわば「三重苦」とも言える状況だが、両記事が共通して指摘しているのが、11月24日夜に東京・銀座の日本料理店「吉兆」で行われた会食の様子だ。各紙に掲載される「首相動静」によると、鳩山首相以外の参加者は稲盛和夫・京セラ名誉会長、菅直人副総理、岡田克也外相、前原誠司国交相、民主党の小沢一郎幹事長、山岡賢次国対委員長、輿石東参院議員会長、高嶋良充参院幹事長。政府・与党のキーパーソンが一同に会した形で、鳩山首相と小沢幹事長が同じ場所で会食するのは珍しい。



 週刊現代では「その席では、かなり微妙な空気が流れた」と指摘する一方、サンデー毎日では「この会食の翌日から衝撃的な情報が永田町を駆け巡った」として、小沢氏周辺から「まもなく鳩山氏が辞任する」という情報が流れたとしている。



 また、月刊誌「選択」09年12月号でも、



  「鳩山政権『崩壊』の序曲始まる 『支持率低下』なら小沢は見限る」



との記事を掲載。鳩山首相と小沢幹事長との確執が政権崩壊につながるとの見方だ。



■すでに「ポスト鳩山」が話題にされる



 なお、「サンデー毎日」に掲載された座談会記事では、すでに「ポスト鳩山」が話題にされており、菅直人副総理、原口一博総務相、民主党の細野豪志副幹事長、岡田克也外相などが登場。「政権崩壊」後のシナリオが現実味を帯びてきている。



 一方、政治アナリストの伊藤惇夫さんは、「年内に政権がガタつくことはない」とみる。



  「元々小沢さんは『情の人』ではありません。政権も道具の一つで、『使い捨て』もあり得ます。小沢さんの関心事は『鳩山政権を持たせること』よりも、(10年の)『参院選で最大多数を取ること』。その(「使い捨て」の)時期がいつかですが、通常国会に入ってどうなるかが焦点です」



具体的には、偽装献金問題への対応がさらに後手に回った場合、小沢氏の「決断」が早まる可能性もあるとの見方だ。



  「一つのヤマは、(近く在宅起訴されると報じられている)元公設秘書が起訴された後どうなるか。(年明けの通常国会で)予算を通すタイミングや、支持率がどう推移するかという問題もある。このあたりをにらんで、(小沢幹事長が)判断していくことになるのでしょう」





■関連記事

首相の借用書ない「貸付金」  贈与税の脱税にならないか : 2009/11/30

「事業仕分け」から「大臣就任説」まで 広瀬香美・勝間和代と蓮舫議員が「鼎談」 : 2009/11/23

普天間基地移設に「関空」活用? 仰天プランが急浮上 : 2009/11/20

大臣が「仕分け人」に圧力 その大臣は誰なのか : 2009/11/19

強姦未遂容疑者が関与か 千葉女子大生の殺害放火事件 : 2009/11/30