多汗症の原因と対処法

December 07 [Mon], 2015, 11:56
暑いのでもなくて、運動をしたのでもないのに多量が汗を流す多汗症。 実際では原因が不明した場合が大部分ですが、その大部分が精神的なストレスによることであるとなっています。 もちろん他の原因も思うことができるし、原因を 1個とも言い切ることができないです。 ここでは多汗症を少しでも改善するため、多汗症の原因と対処法に対して詳しく解説します。
多汗症の原因と対処法
現在、多汗症のかなり多い数は精神的ストレスが原因になっています。 他人の前に乗り出して緊張している時や、失敗してはいけなければ不安を感じれば多量が汗を流します。 しかし自宅でのびやかに休んでいるリルレックス状態にある時でも多量が汗を流すとか目を開いてからいくばくもない時に汗を流し始めると言うケースもあります。
今までは精神的に緊張したから多量が汗を流すことであるとなっていたんですが、実際は緊張した時に交感神経が過度に敏感になるため、多量が汗を流すと言う方が適切です。
多汗症は必ず精神的ストレスが原因で発病する病気ではないから、自分がどうして多汗症にかかっているかどうかを理解するのが重要です。
精神的要因(緊張・ストレス・不安)
多汗症は精神的問題によって恐怖を感じて発汗することからニックネーム、発汗恐怖症とも呼ばれています。 ストレスや緊張、不安を感じれば交感神経が優位になって汗腺の機能を活発にさせます。 そのため交感神経が敏感な方位、多汗症にかかりやすいと思われています。
しかし、どうして交感神経が敏感になるかは不明します。 もちろん精神的な問題を引き受けている方皆が多汗症にかかるというのではないです。
他の疾患が原因
代謝異常や内分泌以上、循環器や中枢神経の疾患等の病を病んでいれば多汗症にかかる場合があります。 しかし局所性多汗症にかかることは珍しくて、多くの場合は全身性多汗症にかかります。 反対に多汗症の場合には皆さんがそうではないですが、このような疾患の疑惑もあることになります。
例: 甲状腺機能航進証(バセドビョング)・茶色細胞種糖尿病・ではないという肥大症・急性リューマチ・生殖器障害・糖尿病・結核など
ホルモンバランス
多汗症の原因にはホルモンバランスの混乱も思うことができます。 ホルモンの分泌は脳の視床下部でコントロールになっていますが、交感神経も同時にコントロールになっているのでホルモンバランスが崩れれば交感神経のバランスも崩れて多汗症になります。 特に女性は月頃や妊娠、更年期があるのでこの影響を受けやすいと思うことができます。
遺伝
直接的な原因ではならないですが遺伝と多汗症の関係性も否定することができないです。 神経質的な性格や緊張するスィウンドングの性格が遺伝したから、多汗症にかかるともします。
多汗症は思春期以後になって自覚し始めますが、乳児時にもう発病している場合もあります。 遺伝を皆とは言えないですが可能性は否定することができないです。
生活習慣の混乱
多汗症も病気の一つなので、生活習慣には密接に関係していると言えますね。 食生活では辛いものを食べるとか熱いことを食べるとかすれば汗を流します。 これは正常ですが、過剰になれば味覚性多汗症にかかることができます。
多汗症の症状にはファリネ効果をもちいてしっかり改善していきたいところです。
また肥満は多汗症が多いと言うので、バランスをつかまった食生活を心得肥満にならないようにしましょう。 煙草屋コーヒーも多汗症の原因になる場合もあります。 ニコチンやカフェインは交感神経を刺激する中枢神経興奮剤と言う物質がたくさん含まれているから、過剰に取れば発汗が促求受けます。
このように一言で多汗症だと言っても、さまざまな原因を思うことができます。 自分の判断では原因が分からない場合にはドクターに相談しながら、原因を探して改善をして行きましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taka
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stkjw3rmve/index1_0.rdf