Priceだけどコサメビタキ

June 01 [Wed], 2016, 15:43
小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、家の都合によって会社勤めをしていました。ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。
資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も選択肢の一つでしたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、介護施設で看護助手として勤めながら介護士資格を取る方法があることを知りました。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。
やり甲斐という観点から見てみますと、介護士の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。
でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。
することは多く、責任は重く、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、介護現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、良くない点を打ち消せる程にメリットも多いと考えられるのではないでしょうか。特に90年代の終わり頃でしょうか、介護士といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られる専門職であることが、よく知られるようになっております。


イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。介護士の給料と言えば、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。
こうしてみるとよくわかりますね。
介護士は確実に高給を得られる専門職なのです。


総じてキツイと考えられがちな介護士の仕事。
労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例として、二交代制の介護施設勤務のケースだと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。


労働時間が長いということも介護士として勤務することがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。

止まらない少子高齢化の影響。介護職にかかわる人たちもまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。
ですから、既に不足している介護士なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、変わらず介護士の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。

介護士の勤務は交代制ですが、それ故に、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護の業務に必要な諸々について口頭で直接、次の人に説明を行います。
患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう話す努力が必要です。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量もとても大事なことです。

働く介護士の休日に関してですが、本人が働いている介護機関でそれぞれ異なるようです。
特に、3交代の勤務体系で行われていると、先にシフトが組まれていますので、出勤や休日がカレンダー通りではないことも普通です。一見大変そうなシフト勤務ですが、ご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。


皆さん想像がつくと思いますが、介護士は大半が女性なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて結果的に離職率が高い仕事となっています。その他にも、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。シフトを組んだ交代制勤務などで介護士の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。



受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、きちんと次の担当介護士がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。それほど重要でない情報もありますが、病状や処置に関する情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。

患者に安心して治療を受けてもらうためにも、働く介護士は外見に気を付けておくことが重要です。メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、印象の良いナチュラルメイクにするのが良いでしょう。

ノーメイクとも違いますから、患者に与える印象も良くなるでしょう。介護士は給料が良いことで知られているものの、実はその金額はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。


個人介護施設、大学介護施設、公立介護施設など勤め先はいろいろあります。退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の介護機関の場合は、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。
ところが、個人介護施設の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。

公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。
昨今の介護士不足は十分な介護を提供できないという意味では社会問題と言えます。理由としては、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。法改正によって、医師の仕事を介護士が担当できるようになったため仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取るのも困難なのです。



勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に介護士を退職する人も珍しくありません。今以上に自分の介護士としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような単純な業務とは言えませんから、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから別の仕事先を探す人も一定数います。

様々な技能が必要になる、さらに高度な介護の現場に行って介護士スキルをさらに底上げを図ろうとする、大変に積極的な仕事の選び方です。



未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。
異性から好かれる要素の多い介護士でも、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。

実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が言えるようです。晩婚になる理由を挙げるとすれば、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、出世を第一にすることで結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。


近年、相次ぐ介護施設の統廃合によって介護士の不足が浮き彫りとなっています。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに急患対応も必要で、多くの介護士がかなりの重労働をこなしているといわれています。


徐々に男性介護士も増加していますが、いまだに女性の方が多い職場なので、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる介護士も多いという事実は深刻な現状を表しているといえます。
介護士として働いて、もう数年になります。
それで、思ったことは、一般に介護士は喫煙をする人、アルコールに強い人が多いようなのです。
タバコが有害という認識が広まったこともあって、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。そして、飲み会などでみかける、介護士たちの酔っ払い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。
こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。
介護施設勤務で介護士として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、転職して別の介護施設で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。
あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、得意なことを最も活かすことができるポジションにつくことができるでしょう。
仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、まず間違いなく、病棟で働くことになります。


そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。
事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい介護士の能力評価ですが、最近ではこれを行っている介護施設は多いです。

個人ごとの能力を評価することを可能にするため、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。


この評価は、介護施設により月一のこともあれば、成長の度合が分かりやすいように、一年に一度、という所も多いようです。自分の能力評価を受け続けることで、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。

国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、ここ数年でどんどん介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。
ということはつまり、介護機関で働く介護士に関してもさらに多く必要とされていますが、実際には、人手不足が深刻です。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それによって求人も多くなりますから、転職先に困ることはない、という良い面もあるのです。

今、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人介護士候補生という方々を受け入れています。とは言え、候補生は日本語で出題される介護士国家試験を受験して、仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国する必要があります。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、介護士資格取得のための試験対策も行わなければならないので、大変シビアであるようです。
知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、介護士の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的で使用している現場は多いようです。
ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。


昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、それが今まで細々と生き残って今でも便利な言葉として、介護士の皆さんに使われています。

交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、基本的に土日は休みになります。
何か急な事態によって呼び出されたり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。
他には、個人の介護施設で入院施設がなければ、そういうところでは大体は土日祝日は休みをとれるでしょう。介護士として、毎日激務をこなしているうちに、つらいこと、大変なこともあります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

ですが、どういった介護施設か、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事の内容は全く変わってきます。我が国の法律で、介護士は医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。

基本原則として、介護行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。
ただ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、緊急事態には、場数を踏んでいる介護士であれば、若干の介護的行為は認めるべきだと思っています。介護士は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、わざわざ改めて、介護施設まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。

それに、やはり患者さんの家族の方からとても喜んでもらえた時など、大変に感動したりします。



介護士の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、多分介護士はもう辞めたい、などと願い、悩んでしまうと思うのです。交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。

もちろん休みはとることができますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人が引きも切らず、働き盛りの介護士が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。出産し、子育てを始めるとなると安心して託児ができる施設などがなければ夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。

けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて再び介護士として働きだすようになる人もいて、そんな例が少しずつ増え始めています。公務員と介護士を両立する方法は、国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。

もともと、介護士という職業が専門的な知識が求められ、長期間働ける職業として人気なのですが、なおかつ公務員にもなれたらもっと安定性が高まりますよね。手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などはなによりも嬉しいメリットですよね。介護施設という場所で働く介護士は神経を張りつめていることが多く、これが続くとどうしても多くの介護士はストレスに悩まされます。

なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。



そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、この先も長く続けたい場合は大事な点になるでしょう。


介護施設には多くの科が設置されていますが、それぞれの科の診察内容次第で、介護士に求められる技術やケアなど、看護の方法が違います。介護士のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、介護士として全体的なものの見方が出来るようになり、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人介護士の前向きな気持ちも上げられると言われています。
介護士というと介護施設に勤めているイメージがありますが、介護士が働ける職場として保育園があることを知っていますか?保育園を職場にするのは、子供好きの介護士には、理想的な職場だと思います。


保育園でどのような仕事をするかと言うと、介護従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする必要不可欠な仕事なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hiroshi
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stiecilnwghexi/index1_0.rdf