通常に比べて

July 28 [Fri], 2017, 15:24
引越し業者をどうやって選ぶかということについてなんですが、引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。例えば全国に支店があるような大手の引越し業社だったり地元の引越し業者というのもあります。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。引越し業社にはこのように種類がありますがどの引越し業者を選ぶのがよいのかは、自分の引越しに合った業者を選べばいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、家具や家電付きの賃貸物件というのも最近では人気になっています。そのような物件に引っ越しをするには、作業員の人数も必要ありませんので、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。また、会社の独身寮に引っ越しをする場合も、引越し業者や運送業者に単身パックのようなものがありますからこういったサービスを利用すれば簡単でお得にに引越しができるのではないかと思います。このように、引越し業社を選ぶには単身なのか家族なのかといったことや考えるのがよいのではないでしょうか。そして引越し業者によって料金はかなり差がありますので、色々と比較して選ぶといいのではないかと思いますから、料金について比べるとともに、サービス内容についても違いがないかを確認して最も条件のよい会社を選ぶとよいですね。
引越しの時期について紹介したいと思います。一年のうちで一番引越しが多いのは3月から4月にかけてだと思います。3月から4月には、入学や就職、転勤などの時期なので、当然ですけれど、引越しする人も多くなるわけですから、引越し業者も通常に比べて忙しくなります。そういうわけで、3月から4月は、引越し業者の料金も高くなりますので、自分で引越しの時期を選べないもとも多いですが、3月から4月はできれば避けたいです。転勤などが急に決まってこの時期に引っ越しをすると、引越しの料金が高くつくこともあります。引越し業者も3月から4月の繁忙期というのは通常のスタッフの数では仕事量をこなすことができないので、繁忙期の仕事量をこなすために作業者の数を増やす必要があるので、そのためアルバイトや人材派遣の人を採用するのですが、しかし、アルバイトや人材派遣でこの時期だけ引越しを手伝っているようなスタッフはその会社でずっと引越し作業をしているスタッフと違って、テキパキと早く確実に作業をこなすとまではいきませんので、そういう人が混じっているのも理解しておかなければなりません。なので、引越し業者の仕事の質という点でも、ちゃんと教育訓練された専門スタッフが揃っている時期に引っ越しをしたほうがよいということになりますが、急に転勤など言われた場合はやむを得ないところではあります。引越し業者によって作業の丁寧さなども多少差がでますが、3月から4月では、そんな事情も理解せざるを得ないのは、そうなのですが、そうでなければ、アルバイトなどを使わない方針の業者を選ぶことです。
引越しのえころじこんぽについて紹介したいと思います。引越のサービスに日通のえころじこんぽという商品があったようにおもいますが、えころじこんぽという引越しの商品というのは全て環境にやさしい梱包方法をつかっている引越しサービスです。例えば、引越しで使用したダンボール、ガムテープなどの梱包材料は、引越の作業が終わったら処分することになりますので、環境に悪いですよね。でも、引越しのえころじこんぽの場合は、タンスやテレビなどの家具、家電は梱包材には毛布を使用します。食器類は、新聞紙などゴミになるものは使わず、食器トランクと呼ばれる専用の運搬用のボックスに入れます。衣類の梱包をするのもダンボールを使うのではなく、ハンガーに洋服を掛けて運ぶようにできているハンガーボックスというものを利用しますのでダンボールは使いません。また、えころじこんぽは、荷造りの作業に関してもすべてスタッフが行ってくれますし、それにゴミになってしまうような荷造りのための材料を使わない方法ですからエコな方法ということができます。ダンボールなどを使わない分は料金が安くなっているようです。そういうこともあるので、日通のえころじこんぽは、家族の引越しにもオススメなパッケージ商品とも言えます。赤ちゃんやお年寄りがいるような家庭の場合でも、便利に利用できる引越しのプランのようですね。
神奈川 愛媛 引越し
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:しょう
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる