iPhone 5s/SEの基板に実装される最小サイズのMLCCは「0402サイ

April 23 [Sat], 2016, 12:53
 iPhone 5s/SEの基板に実装される最小サイズのMLCCは「0402サイズ(0.4×0.2ミリ)」と呼ばれるもの。5sでは572個のMLCCのうち、半分近い235個がこの0402サイズであった。
シャネルiphone6sケースしかしSEは全507個のうち167個に減っている。代わって最も多かったのが、ひと回り大きい「0603サイズ(0.6×0.3ミリ)」のMLCCであった。
人気ブランド携帯カバー

 MLCCにはサイズのほかに構造別に種類がある。従来は2端子タイプのMLCC(両端に基板との接続用端子がある)が多かったが、特にノイズ特性に優れた3端子MLCC(なかほどに3個目の端子がある)が普及しており、複数のMLCCが必要だったノイズ除去の仕事を1個でこなせるようになった。
6Plusケースシャネル

 Appleはサイズだけでなくコストのバランス感覚も得意だ。SEはMLCCの集積化で使う部品数が減り、基板に空きスペースができた。
シャネルiphone6sケースそのため、0402サイズより低コストな0603サイズのMLCCをできるだけ多く使うようにしたのかもしれない。

●SEに続く“復刻”モデルは出るか?

 4型とコンパクトで、ほぼ最新のスペックを持つSE。
超人気iphoneケースこのクラスのiPhoneを必要とする人が多いことはAppleも認めているのだろう。しかし販売価格が従来機種の半分程度となると、あまりヒットすると高級な主力機の売れ筋に影響が出かねない。
iphone6ケースSEの生産数を予測すると、決して主力と呼べる商品でない事は確かだ。四半期ごとの生産数から推定したSEの月間生産数は120〜150万台で、6/6sの1割程度だ。
ルイ・ヴィトンiphone6ケース

 Appleとしては先進国の人々には10万円以上する主力機を買ってもらい、新興国や途上国にはSEを廉価(それでも貧困ラインとされる1日1ドルで生活する人々にとっては年収以上の額だが)で販売し、新しい販路向けの製品として活用すると思われる。

 スマートフォンの主役はディスプレイだ。
シリコンiPhoneケース片手操作には大きすぎて不便かもしれないが、一度大画面に慣れてしまうと、以前の水準には戻れない事を多くの人が認めている。同時に、2年おきに10万円近い新型機を買い、これまた多額の通信料金を費やす事に疑問を感じるユーザーも増えた。
グッチマフラー

 スマートフォンは日本ではほぼ普及したと言われ、これまでのように新機種が飛ぶように売れる市場ではない。また新しいデザインや革新的な技術よりも、使い慣れたデザインとサイズを使い付けたいというユーザーも増えている。
6PlusケースルイヴィトンSEに続く復刻モデルが出るとすれば、コストに敏感で必ずしも先進性を求めないユーザーにとって、必要なオプションになるといえるだろう。

●番外編:「iPhone 7」(仮)予報

 次期iPhoneと目される「iPhone 7」(仮)についてはさまざまな予想があるが、現時点で、多くの研究者の意見が一致しているものをご紹介する。
シリコンiPhoneケース

 まずラインアップは3モデル構成になる。大画面モデルの「+」に加え、「D」と呼ばれるグレードが誕生し、この「D」は2つのアウトカメラを搭載する。
グッチ iPhone ケースカメラが2つになればきれいに撮れるわけではなく、片方のカメラで今まで通り画像を撮影し、もう1つのカメラでさまざまなセンシングを行うものと予想される。

 カメラが2つになると取り扱うデータ量も増える。
グッチiPhone6ケース大量のデータを滞りなくさばくためのDRAM(メモリ)も増え、現在の2GBから3GBになると予想されている。写真や音楽を収めておくフラッシュメモリ(ストレージ)は6s/6s Plusと同じ最大128GBになるだろう。
iphone6ケースだが、256GBモデルが2017年に登場すると予想されている。それには、大容量・微細化を進めた3D NAND構造を採用したフラッシュメモリが搭載される公算だ。
ルイヴィトンiPhone6sケース

 プロセッサの構造も変わる。次期iPhoneのプロセッサでは、台湾の半導体製造大手TSMCが「InFO」(Integrated Fan Out)と呼ぶ、新しい半導体実装方式が用いられる。
Dior iphone6ケースこれはファンアウト型WLP(FOWLP:Fan Out Wafer Level Packaging)とも呼ばれる技術で、プロセッサの小型化と集積化がさらに進む。

 ディスプレイサイズは現在と変わらず、4.7型と5.5型モデルと思われる。
iPhone6ケース シャネル風次世代有機ELディスプレイは翌2017年の一部モデルで採用になり、2018年に全モデルで一斉に採用と予想される。

 充電については、30分程度の充電で80%満タンになる急速充電に対応する可能性がある。
iPhone6ケースまたヘッドフォン端子もなくなり、Lightningコネクター経由で音楽を聴く可能性を示唆する専門家もいる。

 本来なら設計が固まっているこの時期に、これだけの予想情報が乱れ飛ぶのも珍しい。
シャネルiphone7ケースAppleも悩んでいるのかもしれない。
iPhone「想定使用年数3年」公表が引き起こした大物議 「コスパ悪っ!」「買い替え需要に必死...」
米アップルが想定する「iPhone」の使用年数は3年だった!
 米アップルのスマートフォン「iPhone」の耐用年数が、インターネットで話題になっている。
シャネルiphone6sケースアップルが公式ホームページ・環境ポリシーのページで、「iPhone」の使用年数が「3年」であることを明らかにしたからだ。

 それによると、アップルが想定するiPhoneやiPad 、Apple Watchの使用年数は「3年」、MacBookなどのパソコンやApple TVについては「4年」という。
iphone6ケース

■iPhoneは3年。Macは4年が「寿命」

 米アップルは、それぞれの製品にモデルケースを想定して消費電力を測定。
ケース コピーそれを基に製品ごとの固有の使用パターンや、複数の製品を組み合わせた使用データから、それぞれのデバイスの使用年数は、「OS X製品とtvOS製品で4年間、iOS 製品とwatchOS製品は3年間を想定している」とした。

 不用意に落としたり、誤って水の中に入れてしまったりして故障した場合を除けば、iPhoneが普通に機能する「寿命」は「3年」ということのようだ。
ディオール携帯ケース

 このことを経済誌Forbes(日本版)が2016年4月19日付で報じたところ、インターネットにはさっそく、さまざまな反響が寄せられている。

  「コスパ悪っ!」
  「iPhoneの寿命が3年。
シャネルiphone6 ケースMacが4年は短すぎだろ。 ふざけんなよwww」
  「端末に紐付けされているアプリの移行が面倒だから新しいのを買わずにいるのに、3年しかもたないのかよ。
iPhone 6 plusケースそれであの値段はねぇだろw」
  「消耗品にしては高すぎる。安くしろ」
  「だいたい半年ぐらいでガラスが欠けたりヒビが入るよな」

など、「3年では短い」といった不満の声が漏れるほか、

  「買い替え需要に必死だな。
シャネルiphone6 ケースちなみにオレの『5』はまだまだ現役」
  「オレのガラケー、8年使っても壊れてない」
  「やっぱ日本製がいいのかな」

といった声や、アップルが自社製品に「寿命」を想定していたことに驚きの声もみられる。

 ちなみに「3年」の使用年数となると、「iPhone 5S」が間もなく発売から3年を迎える。
エルメスiPhone6ケースアップルにすれば、「iPhone 5S」は、2016年はちょうど買い替えのタイミングというわけだ。

 一方、iPhoneの最新版には2016年3月に発売されたばかりの「iPhone SE」があるが、「iPhone 7」の発売も見込まれている。
プラダ iPhone6ケース
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:setgvxde
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stgexfe/index1_0.rdf