とかげもどきのしっぽだっていいじゃないかにんげんだもの

May 07 [Sat], 2016, 14:53
レオパの保温方法は、「パネルヒーター」だけというシンプルな飼育法でいけます。ですけど、12月〜2月あたりの時期は、パネルヒーターonlyだとちょっと厳しいのが本音です。
そこで寒い時期の越冬方法にピッタリで効果バツグンというのが本日ご覧に入れる「飼育者御用達の暖突」です。
暖突を備え付ければ、寒いシーズンでも生体に影響を与えず可能となります。ところで真冬対策でオススメしてる暖突がヒョウモントカゲモドキ飼育で結構、値段の張るショッピングになるかと。
ヤフオクなどの通販サイトで使い回しでお得に取り寄せることもできますが、信用に欠けるかもしれませんし、長く使えるものなのかも分からず仕舞いで不安があります。個人的には中古通販は考えないほうが良いかと思っています。
ガレキや専用品などのシェルターは、レオパを代表する生体が安心して過ごせるものってことで使えるものなら、何でもOKです。大丈夫です。安心して休めるものがないと警戒心でなにか体調不良に陥るケースもあり得ます。
飼うためのケースについて、注意点が1個だけあります。別に複雑なことではありません。レオパが脱走しちゃわないようにフタがしっかり閉まるプラケースにしましょう。レオパを飼う上での常識です。
爬虫類のなかでもレオパの快適な飼育温度はアバウトに言うと30度前後ですが、飼ってるケージ内には温度に差がでる場所を出すのがベターです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Wakana
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stfopcdieflopi/index1_0.rdf