「大隊改増」はどう釈放張力

July 15 [Mon], 2013, 17:02
「大隊改増」はどう釈放張力
1度の専門の改革が鳴り物入りで全国展開を準備をしていて、8月1日、「大隊改増加"の範囲は拡大12省市から全国規模、減税通年は两三千亿、税収レバレッジ回すのは減税自体だけではなく、減税を大筋で改革張力の循迹でもっと厘清。
两三千亿元――このどう位置づけるの減税規模?もし持っ2012年全国税収約10兆元の計算では、「大隊改増加"の比重を占めて3%まで2%減税。一方、中国の現行税制構造の中で、「大隊改増」には最も可能と最も有効の最大公約数の減税;一方、「十二五期「大隊改増」全体にサービス業を全面的に推進し、予想の減税効果も引き続き増幅。
中国の現行19税目で、増値税と営業税税収の中の比重を40%、二大主体税目ごとにほとんど関連企業が、中国ではほぼ90%以上の税収の企業から。だから、またこの二大税目に文章を作り、実現することは間違いない一種のもっと大規模減税。上海財経大学公共経済と管理学院教授胡怡建と指摘し、「大隊改増」は、二大主体税目連動により大規模な減税で、これもその所得分配に調節の作用は無視できなく、政府、企業、住民間の収入が行き交う、政府の実現の大規模減税こそが、企業、住民の所得の伸び条件を創造と可能性。
例えば一言で平易な言葉に説明する「大隊改増」、それは以前企業コストも計算し、今コストが減った税、サービス業の繰り返し徴税、実現の負担軽減。「大隊改増」の先行で、90%企業税負担の減少、小規模納税者より広いの認定は、中小企業もいる降マイナス程度は40%。
降マイナス企業にもたらすに多くの選択肢。「大隊改増加"の利益後、広東平成広告有限会社会長の呉暁波決定投入を増大する、企業の科学技術の付加価値。事実上、インタビューでは、多くの「大隊改増」に降負の企業の選択投資を拡大、生産技術。
「大隊改増」は企業にマイナスの下がりながらも、クリアした製造業とサービス業の間のステルスの壁。増値税の控除チェーン、一面によって企業を低コスト化実現に細分化し分割しながら、上のつながりで税を緊密に協力し、これは一種のもっと現代的な企業の特徴。
プライスウォーターハウスクーパースの間接税胡根荣主管パートナーとして、「大隊改増加"の琴線の何千もの細胞と経済、サービス業の負担軽減を切り口をある程度に対する経済の身のアクティブにして、更に重要なのは1種の税制公平の実現は、中国で一セットの統一の流通税制度に推進サービス業と製造業発展の協調一体。
今後、「大隊改増」は、現在の現代サービス業に飲食、宿泊などの伝統的なサービス業を全面的に推進。価格はの形成は多重市場要因共同作用の産物で、根本は需要が、「大隊改増加"の大規模減税は間違いない企業低下製品の価格が増えた空間。
胡怡建によると、中国の現在の税制構造の中で、一番問題の核心は間接税の割合が重大で、これはほとんど低所得者の不利な地位、金持ちの少なく納付、中低所得者が多くて納税する。「大隊改増」がもたらした減税は、間違いなく減の間接税は、香港会社設立これも「大隊改増」に触れた当面の税制改革の主脈。
今、「大隊改増」全国展開しつつも控えで、物流などの業界はすでに出会った税負担が上昇し、やはり電信業で出会う可能性のある税負担の試練を乗り越え、しない改革が成功すると、一面の平坦な道。それが見たのは、これは一つの必要鋭意進取の税制改革は、ペースを加速していく中で、その持った改革の張力が合理的に釈放。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:stephaniesu
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stephaniesu/index1_0.rdf