引越しします 

2005年08月13日(土) 18時00分
Blog移転します。

 気に入って使わせていただいていたヤプログのブログサービスでしたが、このたび強制的に企業広告が入ることになりました。

 会社も利潤を出さなくてはならないわけで、こちらから文句を言う筋合いも無いので、おとなしくお引越ししたいと思います。

 リンクしてくださっている皆様、お手数ですが変更の程よろしくお願いします。

 転居先→コチラ

帰ってきましたー 

2005年08月12日(金) 19時10分
YBAキャンプから戻りました。

お祈りくださった皆様に、心から感謝します。
とても良いキャンプになりました。

海水浴で、すごい風と雷雨に見舞われたり、その雨で薪が濡れてキャンプファイヤーの火がつかなかったりと、トラブルもありましたが、それでも楽しく・仲良く・心豊かなキャンプになりました。

心から感謝です!

広告 

2005年08月09日(火) 22時50分
入れたくないんだけどなあ(ボソッ)

がんばれ粗忽キャンプリーダー 

2005年08月09日(火) 10時43分
 明日からYBA(Young Bible Association)キャンプである。
 キャンプリーダーなので、持って行くものが多い。

 春のキャンプでは全員の米を忘れた私である。
 あの時は泣きたかった・・・。

 今回は、初の試みとして「持ち物リスト」を作ることにした。
 はっ・・・、つまり、今まで私はリストを作らずにキャンプに臨んでいたのか!?そりゃ忘れ物が続発するわけだ・・。

 さっと書き出しただけで、楽器やらパソコンやらで30品目が挙がった。
 でも、まだまだありそうである。

 目指せ、粗忽ゼロ!

解散総選挙・・ 

2005年08月08日(月) 21時38分
 郵政民営化法案が否決。
 小泉首相は、衆議院の解散を決断した。

 また、リンダ氏が忙しくなってしまう・・・。

 郵政民営化法案でまるっきりかすんでいるが、障害者自立支援法案も廃案になるようである。
 この法案については、もっと深い議論をするべきだ、と思っていたので、衆議院のようにひっそり可決されなくて良かったと思っている。

また、あらたなミュージシャンが現れた・・ 

2005年08月07日(日) 22時38分
 日曜日の午後、カンザキ氏は現れた。

 先日、電話を下さって「また、そのうち行きますわ。」と言われていたのだが、本当に来て下さった。
 年のころは私と同じくらい、ギター弾きでソングライティングもされるというので、早速歌ってもらった。

 ギターも歌も曲作りもかなりレベルが高かった。
 オリジナルの曲、そして仲井戸麗市の曲などを披露してくれた。
 ふっと聴き入ってしまう音の世界をちゃんと持っている。

 D-28を爪弾いて「Stephanさん、こんないい音のするギター持っててあんまり弾いてないなんてもったいないっすよ」と言われてしまった。
 はい。反省します・・。

 マエハラ氏、ケンジ君、ミホさんに続いて、本格的なソングライターの登場である。
 どうしてこういう風に出会いは広がるのだろう。
 とりあえずマエハラ氏のCDをお貸しした。

 「一緒になんかやりましょー!」と意気投合して分かれた。(そのあと私は倉敷で会議があったのである。)

 年末に、ソングライターの連中を集めて怪しげで熱いコンサートを開催したいと考えていたが、カンザキ氏の登場でぐっと現実味が増してきた。

前期末試験 その3カントの人格主義の思想について。 

2005年08月05日(金) 16時27分
設問(6)カントの人格主義の思想について。

前期末試験 その2カントの人間観と倫理思想について 

2005年08月05日(金) 16時23分
設問(4)カントの人間観と倫理思想について

前期末試験 その1ルサンチマンについて 

2005年08月05日(金) 16時17分
 T教官から試験問題がメールで送られてきた。
 選択して答える形式だったので、ルサンチマンについて、とカントについて答案を書いて送信した。

 さあ、これで夏休みだー!(すでに満喫しているけど。)

設問(1)ルサンチマンについて

庭先テント泊 第二夜 (仲間が増えた) 

2005年08月04日(木) 20時07分

庭先テント村でくつろぐジム君

 庭先テント泊も二日目に突入。

 教会の庭に出現した、キャプスタのかわいいドームテントだが、日中はナギちゃん・リョウタの遊び場として活躍した。

 トム君とジム君も来たのだが、テントをみてジム君の目が光った。

 「僕モヤリマス!」とジム君。どうやら、かなりの庭先キャンパーらしい。
 後でお母様に伺うと、ベランダでのテント泊を一人で楽しんでいるらしい。頼もしい小学五年生である。
 屋外でのテント泊は未経験だそうだ。
 生粋の庭先キャンパーである。

 で、夜になって果たしてジム君はお母さんの車でテントを背負ってやってきた。
 テントが二つ並ぶとなかなか楽しい雰囲気になってくる。

 道行く人は、増殖するテントを見てどんな想像をするのだろうか。

 ・・・もう、私は一人ではない。