「Apple Watch 2」は今より最大40%薄型化。6月のWWDCで発表か

May 21 [Sat], 2016, 23:07
「Apple Watch 2」は今より最大40%薄型化。6月のWWDCで発表か
エルメスの革バンドを付けたApple Watch
iPhone 7 Plusはデュアルカメラ搭載
  Apple Watchの次期モデルApple Watch 2は現行タイプより厚さが20%から40%薄くなり、6月半ばにもアップルがサンフランシスコで開く世界開発者会議(WWDC)かそれまでに発表される−−。
iPhone6 シャネルスこうした予測を盛り込んだレポートを米ドレクセル・ハミルトンのアナリスト、ブライアン・ホワイト氏が投資家向けに発表した。今年登場するiPhoneについては、ほかの予測と同じように5.5インチのiPhone 7 Plusでカメラが2個搭載され、7月に量産開始の見通しとした。
最新グッチ iphone6s plusクリアケース ブランド アイフォン6sカバー

 ホワイト氏は長年アップル担当のアナリストを務めているが、ただ、その予測には当たり外れがあるという。

 現行のApple Watchは2014年9月に発表され、2015年4月に発売。
シャネルiphone7ケース今年3月のプレスイベントではiPhone SEと一緒にApple Watch 2がお目見えするのではとの事前予測もあったが、結局、新しいバンドの発表にとどまった。それ以外では9月ごろに新型Watchが登場するかもしれないという報道もある。
シャネルiphone6sケース

 アップル関連ニュースサイトのMacrumorsによれば、これまでに発表されたほかの中国からのレポートでも6月発表の線でほぼ一致。Apple Watchの製造を受託している台湾のクアンタ・コンピュータでは第2四半期末までに製造に入り、第3四半期初めに量産を開始するとみられている。
iPhone6 シャネルスいずれにしても、iPhoneと違って、Apple Watchの製品サイクルは1年より長いスパンとなりそうだ。

 Apple Watchは他社の腕時計型端末に比べて優位な位置にあるためか、先端テクノロジーで勝負するiPhoneほど陳腐化のスピードは速くないようだ。
iphone6携帯ケースケースや文字盤、それにブランドもののバンドなどのオプションを豊富に取り揃えることで、テクノロジー色よりも宝飾品のようなラグジュアリー感を前面に打ち出し、陳腐化を消し去る努力が今のところは成功しているように見える。

 だが、痛し痒しの部分もある。
シャネルマフラー40%も薄型の新機種が登場するとしたら、さすがの現行モデルも古くさく見えるかもしれない。もっとも、そうならないと新型が売れず、アップルとしては困るのだろうが。
iPhone6ケース

【関連記事】
iPhoneユーザーの「忠実度」は新型登場でアップ Ericssonの調査結果から
「iPhone SE」
 コンパクトな4型ディスプレイ搭載で注目を集めているAppleの「iPhone SE」。デザインこそ約2年半前に発売された「iPhone 5s」と同じだが、プロセッサやカメラなどが「iPhone 6s」と同等に引き上げられているのが特徴だ。
手帳型 iphone5ケース

【調査結果】新型iPhoneが発売される前は、8割近いユーザーが同じOSを選ぶという

・ITmedia Mobile 特集 iPhone

 iPhoneユーザーの中には、大型化した「iPhone 6/6s」への機種変更を見送り、今回のiPhone SEを購入したという人もいるという。iPhone SEに限ったことではないが、シェアの多いiPhoneは新モデルが出るたびに多くの買い替えが発生する。
人気ブランド携帯カバー

 その中には、iPhoneからiPhoneだけでなく、AndroidからiPhoneへ、あるいはiPhoneからAndroidへと、異なるOSのスマホへ乗り換えるユーザーもいる。使い慣れたユーザーインタフェースよりも、それぞれのOSや製品が持つメリットを求めてのことだ。
シリコンiPhoneケースでは、こうしたOSごと乗り換えるスマホユーザーはどれくらいいるのだろうか?

 少し古くなるが、通信機器・基地局ベンダーのEricssonは2015年12月、スマホOSの乗り換えパターンを計測した結果を公表した。同社は自社製品が使われている100以上のグローバル市場で定期的にモバイル通信のトラフィック(Wi-Fiをのぞく)を測定しており、そこで得られた機種別のデータをもとに算出したものだ。
シャネルiphone6 ケース測定は15年第三四半期で、タイミング的にiPhone 6s/6s Plusの発売前後を調べたものだが、SE発売前後の今でも参考になるデータだろう。

 このレポートによると、新型iPhoneが発売される前は、iPhoneユーザーの約73%、Androidユーザーの約82%が同じOSのスマホに買い替えるという。
ディオール携帯ケース忠実度という意味ではわずかにAndroidユーザーのほうが高いが、どちらも8割近いユーザーが同じOSを選んでいる。Windows Phoneユーザーは約2割しか同じOSを選択せず、6割がAndroidへ、15%がiPhoneに流出した。
シリコンiPhoneケースWindows 10 Mobileのリリースでこのバランスがどう変わったのかも気になるところだ。

 これが新型iPhoneの発売後になると、iPhoneユーザーの忠実度は93%へアップし、Androidユーザーの忠実度は76%に減少した。
iPhone6 4.7インチ カバー新型iPhoneの登場をきっかけに、それ以前の2倍のAndroidユーザーがiPhoneに移行。Windows PhoneからiPhoneへの乗り換え比率も増えたという。
ルイヴィトンiPhone6ケース日本や米国のような成熟市場では、購入から1年程度でスマホを乗り換える傾向も見られた。

 iPhoneに限らず、同じOSのスマホに新型が出れば買い換えが進むのは想像に難くないが、それをグローバルなトラフィックデータから裏付けているのがこのレポートといえるだろう。
iPhone6ケースグッチちなみにBlackberry、SymbianおよびFirefox OSなどのOSは、「普及率が低いため、対象に含まれていません」とのこと。

 Ericssonの調査らしく、新機種に乗り換えたことでデータ通信がどう増えたのかも報告されている。
iphone6s plusケース ブランド 平均では新機種にすることで、データ通信が20〜45%アップした。購入から数日間はアプリのダウンロードが多く、これは旧機種で使っていたアプリをもう一度インストールするためだ。
シャネルiphone6 ケース

 しかしその後は動画視聴の割合が増えているという。新機種にすることで通信速度が上がることや、ディスプレイサイズが大きくなる場合は、サイズアップで動画が見やすくなるため――と考えられている。
人気ブランド携帯カバーまた、こうしたデータ通信の伸びは途上国市場のほうが顕著だという。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:erghsfe
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/steohoes/index1_0.rdf