あっという間の。

October 23 [Mon], 2017, 0:08
1ヶ月。妊婦だったことを忘れてしまうくらいだけど、ちょっとした階段の昇り降りで足がガクガクすると、まだまだ体力ついてないことを実感する。
久しぶりの赤ちゃんは、夜すんなり寝てくれるからほんと楽。
昼間はグズグズすごいけどねー。
息子の時には持てなかった余裕?沐浴姿が可愛いとか、おっぱいを頑張って飲む姿、新生児微笑、激しく動く手足。小さなことでクスッと笑えている自分がいる。

不思議なことに兄弟顔がそっくりだから、ふとした仕草で上の子のことを思い出す。可愛かったなー。

過干渉

October 05 [Thu], 2017, 14:44
無事出産を終えて自宅に帰宅。
よく寝てくれる子供と、一生懸命お世話してくれる旦那、赤ちゃん返りしつつも話をするとちゃんと理解してくれる上の子。
上の子の時よりも環境的にも気持ち的にもすごく楽に育児がスタートできているんだけど、1つ大きなもんだいが、実母。

手伝いはいらないよ、夫婦でやると言っておいたにもかかわらず、お世話したがりでグイグイ。
離れて暮らしている人からしたら贅沢な悩みかもしれないけど、母のペースに合わせてまでお世話してもらうつもりはなく。。
沐浴も1人でできるし、朝旦那が一通り家事やって夜帰ってきてからもやってくれるし、晩ご飯だって、ネットスーパーでいろいろ買えるし。
いらないよと言っているのに。

毎日母の生活時間に合わせてごはんを宅配し、母の都合で子の沐浴をしにくるし、沐浴やり方違うからやりづらいし。。
ネットスーパーでいろいろ買ってあるのに同じ食材買ってきて冷蔵庫の中増やしていくし。。
今までの孫お世話してきたからってのも分かるし、更年期の心配してくれてるのも分かるのだけど、だったら必要な時は呼ぶから口出ししないでくれよと。
上の子が学校に行ってる間、子のペースに合わせて体休めて、ごはん食べて沐浴して。
上の子が帰ってきたら上の子にかまえるように体力温存してるのよ。
そのリズム壊してるのは誰?と。

母が滞在する日は寝不足で私も余裕がなくなるのだ。
来週からは断りたい。でもぐいぐい来るんだろうな。

ラスト臨月

September 22 [Fri], 2017, 1:15
あんなにハードだった悪阻の日々からあっという間の臨月。

部署異動もさせてもらえ、あー仕事ってこういうものだよね。って思える方々と一緒に働き、ありがたく産休に入り。
あいもかわらずダラけがちの嫁を温かく見守ってくれ、フォローしてくれる旦那。
ほんとにね、出来た人だよ。
なんだかね、今周りの環境に恵まれているなと感じます。

今年頭からの息子の発達問題も少し解決の糸口が見え、このタイミングでちゃんと息子の毎日に向き合う余裕を持てているのもありがたい。
再婚してからのこの毎日はいろいろあるけれど、トータルでみればなんと幸せなんだろうと思える。

だからね、私の大切な友人にも、こんな日々も持てるんだよと伝えてあげたい。
とっても頑張り屋さんで、我慢強くて、マジメで、一生懸命な彼女には私もたくさん助けられたから。

おーいまた。

July 22 [Sat], 2017, 0:44
チェスター死去。
20歳当時ガンガンいろんなライブに行っててよかったわ。
まさかチェスターがこんなに早く死んでしまうとは。
繊細な表情をしながらシャウトするチェスターは色気ハンパなくて、
いつかもう一度と願っていたよ。頻繁に来日してくれるからチャンスはあると思っていた。

あの当時行きまくったライブのTシャツがどんどんくたびれてきて、時間の経過を感じつつ、新譜をチェックする余裕もゆとりもないのは相変わらずなんだけど、いざそのチャンスに出会えないのは悲しい。

リンキンに関しては、特別な思い入れがあるタイミングのライブ。
だからこそ穴が空いたTシャツが捨てれない。
この情報社会の世の中で、同じ趣味を持つ人と出会えるのはきっと簡単だけど、それをしないのはあの当時いっしょに音楽を聴いた人たちやライブに行った人。チケットをわぁわぁ言いながら取り合った思い出が私にとっては重すぎるほど輝いているんだろう。
もう誰とも繋がっていないのにね。
そしてそれを諦めてしまうのが大人になった証拠。
海の向こうでなにがあったのかわからないがどうか安らかに。
それでも、あなたの美声がリアルで聞けないのは本当に悲しいよ。

やった。

March 25 [Sat], 2017, 20:34
ある日突然ごはんが食べれるようになった。
2ヶ月ぶりのまともな食事。
ごはんってこんなに美味しいんだ。美味しく食べれる幸せから涙が出た。
笑っちゃう。

重症妊娠悪阻ってほんとに地獄だわ。
しんどかったなーほんとに。
この1ヶ月の記憶がほぼない。
もーすぐ退院。やったーお家だ。

忍耐

March 15 [Wed], 2017, 19:55
入院20日目を迎えてしまった。
まさかの展開で、仕事も行けない、家のこともできない、給食も作れない。

ほんとに家事ができて優しいダンナでよかった。息子が大きくなっててよかった。
地元で、実家が近くでよかった。

まさかの重症パターンで、点滴で生きているような状態。ちょっとよくなって外泊したらぶり返し。
イジメ度半端ない。なんてかまってさんなコなのだろうか。
もう無理はしないから、頼むからこれ以上いろんなこと圧迫する前に退院させておくれ。

脳内ポイズンベリー

August 27 [Sat], 2016, 1:41
あなたのことが好き。でもあなたといる私が嫌い。

うん。そうだったな。

私はあのときそう決めたんだった。

情けないな。

August 20 [Sat], 2016, 1:17
ゆ私の子を、私を、血のつながりなんか関係ないよ。今日から孫とひ孫だ。どの子もみんな平等。なんて言ってくれたおばあちゃん。

餃子を包みながら、血のつながりもない嫁と孫に同居の提案をしてくれたお母さん。

初めての四泊のあと、息子だけでも夏休みの間残っていけばいいのにと寂しそうにいうお父さん。

息子をみてて面白いですよ!と私の両親に言ってくれたおじちゃん。

遊びにいくと、たくさんの手料理でおもてなししてくれて、素敵なおすそ分けをくれるおばちゃん。

あったかい気持ちを持ってる人は、ほんとにあったかい人達のもとで育ったんだな。
私はあんな眩しい人達の家族でいいんだろうか。と思う。
受け入れてくれようとしてくれてとても嬉しい。と、苦しい。
期待に応えたい。不安感。
なのに真っ逆さまに引っ張られる引力。
アホなのは私。

整理しよう。

August 05 [Fri], 2016, 0:25
ちゃんと頭の中、感情、事実を整理しよう。

今の現実、過去の美化されたもの。

大切なのは分かっているから、でも、その中で本質を見極めよう。

岐路に立った理由、今を選んだ理由。過去を手放した理由。

置いていかれたこと、ほっとかれたこと、さりげなく嘘をつくこと。ないがしろにされたこと。
こういうとこ。変わらない。
たった半年と、複数年。
決断できなかった理由。歳の問題?日々の危機感?
大切だと思う価値観の基準。

ちゃんと前を向けるように。



いいおと。

July 31 [Sun], 2016, 0:16
子供のこと、仕事のこと、学童のことに終われていたら愛車が壊れた。あとで調べたらエンジンがいかれていて限界を迎えていたらしい。
奇跡的に事故をおこさず、会社の駐車場まで走ってくれた。
ありがとね。六年間。

ってことで、代車なんだけどまー音悪い。
カーナビだから?低音きかなくてつまんなーい。

ひっさびさにCDショップで試聴なんてしたものだから、余計に音のたりなさがね。。。
いいヘッドホンといい音響って大事だと思いました。
2017年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像ゆきりん
» 一年間というもの。 (2012年12月23日)
アイコン画像ゆき
» 今週。 (2012年07月19日)
アイコン画像ゆき
» 決めよう。 (2011年11月02日)
アイコン画像八雲
» ブログ。 (2011年09月25日)
アイコン画像ゆき
» 日曜日。 (2011年07月05日)
アイコン画像アフ
» うーん。 (2011年02月08日)
アイコン画像はる
» うーん。 (2011年02月02日)
アイコン画像アフ
» 疲労、 (2010年11月20日)
アイコン画像ゆきちゃむ
» 疲労、 (2010年11月17日)
アイコン画像ひろこ
» あたしって。 (2008年10月15日)
P R