人妻は「美」が命

October 19 [Tue], 2010, 12:58
芸能人は「美」が命。整った顔の造作はもちろんのこと、ツヤツヤの髪、シミやシワ、毛穴の見えない肌、トータルで年齢よりずっと若く見られる外見を保ち続けることが、大半の芸能人には求められている。テレビ放送の地デジ化が決定し、すでに高機能大画面テレビなどでは、従来の放送では映らなかったであろう目尻の皺や肌荒れなどがさらされる事態にも陥っているが、そうした顔面トラブルを回避するためのプチ整形やエステは、もはや女優・女性タレントであればほとんどが施術しているだろう。

 ただ、加齢による衰えを食い止めるための施術にしろ、顔の造作を整えるためにメスを入れるにしろ、やはり術後のメンテナンスがもっとも大切なのがこの世界。継続は力なり、継続するだけの経済的余裕と根性がなければ、いずれ作り上げられた顔面は崩壊に至ってしまう。つい最近、本サイトでは超人気アイドルグループ・AKB48の板野友美嬢(19)の整形疑惑を取り上げたが、彼女は10代にして頻繁に「お直し」「メンテナンス」を繰り返している稀有な例と言えるかもしれない。

人妻さんまさんとの交際

July 26 [Mon], 2010, 13:19
「別の日には中越の自宅近くに淳が車を止めて、中越に何かプレゼントしているところを目撃されていたんです。しかし、淳ほどのプレイボーイでも、中越をオトすことはできなかったようです」

 前出の友人は「その頃には、さんまさんとの交際が始まっていましたよ」と言う。

「さんまさんと中越は、フジテレビ系の『あっぱれ!さんま新教授』で中越が準レギュラーになってから、交際が始まったんです。最初は中越のお姉さんも一緒に食事や飲みに行ったりしてましたが、最近では2人で極秘に会ってますよ」

 すでに3年の交際期間があるという2人。

「さんまと親しいテレビ関係者でも、中越との交際はごく一部しか知らないと思いますよ。それだけ、さんまは中越との付き合いを大事にしているということですよ」(親しいテレビ関係者)

 こうして話が表立ってきたということは、いよいよゴールインも近いのかもしれない。

スペイン中部の人妻

March 12 [Fri], 2010, 18:27
スペイン中部の高速道路で、自動車にはねられて1匹の犬が死んだ。そのそばを離れずに、亡骸を守っていたもう1匹の犬が話題になっている。この犬は死んだ仲間のそばを15日間にわたって守り続けていたが、最終的には、高速道路を走る車にはねられる危険性があったために保護された。

この守り続けていた犬はスペイン中部のエルエスピナルからアビラを結ぶ高速道路で発見された。スペインの動物愛護団体『エルレプヒオ』の職員が近付くと、威嚇的に吠えて人間の接近を拒んだ。何度か保護することを試みたが、どうやら一向に近づけそうにない。噛み付きそうな勢いで牙を向けてくる。仕方なく職員は麻酔銃を取り出し眠らせようと試みるが、2発放った麻酔弾は失敗した。その日の保護は諦めて、翌日保護へ。今度は何とか犬を寝かしつけることができ、施設へ連れ帰ることに成功した。

連れ帰られた犬は、メス犬で『ドルシネア』と名付けられた。名前はスペイン語で「憧れの女性」という意味だ。思いやりがあり献身的なその姿勢から、この名前がつけられたのだろう。ドルシネアは幸い健康状態に問題はなく、現在、動物愛護団体を通じて里親を探しているとのことだ。

人妻大スクープ

January 21 [Thu], 2010, 13:32
先日、都内でヘアサロン「ing」を経営する菊池勲氏と交際していることが発覚したタレントの小倉優子だが、なんと、当初はSMAP・草なぎ剛との熱愛スキャンダルがうわさされていたのだという。

 「昨年11月、マスコミ各社が『草なぎと小倉が交際』という情報をつかんで取材を開始。デビュー以来、女性スキャンダルが皆無の草なぎだけに、ネタをつかめたら大スクープだった」(写真誌記者)
 しかし、ガードが堅いわけでもないのに、草なぎがゆうこりんと密会する気配は全くなかったという。
 「普段通り仕事をこなして家に帰る日々。昨年春に“全裸泥酔騒動”で逮捕されてからは外で飲酒するのを控えているようだった。旅行に出かけたから、『小倉と隠密旅行か』と思っても、韓国に遊びに行ってしまった。残念ながら小倉が一緒ではなかった」(同)

 そこで、取材を重ねるうちにマスコミの“網”にかかってきたのがSMAPのヘアメイクを担当する菊池氏で、ゆうこりんの熱愛をスクープした「女性セブン」は決定的な証拠をつかんだ。
 「決め手となったのは小倉と菊池氏が更新したブログ。元旦の初詣と初日の出の文章と写真がほぼ同じ。小倉のマンションを張っていたら合い鍵で出入りする菊池氏の写真を撮れたらしい」(ワイドショー関係者)
 ゆうこりんにとっては幻の“本命”だった草なぎだが、その草なぎには全く女性の影がないようだ。
 「一時期、韓国に恋人がいるのでは、といううわさが流れた。実際、今年の秋から韓国に長期留学するため活動を休止するようだが、あくまでも韓国語を本格的に学ぶためらしい。おそらく、SMAPの中で結婚するのは最後になるのでは」(芸能プロダクション関係者)
 草なぎが絡んでなければ、ゆうこりんの熱愛はバレずに済んだ?

人妻ベストセラー

December 16 [Wed], 2009, 11:42
岡田将生と蒼井優が映画『雷桜』で初の時代劇に挑戦し、W主演を務めることがわかった。

 宇江佐真理による同名小説の映画化となる本作。時代小説というジャンルながら多くの女性読者に愛読され、発行部数は10万部を超えるベストセラー。将軍家に生まれた葛藤(かっとう)を抱える斉道(岡田)と、対照的に本能のままに自由に生きる遊(蒼井)を主人公に、かなわないと知りながらも深くお互いの心を求め合う男女の姿を描く。

 この日本版「ロミオとジュリエット」ともいえるラブストーリー時代劇を作り上げるのは、映画『余命1ケ月の花嫁』をヒットさせた平野隆プロデューサーと廣木隆一監督コンビ。そして時代劇初挑戦となる岡田と蒼井が主演を務める。

 将軍の血を引くが故に枷(かせ)にはめられた世界で生きていた青年の斉道を演じる岡田は「初の時代劇で緊張してますが、やってみたいと思っていたのですごくうれしいですし、楽しみです。乗馬や殺陣など、真剣に取り組みます」と初時代劇への意気込みを語る。一方、幼いころに何者かにさらわれ、人里離れた山奥で自由に生きてきた野性的な遊を演じる蒼井は、10代のころすでに原作小説を読んでおり、「とにかくきれいで、小説を読んだのに映像を見たような感覚になりました」と感想を述べ、「乗馬もお試しで一回行ったことがあるくらいでしかないので、初めてのことだらけですが、岡田くんと一緒に乗り越えられたらな〜と思います」とコメント。

 また原作者の宇江佐は「小説、とりわけ時代小説を映画化するのはとても難しいと聞いております。その中で『雷桜』にお声を掛けていただき、感激しております。この先は映画のご成功を心よりお祈りしております」と映画化に期待を寄せている。撮影は2010年3月から4月に九州地方をメインにロケを行う予定だ。

映画『雷桜』は、2010年全国東宝系にて公開予定
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:station2
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/station2/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる
ページビューランキング あわせて読みたいブログパーツ
  • seo