ツユムシの松川

February 16 [Tue], 2016, 17:27
ダイエットの決心をしたその瞬間が、一番のモチベーションに満ち溢れている状況でしょう。痩せる為には、その痩せるぞという気構えを長く維持することが、重要だと思います。とりわけ、最初に死に物狂いで頑張り過ぎると、人は挫折しやすくなってしまいますので、ゆるく取り掛かりましょう。ダイエットの為に朝ご飯を取らないのは体に良くないので、ちゃんと食べる方が効果的です。カロリーを考慮する場合は主食のお米をグリーンスムージーやヨーグルトで代替するといいです。他にも、温野菜サラダや温かいスープも新陳代謝が上がりますし、肌の健康にも良いです。バナナを朝食にしてもいいので、欠かさず食べて健康に痩せましょう。これさえ食べておけば絶対痩せる!なんて食べ物は存在しません。しかし、カロリーが低いものや、食物繊維が多く含まれていて、お通じを良くしてくれるものは痩身の効果がありますよね。野菜やきのこ類、海藻類を多く摂取すると、体重が増えることを防いでくれるでしょう。また、カロリーの高い食べ物を控える必要があります。最近、体重が増えたので、痩せよう調べていたら、いい対策を見つけました。それは、酸素を多く体にいれる運動です。有酸素運動は効果的で食事制限をするよりも、ずっとダイエットできます。私も数週間前からウォーキングでダイエットに挑戦していますが、順調に痩せてきて嬉しいです。そう考えても、有酸素運動って思ったよりあるんだなと感動しました。ダイエットは過去に何度かしてきました。今も継続している痩せる方法は一時の食断ちです。その日の用事がない日に水以外は何も食さないようにします。明くる日の朝はお粥などのお腹にやさしい食べ物を食べて、その後は普通に生活するのです。胃のリスタートにもなって身体にも良いそうですよ。仕事場でのスタッフとのストレスで、ここ数か月、自分でも引くくらい過食してます。ほっぺや顎や二の腕やウエストにもお肉がついてぷよぷよで、どうにかスリムになりたいなと、考えているのですが、どうしても、あまり体を動かす時間がありません。こんな時に、簡単に痩せられる薬が、あったならいいのになって思います。苦労しないで、飲むだけでスリムになる薬があったなら、1万や2万でも払う気はありますね。それくらいに痛切な思いです。ダイエット中の人は運動で減量を行うというのは普通ですが、時間や目標を決めて取り組んでいるのでしょうか?なるだけ毎日朝なら朝にして、夜なら夜にと決まった時間に運動をしているほうが痩せやすい体を作ることが出来るでしょう。炭水化物を減らすやり方で食事制限をしたことがあります。よく噛んで、ちゃんと満足度を得ようとしたけど、やっかいだったです。日本の人間なので、時々は、がっつりと白いお米をいただきたくなります。ですので、現在は、炭水化物の摂取は夜だけは控えますが、朝ごはんと昼ごはんは普通に食べることにしています。自分の基礎的な代謝を測ることは大事です。なぜなら、自分自身の代謝量がわからずに、自分にどのくらい摂取カロリーが必要なのかわかることは不可能だからです。10代の頃のようなダイエットに無茶をするのが体が言う事をきかなくなった分、常日頃から静かに数値の事を気にしていたいと思う日々です。すでに20年ほど前ぐらいの話ですが、その時、流行した海外製の減量効果のあるサプリを試みたことがありました。飲んでしばしすると、動悸が発生したり呼吸が荒くなったりしました。ききめがあると判断すればいいのか、体に適さないのかわからず怖くなり、一本で飲むのを止めることにしました。全然、痩せずに終わったお話でした。ダイエットにはいろんな方法がありますが、基本的には食事と運動が大切だと思います。食事制限を行うとともに運動を行うとグッと効果的なので、毎日ストレッチやトレーニングをすればさらに良いですね。スポーツジムを利用するのもいいですし、それができないといった方は自分でトレーニングやジョギングを行うように心がけるようにしましょう。ダイエットに役立つ運動といえば、エクササイズです。なるべく短期間でダイエットを成功させるためにはとにかくカロリーを使うことが大切なのでカロリー消費が激しいジョギングやエアロビやジョギングなどの運動が推奨です。併せて、体を引き締めてメリハリのあるボディーラインを作出するためには筋トレもおすすめします。短い間に健康的にやせるには水泳がベストな方法です。陸上競技はちょっと…という方でも、スイミングならば浮力があるので、すぐに疲労感も感じませんし、泳ぎ終わると疲れが気持ちいいくらいです。ダイエットを目標に沢山の人が水泳をしていますので、1人で泳いでいても別に恥ずかしくはありません。水泳は想像以上にカロリーを消費するので、続けることで痩せることが期待できます。若い頃は基礎代謝がすごくしっかりしているので、多少食べ過ぎて体重に出てしまっても時間の経過と共に元通りになることが多いです。けれど、年齢を重ねていくと基礎代謝力が下がってしまい、エネルギーの消費量も減少するので、何もしない状態だと太ってしまいます。目的を持って歩くことによってダイエットで注意することは、40分以上必ず続けて歩く事です。歩く事のような酸素を摂り入れる運動で、脂肪が燃焼するのは、約30分後から始まります。10分や20分ウォーキングするくらいでは、脂肪は燃やされず、痩せることのききめはかなり薄くなってしまうので、注意する事が大切です。あなたが、ダイエットにより健康的に痩せたいと思うなら、マラソンを実施するのが近道です。これは泳いだり、ウォーキングやジョギングをするといった運動です。そして、栄養面で考えるのはプロテイン、要するに、良質なタンパク質を取ることです。脂肪を燃焼させて減らすためにはタンパク質はとにかく必至なのです。ダイエットには有酸素エクセサイズがお手軽に出来るので、イチ押しです。私は踏み台昇降を家の中でしています。これは長いこと継続すると、心臓のドキドキが上がりますし、腿やふくらはぎの筋肉も伸び縮みするので、その動きよりもずっと体力が必要になります。これはテレビを観ながらでもできるのがポイントですが、すごく体重が減りました。減量を志すには筋肉を付けて基礎代謝をガンガン上げていくこと大切です。中でも、ダイエットする為にはどのような筋トレが必ず要するのでしょうか?ウォーキングなどの有酸素運動が効き目がありますが、やり過ぎはかえって筋肉が増えにくいと言われています。軽度の有酸素運動の後に筋力トレーニングを実施し、終わりにまた軽く有酸素運動を行うのが効き目が出やすいようです。基礎代謝は加齢するにつれ落ちていくとのことです。大して、食事内容に変わったところはないのに年を重ねるとともに太りやすくなっている様子です。ダイエット用、脂肪を燃やしたり吸収を阻止するタイプのサプリも豊富にありますが、可能ならば、自然成分からできている漢方で筋力をつけ、基礎代謝アップを目標にしたいです。有酸素運動は最低でも20分以上継続しないと効能が出にくいなとされてきましたが、今は何度かにわけてもあわせて20分運動していればききめがあるといわれています。と同時に、筋トレのほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことでそれぞれの効果を引き上げることが可能です。痩せるためにはある程度の努力が必要ではないと思います。いきなり体型を変化させることは身体に影響が出てしまいますので、長期的な計画を立てたダイエット法を選択し、それを何度も行い、ゆっくりと体重を落としていくのが基本です。ちょっと体重が減ったからと言ってやめてしまうと、すぐに元に戻ってしまいがちですので、最低3ケ月は引き続き行いましょう。ダイエットしている時の間食は絶対にいけません。間食で食べたものが、もしポテチなどではなかったとしても、食べる=太るという事実を心に刻んでください。我慢のしすぎも悪いですが、一日三度の食事をしっかりとって、あとは食欲をコントロールできるように体質改善ができるといいですね。痩せよう!と頑張って実行していると結構、厳しい食事制限を与えてしまう人もいるんですけど、断食などの無茶な減量は、タブーです。ダイエットをしていてもひもじくなってしまったら無理をせずに召しあがってください。その時は低いカロリーの物をたべるようにすれば急に体重が増えたりすることもありません。体重を減らそうと思っても日々の運動で、長距離走をしたり歩行したりするのは本音はちょっと面倒な気持ちがわきませんか。そこでお伝えしたいのが室内でのゆっくりと継続する運動です。ラジオ体操もバカにできない有酸素運動なので、楽な服装で、たくさん体を動かし体操をすると、おのずとカロリーも消費されます。女性の立場では、結婚式は二度ないはずのことなので、結婚を決めてから、とにかく一生懸命ダイエットに尽力しました。加えて、エステにも行って見ました。お金が色々とかかったので2日間しか通えなかったけれど、非日常的なことをして微かに綺麗になれた気がしました。どうしても食事と食事の間にお菓子を食べてしまって、治さないといけないと思っている方は是非、スムージーをお菓子の代わりにしてみましょう。スムージーは自分好みの食材をミックスしてもいいですし、ネットやお店でスムージーを買うこともできるでしょう。スムージーを食事と置き換えて飲むことで、痩せる効果が上がるんです。飲み込むときにスムージーを噛むとこれ以上なくいいですよ。息を意識してお腹からするだけでも、私たちは痩せるそうです。脂肪を燃焼させるストレッチとしては深く呼吸すると同時に肩甲骨を動かすのが効果が見られやすいのだと聞きました。肩こりにも効果がみられるんですが、両腕を上に垂直に伸ばしながら息を吸い、腕は上を向いたままキープし、肘を折り曲げて体の後ろに下げていきます。この時に息を吐いて肩甲骨を縮めるイメージです。年を取るにつれて、体を動かしていく機会も減り、基礎代謝が下がっていく気がします。そのせいか、時間をかけてダイエットをしても、中々思ったように体重が減りません。まず体質改善を行わないとダメですね。始めに、体を温かくするために、生姜湯から、取り掛かりたいと思います。寒いときにはとっておきの飲み物ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。私がダイエットにチャレンジした時、家でも可能なダイエットの手段として腕立て伏せ、腹筋、スクワットをして、筋肉を増やすことで体内の代謝が上がりやすい状態にした後に、少し早歩きでの散歩を少なくとも30分は行いました。これを毎日続けたおかげか、2か月の間に5キロ以上の体重を落とすことに成功しましたが、続けるのはとても難しかったです。成功したといえるダイエットをするためには有酸素運動(ジョギングなど)をしない訳にはいきません。長時間かけて行う軽中度負荷運動により体の中に残った余分な脂肪が燃え始めるので、体を絞る事ができます。よくキツイ筋肉トレーニングを行っている人がいると聞きますが、こういったのは辛くて長続きしない場合もよくあることでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウガ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stateiaon8p8t1/index1_0.rdf