つかりた。 

2008年06月03日(火) 22時35分
今日も1日お疲れさまでした。
疲れたし、お腹いっぱいだし、眠たいし。
明日起きられるかな。。
しかし、きっと私は幸せなんだと思う。

明日もがんばろう。

■95kgと97kgのあいだ■ 

2008年05月31日(土) 23時15分



さいたまゴールドシアター第2回公演「95kgと97kgのあいだ」
2008年5月31日ソワレ 14:00〜
作:清水邦夫
演出:蜷川幸雄



すごかった。
てか、清水作品好きなんだろうな、自分。
「鴉よ、俺たちは弾丸を込める」も好き。
今回はなーんにも調べもせず、
ゴールド&横田さん&新川さん&モス目的で行ったんだけどさ。
初めからびっくりしちゃった。
チラシぐらい読んでいけばよかった。笑
こっから好き勝手書きます。


最初がね、「真情あふるる軽率さ」なの。
脚本も。演出も。
びびびびっくりしちゃった。
えええ〜!!って。
青年・横田さんが青年・洋さんとかぶってしまった…。
最初の下りは全く一緒だから、期待と不安に駆られました。
1985年初演の「95kgと〜」
1969年初演の「真情あふるる〜」
「真情〜」は、当時の学生運動を基盤にした社会に訴えかける戯曲。
当時の若者の圧倒的な支持を受けて、いつの公演も満席以上だったらしい。
それを変化させていったのが「95kgと〜」。
初め、この戯曲名の意味が分からなかったのさ。
「95kgと97kgのあいだ」ってタイトルだけでも斬新なのに、
いったいどんなメッセージが込められているんだろう…。
どんな意味なの??

それは、戯曲を観て、なんとんく掴めた…気がする。
人間は、理想を100にしたがる。
それが素晴らしいことで向かうべきところだと思っている。
だが、実際は違うんだ。
30、40、50、60・・・と徐々にあげていき、
90になったら次は95。
徐々に100に近づける。
そして95になって、つぎは97だというときに。
人は97にしてみるが、それを超えられないのだ。
あまりの重圧に押しつぶされてしまう。
しかし、また再度97に挑戦する。
そして潰される。
また挑戦する。
崩れる。
挑戦する。
落ちる。
挑戦する。
倒れる。

その繰り返し。
最後に97はどうなるんだろう…
銃撃の圧力に潰されても、高年齢者だけでなく、最後には若者も笑いながらまた立ち上がる。
ゴールドとニナスタがうまく戯曲にかみ合っていた。
赤の女性も意味深だった。
最後の皆の訴え?のとこは恐くなっちゃって。
ぐっと自分を抱きしめてしまった。
のみこまれそうだった。


「砂袋は体で担ぐんじゃない。
 砂袋はしなやかな精神で担ぐもんだ。」



横田さんはかっこいいし、新川さんも素敵だった。マッチョ。
なによりモス!
かっこよくなってたー。
これからもどんどん出て欲しいな〜。
最後のカテコで、ニナスタの子だろう、女子高生を演っていた女の子の笑顔がとても素敵でした。
もっとみてみたいな。


今回残念だったこと。
昨日洋さん観劇。
またもやニアミス。

今回素敵だったこと。
当日券の席、階段に座るんだけどさ。
隣の正席に座ってた人が、なんと豊さんだった!!!
思わず、あ、こんにちわ。と挨拶してしまいました。
豊さんも、顔は見たことあるけど…みたいな感じで若干気まずかった。笑
オリバー!ロダリーゴー!フランス王!
ずっと隣で緊張してしまいましたとさ。

ちゃんちゃん。

どろぼう 

2008年02月29日(金) 20時50分
どろぼう/aiko

ただあなたの後ろ姿を ただ見てるのが好きでした
こっそりすれ違ったらいつも 目はそらすけど願っていました

不思議なものですね あたしは欲が出てきたみたい

つのれば深いため息にこぼれれば ハラハラと流れる
あなたはどろぼうで
言えないやっぱり言いたい計り知れず好きですと
あなたはどろぼう

草の匂い潤す空き地で 一番乗りのベンチに座って
靴紐結ぶふりしていつも あなたが来るのを待っていました

空っぽだった心 今はきつい位に埋まってゆく

あなたに気付かれない様チラチラと 目をやれば
切なく鳴き出す胸の音
触れたい こう思うあたしをどうか受け入れて
あなたはどろぼう

不思議なものですね あたしは欲が出てきたみたい

つのれば深いため息にこぼれれば ハラハラと流れる
あなたはどろぼうで
言えないやっぱり言いたい計り知れず好きですと
あなたはどろぼう

大好き。 

2008年02月29日(金) 20時43分
大好きで大好きで大好きで。

もうどうしようもなのです。

考えてない日はありません。

ふとしたときはいつも頭の中。

大好きなんです。

めぐる想い出。

大好きすぎるんです。


どうしよう。

初めての。 

2008年02月11日(月) 21時21分
ラブレター・・・もとい、ファンレターを書いてしまいました。

明日、投函します。

2006年12月の「鴉よ、俺たちは弾丸を込める」で一目惚れ。

出演者ではないですよ。

お客さまとして来ていたあの人に・・・(*/ω\*)

1年以上も素敵だな〜と思ってて。

もちろんお仕事でしか会えないわけです。

こっちから話しかけることもできません。

「おはようございます」のみの会話。

それでも幸せでした。

一目見れただけで。一言話せただけで。

だけどそんな日々も、5日のさいたま楽日でおしまい。

毎回ホワイエに来てくださるのを嬉しく思ってた。

もう会えないんだ。

最後に、そのままのあの人を見れただけで幸せなのに。

どんどん思いはふくれていって。

よし!手紙を書こう!と。

もちろん、書いておしまい。

ある意味、「あきらめ」の手紙。


「今日も好きです。」


それだけ。

気持ちだけ知ってもらえれば充分。

人間欲を出すと、願いは叶わないんだよ。

だから、もう、諦めるのさ。

こっちとあっちの世界は違う。

同じ空気を吸っていても、同じ空間にはいない。

そんなもんなんだよね。

よし。

明日、出して、終わりにするぞ。

ひさしぶり。 

2008年02月11日(月) 21時15分
すごく、ひさしぶり。
1年4ヶ月ぶり?
ずーっと放置でした。

そのあいだも色々あったよ。
今は無事就職もきまって、バイト三昧。
社会人不安だな。

これから、誰にも見られてない“ここ”で、
本音とか、
泣き言とか、
ぐちとか、
書いていこうと思います。

苦手意識 

2006年09月30日(土) 2時29分
男の人と話すのはちょっと苦手・・・><

もう気の知れた"ダチ!"ってかんじの子ならかなり話せるんだけど、

まだそんなに話したことない人だと、一線ひいてしまいます(;_;)

今日も他専の人に会ったけど、うまく離せなかった気がする。。

向こうに嫌な思いさせちゃったかなぁ。

ごめんね。

あたしいつまでロンリーなんだろう?

もう好きな人できない気もしてきた。

想っても報われないことが多すぎる。

相手に好きな人(しかもあたしの友達!)できて振られちゃったり、

向こうに彼女ができちゃったり、

好きだった人には実は彼女さんがいて、その人が専修の先輩だったり・・・。


のぁう。。。

せつない。

明日もいつも通りに 

2006年09月25日(月) 22時21分
明日もいつも通りに/aiko

部屋の灯りも 匂いも何もかもいつも通り
あたしの髪が伸びた位...
今日は天気が悪いけど明日は解らないけど
ここに来てやっと解った事...

あたしの声はあなたには届かない
悪口叫んだとしても もう聞こえない

だけど一生想うだろう 本当は大好きなの
キスする感覚を忘れても
指の間絡ませて繋いでたこの手が
大人な握手に変わっても

謝らないで そんな事言うのならばいっそ
受話器のままでさようなら...

出の悪い水道直し方も解らない
今は些細な事すらも軽く拭えない

時が経って知ったでしょ? 何気なく過ぎてゆく
毎日に生まれてた愛情が
「つまんない」と呟いた白く煙る日々でも
心の隅っこで生きてた事

だけど一生想うだろう 本当は大好きなの
キスする感覚を忘れても
指の間絡ませて繋いでたこの手が
大人な握手に変わっても

時が経って知ったでしょ? 何気なく過ぎてゆく
毎日に生まれてた愛情が
「つまんない」と呟いた白く煙る日々でも
心の隅っこで生きてた事

ううんと... 

2006年09月16日(土) 23時49分
中途半端って、不愉快になる。。

約束とか、決まりとか、守るもんは守ろうよ。

もちろんワケありでそれを達成できないことだってるから、

そのときはせめて早めの連絡をしてほしい。

ほんとショックでした。。。

なんかいやだな。

あたしが我が儘なんかな・・・。

後期から、また学校行くのが憂鬱。

人間関係ってむずかしい。

文化祭 

2006年09月15日(金) 21時32分
実習校の文化祭・附中祭にいってきたー♪

クラスの子たちは合唱コンクールが本番でした。

課題曲は全クラスで1番、丁寧に仕上げていたと思います◎

フレーズの終わり方とか、強弱とかねん。

びっくりしたのが自由曲!

ここも全クラスで1番難しい曲に挑戦していたから、ちょっぴり不安だんなったんだけど。

よくがんばって歌っていました!

完成度高かったと思う^^

賞とれるといーなー♪

あと、選択合唱の子たちも見てきました!

夏のコンクールよりも緊張したみたいだった!笑

でも、先月よりもいい合唱ができてたなー♪

終わった後、「せんせぇ〜♪」ってきてくれるんだもん。

ちょう嬉しかった(*>ω<*)

明日もたのしみだなー♪
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆきんこゆき
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
ゆっくりまったりな時間が大好きです。 さいたま芸術劇場で舞台芸術に出会い、 すっかりはまってしまいました。 もちろん、クラシック音楽も欠かせません。 そんな私ですが、よろしくお願いします(*^_^*)
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
■新しいコメント■