8月の終わり。 

2011年09月10日(土) 2時16分

今日は最近買ったCD。

神聖かまってちゃん「8月32日へ」 2011年8月31日発売。


この前放送事故とか言われて話題になってたバンド。

まずメロディが綺麗。
ぐちゃぐちゃしてるようだけど根本が綺麗なんだよね。
ピアノが上手く中和してんだよなぁ。

初めてかまってちゃんのアルバム聞いたけど予想以上にポップで聞きやすかった。

アルバムの中に夏休みってタイトルがつく曲がシークレット入れて3曲も入ってます。
夏休みっていう長いようで短い儚い時間がぎゅって詰まってます。

このアルバムを聞いたときに直向きさを感じました。
正直なんだなぁって。

難しい表現とかとっぱらってぶっちゃけまくりの歌詞が分かりやすいです。


なんとなく懐かしい気持ちにさせてくれるアルバムです。


もっとかまってちゃんのアルバム聞いてみようと思います。

smooth likes butter 

2011年08月28日(日) 23時43分
だいぶ間隔が空いちゃった。


今日は始めてちゃんと行ったライブについて。


もう6年くらい前かなぁ。
大学入ってからなんですよね。

それまでライブってテレビで見るだけだったから。


そんな始めてのライブ。

the band apartのライブです。
場所は新木場のコースト。

これがまた行くまでに色々あったんです。

まずライブ当日の夕方くらいにかなり大きめな地震があったんです。
でもこの前のに比べたら全然って感じるなんだけどね。

まぁどーにかなるだろうって思って駅行ったら電車が地震の影響で止まってる。

一緒に行く先輩も立ち往生。
でも先輩が機転を効かせて車を出してくれたんです。

でももっと問題が、、、
果たしてライブをやるのかどーか。

不安な中で行ってみたら。
1時間遅れの開演になるとの事。

急いでコーストに行って会場に入った瞬間にcoral reefのイントロが鳴ってました。
何もかもがドラマチックでした。

地震の影響からかかなり空いてたんでだいぶゆっくり見る事が出来ました。

でも沸点はかなり高かったよ。

ホントにあっという間の2時間だった。

アンコールにやってくれは星に願いをは一生忘れない。
ミラーボールがキレイだった。


そのときにライブってこんな素敵なんだって実感できた。
バンドのメンバーと同じ場所で同じ空気を一緒に共有できるんだって。

胸にズシズシくるドラム、ベースライン、ギターのリフ。


全部が革新的だったんです。

初めてのライブがバンアパで良かった。

ここからいろんなライブに行くようになります。

それと同時にライブ映像を見てもあまり感動しなくなった。
現場の空気を知ったから。

あんな狭いとこなんだけど妙に落ち着いて見れちゃうんだよなぁ。
コーストはホントに大好きなハコです。

そんな初めてライブ。
思い出すだけでテンションが高まってしまう。

“君”に向けて。 

2011年08月20日(土) 23時52分
まだまだ書いていこうと思います。

次はこれ。

RADWIMPS「RADWIMPS4〜おかずのごはん〜」 2006年12月6日発売。


いろいろ音楽を聞いてきましたが、かなりの衝撃を覚えました。

どの曲も聞けるんです。
なんかアルバムって10曲くらい入ってると聞かない曲とかも出てくるじゃないですか。

でもこのアルバムは全体を通して聞けます。
どの曲も良いってなかなかないと思うんだよねー。


音楽的にも早口でまくしたてるのが聞いてて心地良い。

ラッドの人達って自分と同世代なんだけど聞いてきた音楽も似てて、影響の受け方とかも似てるのかな。


かなりヒップホップ的なノリだと思うんだよね。
そこが俺らが中高の頃とかに流行ったものにリンクしてる。

そして歌詞。
何よりこのアルバムは詩がすばらしい。

“君“に向けた曲がたった1人の“君”に対しての詩だから素敵なんだよね。
本当に誰かを大切に思わなきゃあんな詩書けないよ。


よくバンプと比較されるみたいだけど全然違う。
バンプより分かりやすさがこの頃のラッドにはあった。
詩のアプローチも現実的で聞いてて共感しやすい。

今のラッドも素晴らしいんだけど、ちょっと世界観がでかすぎるんだよなぁ。

もっと身近な事を歌ってほしいと思ってしまいます。

ふたりごとって曲の詩はすごいよ。
最上級のラブソングだよ。
ひねくれてるようでストレートなんだよなぁ。

ホントに相手の事大好きなんだとわかる。

それと夢番地の詩が素晴らしい。

自分の事を肯定してるんだよね。
自分を否定する詩はよく見るけど肯定する詩ってなかなかないかた衝撃だった。

どの曲にしろ素敵なラブソングばかりで現代にマッチしてる名盤です。

もう5年前の作品だけど未だに聞いてると発見のある作品ですね。

航海と後悔。 

2011年08月15日(月) 17時37分


今日も昔聞いた懐かしいアルバムのご紹介。



SOPHIA「マテリアル」1999年4月14日発売。


SOPHIAは本当に大好きで大好きで大好きでした。
シングルだとポップでキャッチーなんだけど、この人たちのアルバムはやたら重いんですw

暗い曲がやたら多い。
この一個前のアルバムのALIVEってのがあるんだけどその辺りからだいぶ路線が代わってきたんです。

SOPHIAって括り的にはヴィジュアル系なんだろうけど曲に関しては深い物ばかりでダウナーな感じが多かったんです。

ちょっと話が逸れちゃったけど、このマテリアルはさらに現実に立ち向かってる。
アルバム全体が向かい風を受けてるみたい。
人生は苦しいときもあるってオシエテくれました。

だからなのか、今はもう聞きません。
なんか聞けないんだよね。
個別に曲を聞く事はあっても全体を通して聞かない。

別に嫌いなわけじゃなくて大好きなんだけど、よっぽどの事がない限り聞かないんだろうなぁ。

このアルバムの2曲目に航海って曲があります。

その中の歌詞だと“コウカイ”って表記されてるの。

これは“航海”なのかそれとも“後悔”なのか。

全ては聞く人次第で変わってくるんだろうけどね。
こーいう言葉遊びの存在を知ったのもこの曲のおかげでした。


とかなり重いように書いちゃったけどこのアルバムはSOPHIAの最高傑作だと僕は思ってます。

荒波にもがくように必死に生きるSOPHIAのみんながたまらなくかっこいいです。

そして今でも活動してる事が素晴らしい。
充くんかっこよすぎるw
いつだって憧れの人です。

そんないろんな思い入れがある名盤です。

想い出 その1。 

2011年08月14日(日) 21時49分


勢いあるうちに。
CDのレビューでも。

しばらくは自分でよく聞いていた過去のアルバムを書いていこうかなと。

記念すべき1枚目は、、、SUPERCAR 「JUMP UP」 1999年2月10日発売。 評価:☆×10000000000

もう12年前なんだって調べてみてビックリした。
未だに聞きます。
俺の音楽の原点です。

何をきっかけに聞いたのかよく覚えてないんだけど、たしか地元の小さいCD屋さんでやたらプッシュされててそれで聞いたのがきっかけだったはず。

SUPERCARってバンドのセカンドなんだけどファーストとの違いとして打ち込みの導入があります。
当時20歳前後の人達の作品らしい繊細さが出てる。

アルバム全体を通してそんなに明るくないです。
夜に聞くとすーっと入ってくる。
当時中1だった自分は夜な夜なヘッドフォンして聞いてました。
何もかもが衝撃的でした。

そして歌詞が不思議。
ものすごい難しい。

このバンドの特徴としてボーカルが曲作ってギターが歌詞を書いてるんです。
非常に難解な歌詞で難しい。

このアルバムをきっかけに歌詞をちゃんと聞いて考えるようになりました。

そして音楽。
流行りの曲しか知らなかった自分にとっては曲の構成に驚きました。
1番→2番→間奏→最後にサビみたいなのしか知らなかったから。

今までの概念が吹っ飛んだ瞬間でした。

このアルバムの中のtonightって曲がたまらなく好きです。
タイトルの通り真夜中に聞くと切なくなります。

打ち込みの導入でこのバンドは静けさを手に入れました。

そしてこれ以降どんどんぶっ飛んでいきます。
静けさの中に熱を帯びた音楽になっていきます。

もちろん他のアルバムもいいんだけど個人的にはこのセカンドがベストです。

今じゃ当たり前になってる事をこんな前にやってた、まさに先駆者。
いつだって彼らは僕のベストバンドです。

スーパーカー大好きです♪

Summer Sonic2011 1日目@幕張 Vol.2 

2011年08月14日(日) 15時09分
さっきの続き。

13:55 Perfume @マウンテンステージ。

またまたマウンテン。

実はかなり楽しみにしてたPerfume。
今回のフェスで1番ちゃんと曲を知ってるアーティスト。

見るのかなり久々だったけど相変わらずステージでした。
確かに歌はうたってない。けどダンスの緻密さは相変わらず。
ホントに細かいんだよね。
もはやアイドルって枠を超えてる。

オーディエンスへの煽りも上手い。
いろんなフェスに出てるだけあってアウェーをホームにする力がある。

そして個人的だけどかしゆかが可愛かったw
貫禄さえあるステージングでした。


16:40 木村カエラ @マリンステージ。

マウンテンからマリンへ移動。
スタンドでまったり見てました。

ヒット曲って偉大だなと実感。
知ってる曲多いとやっぱりのれるよね。

自分としてはサポートのギターさんばっか見てしまった。
この人の作る曲はなんかおかしい、良い意味で。
TREE CLIMBERSやYOU BETとかポップなんだけどひねくれてる。
だから耳につくんだろうけど。

そしてカエラちゃんはステージを縦横無尽にぴょんぴょん飛び跳ねてて気持ち良さそうだった。
あんなに唄えたらそりゃ気持ち良いだろうなぁ。

18:10 BEADY EYE @マリンステージ。

オアシスのリアムのバンド。
もはやオアシスだったw

日が暮れかけてるなかにリアムが気だるそうに歌ってるのが最高にかっこよかった。
あのちょっと斜に構えて歌う姿は素敵でした。

マリンステージって海も近いから風が結構吹くから心地よかった。
その中にゆったりした音楽聞いて疲れが癒されました。

この後があるから途中で離脱。
次に行ったのは、、、


19:10 Avril Lavigne @マウンテンステージ。

アブリルはパワフルでした。
ほっそい体のどこからあんな力が出てくるんでしょう。

そしてアブリルは高校生の頃にたっくさん聞いてたから想い出があるんです。

Complicatedやってくれたら嬉しいなって思ってたんだけど最後にやってくれた!
もう本当に感動しました;

聞きながらいろんな事思い出してました。
昔の事もだし、今日見たいろんなアーティストや出来事。

俺の中のハイライトはここでした。

あぁ、ホントに来てよかったって心から思えた瞬間でした。

このアブリルのライブは一生心に残るライブになる。
断言できるくらい素敵でした。


21:30 KORN @マウンテンステージ。

、、、最後にこれかよ!って感じw

もうゴリゴリでした。
こんなの聞いたら逆にテンション上がってクロージング出来ないじゃん!!笑

ちょっとしか見なかったんだけど途中でボーカルの人がバグパイプ吹いてるのがかっこよかった。
この音楽に合わせるって異色。
でもバグパイプの音色って前から好きだったからこんなとこで聞けるとは嬉しかったです。


・・・



こーやってサマソニは終えました。
本当に良いライブばっかりで1日じゃ足りないくらい。

知らないバンドばっかりでもいいんです。
知らなくたってそこで知ればいいんだ。

フェスの魅力はいろんな出会いがある事。
これに尽きると思います。

いろんな音楽聞けてまた日々の生活がまた楽しくなる。

また来年も来てやる。






Summer Sonic2011 1日目@幕張 Vol.1 

2011年08月14日(日) 13時48分



早速ですが、新しいブログです。
普段書いてるアメブロとは別物で音楽の事を中心に書いていこうと思ってます。
自分が行ったライブ、聞いたアーティストやCDなどなど。
レビューみたいな感じでいろいろ書きます。

前置きはこんくらいにしといて、早速昨日行ったサマソニレポートへ。

10:00 Over The Dogs @マウンテンステージ。

オープニングアクトとして登場したOver The Dogs。
1曲目からの堂々とした歌いっぷりにフェスが始めるんだ!っていう期待感を感じずにはいられなかったです。

ボーカルの声、動きがホントに変わっててクネクネ歌ってました。
でも内容はかなり攻撃的。
優しいようで優しくない。
ラブソングなんだけど世界に喧嘩を売ってた。

声が高いからか歌詞も聞き取りやすくて、その分伝わってくるものも強く聞き取れました。

朝から良いバンドで出会えた幸先のいいスタート。


11:00 The Downtown Fictions @マウンテンステージ。

そのままマウンテンに残って聞いてました。
パワーポップってやつですね。

若いなぁって感じw
ベースがかなり調子悪かったみたいで大変そうでした。
でもね、ドラムが上手いんだ。
まるで予備校生みたいな風貌なやつがめっちゃ気持ちよさそうに叩いてんの。

メロディをキャッチーだしこれから人気がもっと出そう。
とまぁここまでは結構余裕を持って見れたんですよね。
そう、ここまでは。


11:55 The Pretty Reckless @マウンテンステージ。

ここでモッシュを久々に経験しました。
全然知らないで見たんだけどボーカルの女の子が人気あるんだね。

17歳とは思えないセクシーさ。
声がね、酒焼けしてるとしか思えないくらいドスがかかってた。

音楽、声、ルックス全部がロックだった。
胸にグサってささってきました。

ただ途中からモッシュにやられてあんまちゃんと聞けなかったんだよねぇww
CDをちゃんと聞こうと思います。


とまぁ午前中はこんな感じでずっとマウンテンに入り浸ってました。
午後の話はまた次へ。

こんな感じで細かくいろいろ書いていこうと思います。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:starlet
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント