地元のスキー場

May 19 [Mon], 2014, 14:39
今シーズン、地元のスキー場の記事は全く載せていませんでしたので、

写真を少しUPしたいと思います。















湯殿山スキー場

羽黒山スキー場

たらのきだいスキー場

地元には小粒なスキー場が沢山あります。

そこで、沢山の方と滑走させていただきました。

ありがたいことですね。

2013-14シーズン19回目 月山スキー場

May 14 [Wed], 2014, 7:10
〜2014/05/13 月山スキー場にて 〜




4月のOPEN以来、足が遠のいていた月山スキー場へ行ってきました。

平日ということもあり、9時過ぎておりましたが、ご覧の通り、駐車場は、ガラガラでした。

窮屈感がなく、ゆっくり準備できました。ありがたいですね。



さて、今回はこの学生時代からの友人のこの二人との滑走となりました。

彼らとの滑走は本当に久しぶり。嬉しくなってきますね。





ペアリフト付近もこのような積雪状況。

OPEN当初から比べると、やはり雪の量は減ってきていますが、

まだまだ快適に楽しめそうです。



リフトを降りると、月山と書かれた看板付近の雪はかなり減りましたね。

人ひとり分くらいは、減ったかな?



お犬様発見!! 癒されますな~(笑)



前日まで、降雨があり、直前も雨が降っていたので、天気がかなり微妙、

姥ヶ岳山頂に登るかどうか、かなり悩みましたが、天気が回復してきましたので、

登ることに。





下界は、気温約20℃ですが、月山付近は強風で寒い!!

姥ヶ岳山頂からの景色は素晴らしいものがありました。

天気が心配でしたが、なんとかもってくれました。ありがたいですね。





姥ヶ岳山頂から、勢いよく大斜面を滑り下りました。

だだっ広い雪面を贅沢にかっ飛ばすのは気持ちがいいものです。

降雨により、板も走ってくれましたし、言うことなし。



今年は、例年よりも雪が少ないような感じがしますが、

それでもまだ月山は沢山の雪があります。


楽しめる限り、まだまだ行きたいですね。

滑れることに感謝、友人たちに感謝。

2013-14シーズン18 回目 月山スキー場

April 19 [Sat], 2014, 16:06
〜2014/04/14 月山スキー場にて 〜


久しぶりの滑走になります。


4/12にめでたくOPENしました月山スキー場へ早速足を運びました。

月山志津温泉からスキー場へ向かう道路は、シーズン初めに見られる雪壁が圧巻でした。

バッグからカメラを取り出してしまいます。去年よりも高いような。。。



一年ぶりの月山ペアリフト乗り場。やっぱり足を止めて感慨に耽ってしまいます。

今年もどんなドラマがあるのか、楽しみで仕方がありません。



リフト下の除雪は毎年、かなり苦労されているようです。

いつもありがとうございます。





そして、リフトを降りると、いつもの素晴らしい光景が。

青空が我々を迎え入れてくれました。




地元のテレビ局YTSさんが取材に来ておりました。





さて、とりあえず姥ヶ岳山頂を目指し、ハイク開始しました。

30分弱のハイクですが、天気がこうも良いと、少しのハイクも苦ではありませんね。

今回は、秋田から来られましたHさんと楽しみました。



ハイクすると素晴らしい景色が眼下に広がります。

これが見たくてハイクしているのかもしれませんね。



ゆっくり景色を堪能しつつ、30分かけて姥ヶ岳山頂まで登りました。

まだまだ余力がありましたので、時間的にいけそうなところまで行きました。

そして、また姥ヶ岳山頂まで戻ってきました。





姥ヶ岳山頂では、乾杯をするグループや、写真を撮りまくる人など、

様々な楽しみかたをしておりました。







私たちは、鳥海山や湯殿山神社の鳥居を探してみたり、おにぎりを食べてみたり。

天気は良いのですが、山頂はとても寒く、ゆっくりおにぎりを食べている感じではなかったのですが、

嫁が作ってくれたおにぎりは、格段の美味さでしたね。

素晴らしい景色と空腹が最高の調味料となりました。

ごちそうさまでした。











お腹が満たされた後は、雪の感触を確かめるかのように、大斜面方向にゆっくり滑走。

まだまだ板は走ってくれましたので、ハヤシワックスさんの月山スペシャルは出番なしでした。




最後の一本は、リフト裏のある意味期間限定のコースを滑走させていただきました。

クラック、ブッシュ、なんでもござれで危険でしたが、様子を確かめながら、

ゆっくりと安全に楽しみました。近づかないことが大切ですね。





素晴らしい天気の中、今シーズン初の月山スキー場を堪能することができて、

感無量でした。やっぱり雪山は楽しいですね。





秋田からお越しいただいたHさん、一緒に滑走いただき、ありがとうございました。

また、月山を滑り倒しましょう!!


次いけるのはいつになることやら…

野沢温泉2014 十王堂の湯+松葉の湯

March 21 [Fri], 2014, 7:31
〜2014/02/10.11 野沢温泉村にて 〜

2/10のスキー滑走後は、例の如く温泉満喫しました。

最近は、若ぎ里さん近くの十王堂の湯を利用しています。



他の共同浴場とは異なる造りなのですが、毎回訪れるので、何か愛着みたいなものを感じてしまいます。

クリーム色の外観がなんともいえません。

毎回、違う湯色を提供してくれる十王堂ですが、今回は、無色透明でした。

その中に湯花がヒラヒラ。冷えた体には少々きつい熱いお湯ですが、

慣れると快感そのもの。湯を楽しむには最高のお湯です。





そしてそして、2/11の朝も温泉をいただきに。

こちらも若ぎ里さん近くの松葉の湯。

温泉街主要道路から離れるので、マイナーな感じが否めません(個人的に^_^;)が、

この佇まいはなんとも言えません。絵になるなぁ〜。





お湯は、ミルキーな湯色ですが、

浴槽が黒いので、少しブルーに見え綺麗、湯花もひらひら。

推定44℃やや熱めですが、朝風呂には最適。

個人的に精神安定剤の硫黄臭は秀逸。

相変わらず、野沢のお湯は湯力がありますね。

朝から交感神経働きまくりです。



やっぱり野沢温泉は楽しみ方が千差万別。

有難く思いますね。


今回も沢山の方にお世話になりました。

本当にありがとうございました。

この年になり、沢山の方とお会いでき、勉強できることに感謝ですね。


野沢温泉遠征 番外編1

March 15 [Sat], 2014, 7:00
〜2014/02/10 野沢温泉村にて 〜


野沢遠征のときには、いつもお世話になっている若ぎ里さん。

この日の宿泊も、若ぎ里さんでした。



スキー場でパウダーを食いまくり、疲れた体を温泉で癒した後、

待ちに待った夕食、そして、ビールで乾杯(^−^)



そして、究極従業員Hさんから頂いた、赤霧島。

若ぎ里特製の野沢菜漬けをつまみながらのお酒はたまりませんね。

味自慢の若ぎ里さんですから、毎回楽しみです。

この日も、相変わらずの美味しい食事で一同満足。本当に有難いことですね。

ごちそうさまでした。









夕食後は、温泉街を散策。

何時来ても、野沢温泉の温泉街は風情があり、毎回、カメラのシャッターを押してしまいます(笑)

夏も訪れた事がありますが、やはり、冬空の下見る湯小屋は格別なものがあります。



そして、野沢にきたら、天然記念物 麻釜!!

野沢菜を洗う村民を見ると、何故かテンションがあがります。

美味しい野沢菜はこうやって、作られるんだなぁ〜って一人はしゃいでしまいます(笑)


野沢の夜は更けていくのでした。。。



温泉編へ続く

2013-14シーズン12回目 野沢温泉スキー場2日目

March 09 [Sun], 2014, 9:07
〜2014/02/11 野沢温泉スキー場にて 遠征2日目〜



野沢遠征二日目は、庄内組だけでの滑走になりました。

この日も、朝から胸が躍る程の快晴。



長坂ゴンドラを下車すると、そこには眩しい程の光が我々を待っていました。









やまびこエリアは、どこを滑走してもまさに白銀の世界。









空に映える青が、本当に気持ち良かったですね。


この日は、パウダーは滑走せず、やまびことシュナイダー付近を中心に斜度のある斜面を

気持ち良く滑走しました。





そして、野沢と言えば、スカイラインですよね。

晴天のスカイラインは、息を飲むほど素敵な風景が眼下に広がります。

この景色、本当に大好きなんですよね。

スカイラインからの素晴らしい景色が、カメラで表現できないのが悔しいですが…。




素晴らしい天気の元、気持ち良く滑走でき、嬉しい限りです。

それにしても、野沢は外れがありません。

長い時間運転してきても、それだけの価値がここにはあります。

今シーズンも野沢で滑れたことに感謝。





番外編に続く

2013-14シーズン11回目 野沢温泉スキー場1日目

March 03 [Mon], 2014, 16:20
〜2014/02/10 野沢温泉スキー場にて 遠征1日目〜


今シーズンもやってきました。

大好きな野沢温泉への遠征。

最初は、庄内組での遠征だったのですが、今では、辰兄監督も参戦し、

毎年の恒例行事になりました。





そんな野沢遠征初日は、

我らが辰兄監督、岳さん、小判鮫ヨッシーさん、

そして、庄内組は、よこ氏、つよぽんの六名での滑走となりました。



やはり、野沢に来たら、まずは聖地やまびこゲレンデを目指します。

リフト下は、かなりパウダー喰われちゃってますね。

まあ我々は、こんなありきたりな所は滑らず、いつもの禁断の場所へ向かいます。



入念にコースを下調べし、パウダーをいただきました(笑)



天気も良くて、The dayとは、まさにこのことでした。







この日は、カメラのレンズを覗くと、どれもこれも素晴らしい景色で、

テンションがつねにマックスの状態。



皆様、大の大人が終始口元が緩みっぱなし。

どれだけ叫んだか、

どれだけ笑ったかわかりません。

やっぱり最高な野沢でした。

野沢初参戦のつよぽんも、気に入ってくれたのではないでしょうか??




一緒に滑走いただいた辰兄監督、岳さん、ヨッシーさん、

本当に楽しく滑る事ができ、感謝しております。

また、ご一緒したいですね。

ありがとうございました。



-追記-
またもや、辰兄監督が動画を作成してくれました。

遠慮なくUPしたいと思います(笑)

-祝35周年- 庄内ミート親和会新年会

February 24 [Mon], 2014, 21:31
〜2014/02/08 第35回 庄内ミート親和会新年会〜



今年も米マスターのご厚意により、庄内ミート新年会に出席させていただきました。



今回も、庄内ミートさんをご贔屓にしているお店の方々が多数参加されていました。

見覚えのある方々がちらほら。久しぶりに会う方々が多く、嬉しく思いますね。



素晴らしい方々と素晴らしい時間を過ごすことができました。

様々な方と触れ合える環境に感謝。

本当に有難いですね。

2013-14シーズン 舞子合宿番外編

February 18 [Tue], 2014, 21:30
今シーズンの舞子合宿番外編になります。


今年は、辰兄監督の合宿所へは二泊お世話になりました。

まずは、初日の夜の様子を。



今年も監督の合宿所へは、かなり沢山のお酒が陳列されておりました。



監督と久しぶりの再会を祝し、乾杯。

そして、監督特製の男鍋をご馳走になりました。

豪快にも関わらず、味は一級品。

雪友の沢山の方々が舌鼓を打たれたご様子。

美味しいお鍋に、銘酒をいただいた初日の夜となりました。




二日目の夜は、もはや舞子の名物となりつつある、KEIKOさんのお店・ハックルベリーさんでの宴。



今回は、辰兄監督はもちろん、オクソエ先輩も来ていただきました。

こうやって、一緒にお酒を楽しむことができて、本当に有難いものです。















腹ペコのわたしたちは、沢山の料理をご馳走になりました。

美味しい料理に美味しいお酒、それに楽しい方々。

心の底から楽しませていただきました。



最後になりますが、

今回の舞子合宿、本当に沢山の方々にお世話になりました。

舞子に足を運ぶと、皆様が優しく接してくれ、

また、新たに知りあう方も増え、良い社会勉強にもなっています。

この出会い感謝しつつ、大事にし、今後も舞子に戻ってこれるように磨きたいと思います。



合宿中、辰兄監督には本当にお世話になりました。

今回も温かく迎え入れてくれて、そして、我々の為に、無理にスケジュールを割いていただいたこと、

本当に嬉しく思います。


ありがとうございました。


人と人とのつながりに感謝!!

2013-14シーズン10回目 舞子スノーリゾート

February 16 [Sun], 2014, 5:59
〜2014/01/28 舞子スノーリゾートにて 合宿二日目〜


鬼監督による合宿は二日目に入りました。



誰の行いが良いのか? 

この日も目の覚めるような快晴。



そして、極上!?の縞々たち。





パウダーも捨てがたいですが、やはり天気が良いとテンションがあがりますよね。

透き通るような青い空、心を浄化してくれるようでした。








引き締まったバーンを何本も滑走しましたが、爽快そのもの。

本当に気持ちが良かったですね。



お昼は、監督行きつけのいこい食堂さんへ。

一年ぶりの来訪でしたが、相変わらずのおやっさん。

そして、変わらない味。

お米が美味しいのはもちろんなのですが、どれも熟練の業。

今回も美味しいごはん、ごちそうさまでした。



昼食後は、監督に舞子エリアのドルフィンコース上の景観が激熱の場所へ案内していただきました。

湯沢界隈が一望できる場所で、その景色の良さに三人で興奮しておりました。


その後、何本か滑走して、合宿二日目も終了。

パウダーあり、晴天ありの素晴らしい合宿となりました。

二日目もご指導ありがとうございました。




舞子合宿番外編へ続く。


辰兄監督が動画を作成してくれました。
■プロフィール■


今まで訪れたことのある温泉です。下記のリンク先を参照してください。

@山形県Part.1
A山形県Part.2
B青森・秋田
C宮城・温泉ソムリエ
D岩手・福島
E新潟県、長野県、奈良県、和歌山県
F栃木県
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:やまちゃん
  • 現住所:山形県
  • 職業:会社員
  • 趣味:
    ・スポーツ
    ・温泉
    ・旅行
読者になる
山形県庄内地方に生息しているとの専らの噂。 気持ちは20歳(精神年齢含)だが、四捨五入しなくても30歳。もう若くない。 温泉ソムリエ・なまはげ伝導士・野沢温泉倶楽部会員の肩書きをもつ。 何年か前にスキーで右脛を骨折し、夢にまで出てくるほど、散々な目に遭ったが、性懲りもなく華々しく復活を遂げた。 馬鹿は死ななきゃ治らないと揶揄されることがあるが、馬鹿だからしょうがない。 はやく滑りたくてうずうずしている。
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる
P R
コメントありがとです。
チーちゃん
» 地元のスキー場 (2014年05月22日)
miyashita
» 地元のスキー場 (2014年05月19日)
辰兄
» 地元のスキー場 (2014年05月19日)
やまちゃん
» 2013-14シーズン19回目 月山スキー場 (2014年05月19日)
やまちゃん
» 2013-14シーズン19回目 月山スキー場 (2014年05月19日)
やまちゃん
» 2013-14シーズン19回目 月山スキー場 (2014年05月19日)
辰兄
» 2013-14シーズン19回目 月山スキー場 (2014年05月15日)
辰兄
» 2013-14シーズン19回目 月山スキー場 (2014年05月15日)
miyashita
» 2013-14シーズン19回目 月山スキー場 (2014年05月14日)
チーちゃん
» 2013-14シーズン19回目 月山スキー場 (2014年05月14日)
月別アーカイブ