Twitterボタン
Twitterブログパーツ
2014年03月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
About me
     Stargirl@管理人について。
HN: Stargirl  Age: 31
海外ドラマ、洋楽、映画好き。
詳しくはiconをクリック☆               リンクについて                    クリック★ Twitter
Archive
Search

Yapme!一覧
読者になる

 Oscar Nominees 2014

2014/03/03 [月] 00:08


第86回アカデミー賞授賞式直前で、今更感満々ですが一応おさらいの意味でノミネート候補を
さら〜っと見ていくことにしました。今年もWOWOWにて、3月3日(月)現地より独占生中継。
>ノミネート作品・候補一覧(Yahoo!Japan)

全作品はチェックできてないので、何となく&色好み予想で気になる部門だけ見ておこう。
本命  期待

最優秀作品賞
『アメリカン・ハッスル』
『キャプテン・フィリップス』
『ダラス・バイヤーズクラブ』
『ゼロ・グラビティ』
→体験型映画の真骨頂を築いた意味で獲ってほしい!
『her/世界でひとつの彼女』
→ダークホースすぎて、多分獲らない。でも応援してる。
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
『あなたを抱きしめる日まで』
『それでも夜は明ける』
→演技&ストーリー両方の評判の高さを聞くと、獲りそう。
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

監督賞
デヴィッド・O・ラッセル 『アメリカン・ハッスル』
アルフォンソ・キュアロン 『ゼロ・グラビティ』
→世界観のつくり方と映像に度肝を抜かれたから。
アレクサンダー・ペイン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
スティーヴ・マックィーン 『それでも夜は明ける』
マーティン・スコセッシ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

主演男優賞
クリスチャン・ベイル 『アメリカン・ハッスル』
ブルース・ダーン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
レオナルド・ディカプリオ 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
→受賞した時の顔が見たい人No.1なので(笑)。
キウェテル・イジョフォー 『それでも夜は明ける』
マシュー・マコノヒー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
→実際に観て、期待が確信に変わった。いけるよ。

主演女優賞
エイミー・アダムス 『アメリカン・ハッスル』
ケイト・ブランシェット 『ブルージャスミン』
→久々に獲っても良いのでは?各賞高評価もあり、獲れそう。
サンドラ・ブロック 『ゼロ・グラビティ』
→ほぼひとり舞台でしたもの。生きろ!と本気で思わせてくれた。
ジュディ・デンチ 『あなたを抱きしめる日まで』
メリル・ストリープ 『8月の家族たち』

助演女優賞
サリー・ホーキンス 『ブルージャスミン』
ジェニファー・ローレンス 『アメリカン・ハッスル』
ルピタ・ニョンゴ 『それでも夜は明ける』
→彼女の作品への思いやインタビューを聞いてたら、獲ってほしくなった。追い風来い!
ジュリア・ロバーツ 『8月の家族たち』
ジューン・スキッブ 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

助演男優賞
バーカッド・アブディ 『キャプテン・フィリップス』
ブラッドリー・クーパー 『アメリカン・ハッスル』
マイケル・ファスベンダー 『それでも夜は明ける』
→英国紳士の顔を脱ぎ捨てて、冷酷な奴隷主に。ファス様、がんばれ。
ジョナ・ヒル 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
ジャレッド・レトー 『ダラス・バイヤーズクラブ』
→おそらく間違いない。レイヨンは神がかってたもの。

脚本賞
エリック・ウォーレン・シンガー 、デヴィッド・O・ラッセル 『アメリカン・ハッスル』
ウディ・アレン 『ブルージャスミン』
クレイグ・ボーテン、メリッサ・ウォーラック 『ダラス・バイヤーズクラブ』
スパイク・ジョーンズ 『her/世界でひとつの彼女』
→この際、頂きたい(笑)。クリエイティブな脚本への期待を込めて、獲ってほしい。
ボブ・ネルソン 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

脚色賞
リチャード・リンクレイター、ジュリー・デルピー、イーサン・ホーク 『ビフォア・ミッドナイト』
ビリー・レイ 『キャプテン・フィリップス』
スティーヴ・クーガン、ジェフ・ポープ 『あなたを抱きしめる日まで』
ジョン・リドリー 『それでも夜は明ける』
→やはり、強いと思うの。評判聞いただけで、獲れそうだなと。
テレンス・ウィンター 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

***

『アメリカン・ハッスル』良かったんだけど、ほんの少しだけ過大評価されてるところも
なきにしもあらず、と個人的に感じてます。演者じゃなくて、ストーリーの方がね。
『ゼロ・グラビティ』も高評価の反動で、ストーリーがあ〜と言われてますが、どうでしょう。
この映画が、観客に与えた衝撃を思い返せば、結構いける気がします。
間違いなく、音響・視覚効果関連の部門はスウィープするでしょう。

『それでも夜は明ける』は、最終的に大事な時期に色んな賞で存在感を示してきたと思うし、
アフリカ系イギリス人監督による、痛ましいアメリカの奴隷制度問題を扱った作品を
無視することはできないと思うので、作品賞はコレになるかな〜という予想です。

では、皆さん生中継で観る方も、録画で観る方も授賞式楽しみましょうね〜(*゚▽゚*)
今年はエレン姐さんによる司会です。楽しみです!!


Events / Awards | この記事のurl | Comments(0) | Edit
url:http://yaplog.jp/stargirl85/archive/968

 Leave a reply. ※直接コメントいわゆる『直コメ』はご遠慮ください。

名前:
e-mail:
url:
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

クッキーに保存

 Comments


                        海外ドラマOnce Upon A Timeのファンサイトはこちら。  
Global Media Online INC.
ブログヤプース!ヤプログ!