お中元の時期と由来について

  • URL:http://yaplog.jp/starchugen/archive/2
お中元は元々中国の祭事で7月15日を指すそうです。
関東地方は新暦で行うそうなので7月初めより中頃、
関西地方は旧暦で行うそうなので1ヶ月遅れの8月初めより中頃ということです。

なので関東地方なら今がお中元のシーズンですね。

お中元の「中元」は道教の習俗「三元(上元・中元・下元)」のひとつで、陰暦7月15日(上元は1月15日、下元は10月15日)
道教では中元を人間贖罪の日として一日中火をたいて神を祭る盛大なお祭りが行われた。
のちに仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と混同され、お中元は祖先の霊を供養する日となった。
江戸時代以降、お中元に親類や知人が往来し、盆の礼として贈り物をする風習が生まれ、お世話になった人に贈り物をする習慣となっていった。


お中元の時期は地域によって違います。
関西では、8月初旬〜中旬です。また、関東では7月初旬〜中旬です。
このように、お中元は地域によって時期が異なりますので、自分の住んでいる地域のお中元の時期は確認しておきましょう。
ちなみに、地元の百貨店などでお中元セールをする時期に合わせるとわかりやすいです。

お中元の時期がなぜ、関東と関西で異なるのかですが、これはお中元の由来を調べれば判ります。
お中元とはもともと、道教の習俗「三元」のひとつ(上元、中元、下元)で、中元は新暦の7月15日にあたります。
関東は新暦にあわせるので、お中元の時期が7月初旬〜中旬となり、関西では旧暦にあわせるのでお中元の時期が8月初旬〜中旬となります。

さらに詳しく由来を調べると、道教では「中元」を人間贖罪の日としてお祭りを行っていました。
しかし、後の時代になり、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と混同されてしまい、お中元が先祖の礼を供養する日になりました。
江戸時代以降は、盆の例として贈り物をする風習となり、今ではお世話になった人に贈り物をする習慣としてお中元が位置づけられたようです。

しかし、今回調べてみて面白かったのが、お中元の時期が地域によって違うという事実でした。
調べてみるまで知らなかったので面白い発見でした。
関西に住んでいる私が関東の方にお中元を贈るとしたら、7月初旬〜中旬の時期に送らなければならないのですね。
スポンサード リンク