動と静との養生

August 25 [Wed], 2010, 15:59
ひとの身体は気をもって生命の根源、つまり命の主人としている。それゆえに、養生をよくするひとはつねに元気を惜しんでへらさないようにする。精力剤静かにして元気をたもち、ほどよく動いて元気を循環させる。たもつことと循環することの二つがともに備わっていないと気を養うことは困難である。時に応じて動と静とを実行することが気を養う道である。
もし大風雨と烈しい雷があれば、天の威力を恐れて、夜中であってもかならず起きて衣服を着て坐っていなければならない。横になって寝ていてはいけない。
客になって昼間から他所にいったならば、夕暮れにならぬうちに帰るのがよい。夜まで語りつづけると主人も客も疲労する。長居をしてはいけないシアリス
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:stanstar123
読者になる
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/stanstar123/index1_0.rdf