妊活休止か中止か 

2015年11月06日(金) 15時34分
お久しぶりです。

妊活を休止させたので備忘録として書きたいと思い、復活しました。


私は25歳頃よりリウマチの持病を持っていて、結婚した31歳から、妊娠中に服用してはいけない薬剤を中止して37歳の今まで別の薬で治療をしていました。
もちろん効果は元々服用していた薬の方が強いです。

妊娠が分かった時点で中止すれば胎児には影響の出ないと言われている薬を、いつできるかわからない2人目の赤ちゃんのために服用していたのですが、やはりそろそろ限界がやってきたのです。

妊娠・出産後までは非常に問題のなかった症状ですが、この1年くらいは痛みを我慢してロキソニンとステロイドを併用しながらコントロールしていました。
徐々にステロイドの量が増えてしまい、朝の身支度・つばちゃんの抱っこも少々痛みがつらい。

男の子なのでいやいやされると結構力づよくてこっちが負けそう。

そんなわけで、妊活を始める前のお薬に戻すことを決心したのでした。

これを飲んじゃうと最低でも3周期の生理を見送らないと妊活できません。

痛みのコントロールが不良になった今だけ服用するという手もあります。
もう一度3か月待てば妊活は復活することはできます。

でも私は不妊症。


すぐにできるならもう一度チャレンジしたい気持ちも捨てられません。

でも、仕事も忙しく不妊治療に通院する時間はない。
子育ても忙しくてあんまり余裕もない。

約1か月前から薬を変えて、徐々にステロイドの量が減ってきました。
明らかに腫れているなということも少なくなりました。

一人産めたんだからいいんじゃないかなと。

妊活はとりあえず休止です。

来年の1月に38歳になる私としては、残された時間も少なく、このまま終了になるかもしれません。
もしかすると最後のチャンスにかける気持ちになるかもしれません。


今回はちょっと暗い話題でしたが、病気を抱える母の一つの決断を書きました。


2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:みちん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1978年
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-テニスとかジョギングをします
    ・野菜づくり
読者になる
不妊期間3年数ヶ月、2年半の不妊治療を経て妊娠、出産しました。現在36歳、1児の母です。
31歳の2009年に結婚。25歳から発症した関節リウマチの薬剤(MTX)を中止し、約3ヶ月のwasuoutをして、治療はアラバとロキソニンのみでコントロールしつつ基礎体温をつけながら自己流妊活してました。
妊娠解禁しても妊娠の気配がなくすでに32歳。リウマチは強い薬を中止したこともありいつ痛みが再燃するかも分からず早めに妊娠したいと思い、2010年初夏から婦人科に通い始めました。
タイミングから始め、AIHを数回やってきましたが全く陽性反応でず経過。
2011年11月に軽度でしたが子宮内膜症の手術に踏み切りました。
不妊への影響があるかもしれないので子宮内環境を整える意味もあり、不妊治療の一環として希望をかけて腹腔鏡手術(ラパロ)を受けました。
ラパロ後、2回のAIHは撃沈・・その後自己タイミングのみで数ヶ月治療を休んでいたところに膀胱炎にかかり、不妊治療をしていた婦人科に再び足が向く機会ができたことをきっかけに不妊治療再開。
直後のAIHでも撃沈。その頃から本格的に不妊治療専門病院に転院して、体外治療を受けるべきか考え始めていましたが、あと数回AIHでがんばろうと崖っぷち気分の中、次はずっと使ってきた排卵誘発剤をクロミッドからフェマーラに変えて、AIH。排卵後はプロゲステロンを膣座薬で黄体ホルモンを補充すること毎晩(プロゲデポーで蕁麻疹が出るので注射ができず)。
ついに妊娠検査陽性が2012/9/21にでました。フェマーラに変えた途端の出来事でした。

ようやく授かりました赤ちゃん✩
妊娠中は悪阻は全くなく、フルタイムの仕事も飛行機の出張も全く問題なく安定した妊娠経過を辿って来ました。予定日5週間前を切ってから産休に入るまで、妊娠の影響で仕事を休むことも体調を崩すこともなかったです。

2013年5月22日に無痛分娩のため計画出産予定でしたが、思いがけず18日から陣痛が始まり、5月19日の21時19分に無事2708gの男の子を出産しました。

育児を楽しく奮闘中です。
2014年3月から仕事復帰を果たし、息子の翼くんは保育園へ通って楽しそうです。

現在は二人目の不妊治療中です。