古今東西模型漫遊記 

2006年10月05日(木) 23時30分
最近マイナー・・・というか昔発売されていたプラモデルを作るのがマイブームになってます。このロボットは「クラッシャージョー」というアニメに登場するミネルバという戦艦に積まれているロボットらしいです。要はヤマトのアナライザー的存在なのでしょうね。で、次にこちら。スペースシャトルです。別に白黒がすきだからってわけじゃありませんからね。これ、マンダラケで500円でした。安いでしょ?早速組み立ててみました。私の腕もなかなか上達しました。以前ならここまで作るのも1週間かかってたところ1日で完成させたのだから。自己満足です。そしてこちら。知ってる方もいると思います。中国が誇る最新鋭ロボット「先行者」です。これは横浜市内を歩行中に拾ったものです。私は乞食じではないので普段は物を拾ったりなんかしませんが、このときは別でした。「侍魂」というサイトで最先端技術というコラムがあり、その中で登場するロボットが立体化された商品(で当たってるよな・・・?)です。これはKnightOfGoldナイトオブゴールド)というロボットです。以前ボークスさんという模型店で8月26日から限定販売されていたものを買いました。完成したので画像をアップしておきます。そして本日の目玉、マイナースイングから発売された龍王丸と同じ原型師さんが作ったプラギルド製の邪虎丸です。先月の終わりに注文してつい先日届きました。ブログを見てくださればわかると思いますが、私は龍王丸も持ってます。どうせなら二体並べて飾りたいですよね?だから買いました。プラギルドさん曰く、この製品は来年の1月までは通販にて販売しているということですので、気になった方は購入してみるのもよろしいかと思います。作るのが苦手な方は制作代行業者さんに依頼するのも手だと思います。私に言ってくだされば、クオリティーは若干下がりますが格安でお作りしますよ。最後になりました。私、もう26歳になります。魔神英雄伝ワタルが放映されていたのは1988年・・・だったと思います。その翌年にファミコンソフトにワタルがでました。画像のこれがオープニングシーンです。当時この龍王丸に魅了された人も多いのではないでしょうか。私、ワタルの魔神の中でベスト3を挙げるとしたら、3.龍星丸 2.龍神丸 1.龍王丸です。当時龍王丸のプラクションは他と比べても出来のいいものでしたが、今改めてみてみるとつらいものがあります。だけど今私の持っている龍王丸は当時私の憧れていた想像上の龍王丸そのものです。

ガンダム展in札幌芸術の森 

2006年09月18日(月) 12時49分
前回の更新からまた2週間が経過しました。やはりこの2週間という数字に縁があるみたいです笑最近の私は主に画像の龍王丸の制作に没頭していました。なんとか塗装をして形になってきたなと思ってました。ですが肩の龍のレリーフの色・・・どうやって作ろうか?ずっと悩んでました。色んなホビーショップの店員さん達に聞いて回ったりネットで情報を探したり。一番いいのはマイナースイングさんのHPに掲載されてる例を参考にすることなんですがHPが閉鎖されていましたこうして有力な情報がなくあせる気持ちに負けてしまった私はガンダムマーカーのゴールドで地道に塗ることにしました。2枚目の画像がそうです。この後何度か修正をいれました。そしたら結構いい出来に仕上がりました。これは鳳凰形態のリアビューです。肩のレリーフをご覧ください。1988年当時のプラクションの邪虎丸と並べてみました。

2週間ぶりの更新です・・・・ 

2006年09月05日(火) 12時17分
皆さん、お久しぶりです。あきらです。この2週間更新をさぼっててごめんなさい。こちらもプライベートに仕事と色々ありました。
さて前回まで私はプラモデルやガレキを制作していた・・・・というところまでは記事として公開してますね。今日はこの2週間溜まりにたまったネタを一斉放出していきたいと思います。ではまず龍王丸から・・・。あれからどうなったのか画像をご覧ください。

仮組をしてみた図です。ここで完成時のイメージを想像しながらニヤニヤしていたわけですね。そしてウレタン用サーフェイサーを吹いて下地を作るとともに気泡や表面の微かな傷を消します。着色が一番楽しい作業でした。以前紹介した模型作りの本「ノモケン」通りに工作しただけでもこれくらいの出来には仕上がるようです。さてさて、あとは両肩のドラゴンの紋章を塗るだけなのですが、これがまた難しい・・・・最初はアルミのシールを貼ってしまおうと考えたのですが、シルバーしか発売されていませんでした。シルバーの上からクリアオレンジを塗っては?とも考えたのですが塗料が乗らないとの指摘を受け泣く泣く筆塗りにしてみることになりました。
それでは次にエヴァの進行状況をば。これは以前私が高校生のころに作ったものです。そして10年経った現在のものはこちら完成しているのは左足のみです。今回の初号機はブラックのカラーリングでいこうと思ってます。
4日前に千歳にあるアウトレットモール「レラ」に遊びに行ってきたのですが、その折にLEGOを買ってきました。小さい頃にあそんだ懐かしい知育玩具です。昔と違い、今のレゴは精密かつリアルな仕上がりになっていてとても感動しました。これ、2000年くらいに制作したνアスラーダです。アトリエ彩から11月に着色済み完成キットが発売されることをうけて久しぶりい押入れの中から探し出しました。昔は結構プラモデルに没頭していたので6年の月日が経過していてもなかなかの出来だな・・・と自分では思っています。そして現在プラモデルを4つも抱えて大変な思いをしていますが、贅沢な悩みなんでしょうね。今回は書くことが多すぎて支離滅裂になってしまい申し訳ないです。できるだけ定期更新していこうと思いますのでこれからもよろしくお願いします。

魔神英雄伝ワタル 

2006年08月21日(月) 2時56分
こんばんわ!アメリカの方はこんにちわ。僕が今作っているエヴァ・・・片足だけ完成しました。敢えて画像のアップはしませんが、なかなかの出来だと自分では思っています。しかし、片足の完成から先に進まないこと進まないこと僕B型なので飽きっぽいのです。いぃや血液型のせいにするなという人のいるかもしれませんね。まぁとにかく、困ったことに別の物に興味が移ってしまってるんです。
今僕と同じくらいの年代で男性の方ならお分かりかもしれないのですが・・・アニメの主役機のガレージキットですね。サイズは昔発売されていたプラモデルコレクション=プラクションとほぼ同サイズで、タミヤのホビーカラーと比べると想像し易いかと思います。プチ自慢になってしまいますが、このキットは去年?開催されたワンダーフェスティバル2006冬(以降WF)で限定販売されてたアイテムなのです!!!僕はヤフオクで落として手に入れたんですけどちょうど2日前の19日からWF2006夏が開催されてますねぇ東京ビックサイトで。行きたかったなぁ・・・・・なぜ北海道でそのようなイベントが開かれないんでしょうか来年こそはぜひとも参加してみたいな・・・夢見てます。
さて、このアニメは魔神英雄伝ワタルという題名で、1988年4月15日から約一年間放映されてました。あらすじ は長いので興味ある方だけ読んでください。それじゃいきます・・・・・・ 人公の戦部ワタルは、正義感が強く元気な小学四年生。ある日、授業で粘土製のロボット・龍神丸(後に画像にあるような龍王丸へとパワーアップを果たす)を造ったワタルは、何かに導かれるように、登校途中で拾った勾玉をその首にかける。下校途中に龍神池へ寄ったワタルは、突然目の前に現れた金色の龍によって、異世界・創界山へ連れて行かれた。かつて創界山は、七色の虹が輝く美しい世界だった。しかし、悪の帝王ドアクダーの出現によって虹は色を失ってしまい、民衆はドアクダーの配下によって苦しめられていた。創界山の英雄伝説――異世界から「ワタル」という名の勇者が現れ、世界の危機を救うという伝説により、ワタルは救世主として創界山を救う使命を負うことになり、粘土から巨大な魔神となった龍神丸と共に旅立つ。旅の途中で、天真爛漫な忍者一族の御頭・忍部ヒミコ、凄腕の剣豪・剣部シバラクと、元々はドアクダーのスパイだったが改心した渡部クラマを仲間に加えてドアクダー討伐の旅は続いていく。数々の苦難を乗り越えて、創界山の虹を取り戻していくワタル。その途中で、ワタルの親友でもあり、良きライバルとなる虎王に出会う。しかし、虎王の正体はドアクダーの息子で、ふたりは一転して敵同士となってしまう。ついに、ドアクダーが暗黒龍を復活させ、最後の戦いを挑んできた。側近のドン・ゴロをドアクダーによって殺害された虎王は、暗黒龍の弱点を突き、その隙にドアクダーを粉砕。そして、ワタルは、暗黒龍の中から創界山の女神・聖龍妃を助け出した。ドアクダーの呪いが解けたことにより、ドアクダーの配下として操られていた人々や虎王として育てられていた翔龍子も元の姿に戻った。そしてかけがえのない仲間と龍神丸に見送られながら、再び会うことを約束してワタルの住む現実世界へ戻っていった。そしてそれほど長くない時間が過ぎてまた創界山へ連れ戻される・・・・・というところからワタル2が始まります。
最後になりましたが、完成するとこうなるようです画像の後ろにチラット見えてるアレ!そう鳳凰形態(トリ形態)にも変形します。これからも僕の制作記を見てくださいね★

お宝発見★ 

2006年08月18日(金) 18時58分

とっぱじめから画像のオンパレードでごめんなさい。昨日ボークスというトイショップで買ってきましたこれらのオモチャはスクエアから発売された人気ゲームキングダムハーツのフィギュアたちです。中にはバルキリープロファイルのも混ざってますが許してください。昨日とは打って変わっての曇り模様ですが、晴れていた昨日の札幌の画像を載せておきます。

ぃよう(`ε´)!! 

2006年08月16日(水) 2時06分
今日もマリんちに突撃訪問〜〜〜〜〜〜〜〜ィェイ♪マリの家って結構いいところなんです。なんと言っても夏の花火大会が目の前で見られる!!!去年のこの季節にはお世話になになりましたネコとの二人暮らしには広すぎるような間取り一部屋分けてくださいとつくづく思いますWww
んでクローゼットの中を物色中にこんなものを見つけました!!20台前半の女の子が持ってるアイテムだとは思えません。マリ、あんたって一体どんなバックグラウンドを持って育ったの???てか今日は支離滅裂で申し訳ないのですが、なにせお酒によってる状態での更新ですのでどうかご勘弁を
ではここで私がどんな人かを公開いたしますねWwwね、なかなかアキバ系な顔してるでしょ??最近はエヴァのガレキを製作中なんだけど、やっぱりなかなか手順が理解できなくってまごついてます。接着してからじゃなきゃ整形できない上に複雑で細かいラバーパーツの部分ははマスキングして色がつくのを防がなきゃならないという始末。いかにガンプラの完全塗装フィニッシュが楽かということが実感できた気がします。さてさてうわさのマリはこんな人です。かわいいでしょ?でも彼女じゃないですWww周りからはもういい加減に付き合えという声がおりますけど、そんな関係じゃないんだよなぁ。この人も相当オタッキーなので友達としては本当に最高なんです♪とくに僕が7年前にコンプリートしたファイナルファンタジーのフィギュアを今更になって集めるといったときは正直無理だと思ってましたが本当に集めてしまいやがったんですね、この人Wwwでもでも最近はホビー系の話題を出すと怒り出すんですよね・・・理由を聞いてみたらフィギュアの買いすぎでお金がないからということで、話をしただけでも欲しくなるんだそうな。ということでほとんどの時間はプレステで一人さびしく遊んでましたもう少ししたら故郷へ帰省するらしいので今のうちに遊びためしておかなきゃ。ということでしばらくはマリさんの家にお世話になるかたちの記事となります。また明日の記事を楽しみにしててください★それではsee you♪

友達★ 

2006年08月14日(月) 23時53分
さっきブログ書いたんですが、30分以上経過したあとに間違って更新してしまい全て消えてしまいました。よって、同じ内容を書きます。

今日は大の仲良し、マリちゃんの家に遊びに行ってきました。とてもマニアックな女の子で、部屋中フィギュアやガンプラだらけ・・・・女の子ですよ!?僕はもう感心してしまいました。

そして上の真ん中と下にあるのが、マリちゃんの愛猫。ロシアンブルーのマーブルさんです。目がとても印象的で、サファイアかなにかの宝石のようでした。ジブリ作品のお気に入り「耳をすませば」に出てくるバロン伯爵にも似てると思います。

で、突然ですが自転車買いましたWww

エヴァ。 

2006年08月13日(日) 2時29分
こんばんわ、あきらです☆イェィ☆今日はエヴァンゲリオンのガレージキットについてお話します。
僕の模型好きは幼稚園児の時によく買ってもらったガンダムのオマケ付きお菓子に始まります。今でいう食玩ですね。箱が上下2段重ねになっていて、上には簡単なプラモデル、下には丸いチョコのスナック菓子が入っているやつです。それからプラモデルを作るようになったわけですが、1997年に発売されたエヴァのガレージキットで私の模型に対する考えが変わりました。それまでのただのおもちゃである・・・という認識から精密な構造物であるという感じに変わりました。そのガレージキットというのが画像のこれです。これが発売された当時私はまだ高校生でした。アルバイトをしたことがなかったので買うか否か悩んだ記憶があります。15000円は安くはなかったもので。結局購入して作ったのですが、ガレージキットは初めてだったのでとってもビビリましたね、本当に。ガンプラみたいにきれいに整ったパーツなんて一つもないし、一歩間違えるとゴミと思ってしまうほど小さな部品があったり、削ったり穴を開けなければいけなかったり・・・カルチャーショックでしたね。あおして10年の時が過ぎ再びこのキットに出会ってしまったのです!!しかも2500円で売ってました高校時代の貴重なお小遣いを返せーーーWww作り始めて4日、もうこんな所まで出来ています。10年でとても上達した自分に拍手あげたいですこのエヴァは当時としてはとても出来の良いキットだったと思います。まずフル可動。ビニール素材を使った劇中表現。プロポーションの良さ。今でこそバンダイさんから大きなサイズで目とか肩が光って、色んな武器のオマケが付いてたりとかって凄いプラモデルが出てますが、10年前にここまで精巧なガレージキットを作ってしまうコトブキヤさんはさすがと脱帽してしまいます。私が欲しがるものはだいたいはコトブキヤさんから発売になっていましたし。特にファイナルファンタジーのフィギュア関係とか・・・・・・それはゆっくりお話して行きたいと思います。それでは今日はこの辺で、おやすみなさい

初めまして、ようこそHobbyManiacsへ!! 

2006年08月12日(土) 23時45分
管理人のあきらです!!
以前から興味もってたんですよねブログに。でもコンピューターの基本操作もままならないという理由からしり込みしていましたが、友人の助けもあって本日めでたくブログ開始できました
すでに説明文を読まれた方には重複してしましますがここで私は趣味や気になっていること、日記のようなことを書いていきます。みなさんはこのカテゴリーにとらわれることなく、楽しければどんなことでもコメントください

さて、それでは本題に入って行きたいと思います。私フィギュアや模型といった男のロマン的アイテムの収集家です。昔からガンダム好きでした。小さいころは単純にその強さや外観に惹かれていました。久しぶりにガンダムのプラモデルを買ってみました。今回のこのキット「1/100MG ガンダムF91」ですが、関節その他に一切ポリキャップを使用しないように設計されているのです。これにより経年劣化による関節のヘタレ(関節のゆるみ)が解消されたわけです開発担当はバンダイホビー事業部のサブリーダー小林幹広さんといって、少しオリエンタルラジオのメガネかけた人に似ていますもし気になった方がいましたら「月間モデルグラフィックス9月号」のP60下段の写真を見てください。現在の制作状況ですが、仮組が終了しております。あとはHobbyJapanの作例を参考に仕上げていこうと思っています。私はプラモデルを本格的に作ったことがなく、シールを貼ったら完成・・・という風だったので今回は本気で作ってみようかと思います。ということで模型の作り方を1から学ぶためにこんな本や道具類を用意しました。アニメ、エヴァンゲリオンの一こまにもあったセリフ「日本人は形から入る物だってミサトさんが・・・・」通りにまずは道具がなきゃ始まらないのです。で・・・こうなりました。
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像あきら
» ぃよう(`ε´)!! (2006年08月19日)
アイコン画像tomoji
» ぃよう(`ε´)!! (2006年08月16日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:st-ruin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる