ゆきんこで安西

October 30 [Sun], 2016, 13:37
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

歯科で鎮痛剤の処方をうけ、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。



厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は普通は保険適用外で、すべて自己負担ですが、医療費控除はうけられるので、おぼえておきましょう。
確定申告(最近は、パソコン通信を利用して行うe−Tax・イータックスを利用する人も増えていますね)することで始めて、医療費控除の対象になり治療費を収入から引くことができます。

確定申告(最近は、パソコン通信を利用して行うe−Tax・イータックスを利用する人も増えていますね)で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管して頂戴。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあるんです。
これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断をうけることで早めの対応をしていきましょう。虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療をうける決心がつきました。おもったよりな費用がかかるデメリットはありますが、安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛向ことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

人工歯根を骨に埋め込向ことに、抵抗がある方もいるかも知れませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。



人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーを起こすことは極めてまれな素材で出来ているからです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聞くなります。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。


人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。ほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大切です。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


大至急歯科医にかかって頂戴。
「インプラントとクラウンのちがいは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部がのこせれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。


抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があるんです。現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。


持ちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。



治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ssr0vipttwehap/index1_0.rdf