自宅のピアノの防音対策ってどうしたらいい?

September 05 [Mon], 2016, 14:53
ピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)の上達には、自宅にての練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)が欠かせません。でも、ピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)の音がご近所に迷惑をかけてしまう心配があるかもしれませんね。ピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)の騒音が要因で、殺人事件が起きたこともあるくらいなのですし、防音対策はきちんと行う必要があるといわれているのです。では、自分の住居のピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)の防音対策ってどうすれねよいのでしょうかか。最も効果があったのは、自分の住居の中に簡易防音ルームを設置することによりす。一畳から二畳くらいの組み立て式の防音ルームを室内に設置する事で、隣の家へのピアノ(楽器そのものの価格も安くはないですが、調律にもお金がかかります)の音漏れを劇的に防ぐことが出来るでしょう。価格は防音性能によりピンキリですが、リフォーム(古くなったものも見違えるようになりますね)するよりも安くつく事が多いはずです。また、ヤフオクなどを利用し中古の物を探したり、レンタル(貸し出す期間が比較的、短期間でしょう)する方法もあります。中には、材料を購入し、自作すると言う人もいるみたいですよ。そこまでは不可能なと言った場合には、窓や床、壁に防音対策を施してくださいね。ピアノの音は、振動によっても下にも響きやすいです。床には、簡易乾式二重床や吸音ユニット(手作りでプレゼントされると重いと感じることも多いといわれていますね)フロア、防音カーペットや防音マットなどを設置して、防音対策するといいですね。窓はリフォーム(それなりの手間や費用が掛かってしまうものです)会社にお願いし、防音性の高い二重窓にすると言うのが理想(他人に要求してねかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)とは言え、それが無理なら防音カーテン(光を遮ったり、外から覗かれるのを防ぐ他に、防音効果も期待できます)や窓用の防音ボードなどを使い、出来るだけピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)の音が漏れてしまうのを防ぎて下さい。壁は吸音・遮音パネルやワンタッチ防音壁を利用したり、吸音材を貼るようにすると良いでしょうね。防音対策を行う事で、室内の音の反響の仕方が変わってしまったら、吸音材をピアノ(楽器そのものの価格も安くはないですが、調律にもお金がかかります)の下に敷いたり、ピアノ(楽器そのものの価格も安くはないですが、調律にもお金がかかります)の裏におく事で改善できるみたいです。周囲の迷惑になってしまわないのでにも、予算の許す限り、できるだけの防音対策をしたいですよね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Nana
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ssncaoorei38tk/index1_0.rdf