FXでの投資におけるテクニカル分析 

2013年06月18日(火) 9時42分
外貨投資をするときには為替レートを分析することが必要となってくるでしょう。


FXでも分析は非常に重要であると言えるでしょう。


この時には、テクニカル分析を用いる事が多いのです。


テクニカル分析というのは、過去のレートを参考にして分析する方法です。


その材料は過去にあるという事を知っておく必要があります。


では、なぜテクニカル分析が用いられるのでしょうか。


これにはいくつかの理由があるのですが、基本的な事として、為替レートは理論値を計算しにくいという事でしょう。



例えば、1ユーロが何ドルに相当するのかという事を考えてみても、妥当な結論を得る事はできないでしょう。


妥当なレートというのを計算する事は難しいのです。


金利などを元にある程度の計算はできない事もないのですが、やはり難しいと考えられるのです。


過去のレートを見てみれば、現在が安いのか高いのかという事を比較する事はできますが、本来の価値を知るということは難しいのが為替レートと言えるでしょう。


そのため、過去のレートを元に分析するテクニカル分析は適しているのです。